« 2007年12月12日 (水) | トップページ | 2007年12月15日 (土) »

宇多田ヒカル、「Automatic」着うた(R)が4日で50万ダウンロード

2007年12月9日(日)に10回目のデビュー日を迎えた宇多田ヒカルが、その記念としてデビュー曲「Automatic」の着うた(R)無料ダウンロード・キャンペーンを12/7(金)~12/10(月)の4日間限定で実施!!ヽ(*^^*)ノ

なんと、驚異の50万ダウンロードを記録したんだって~!!モバえみ、レコ直♪などの主要着うた(R)サイトでの実施とはいえ、わずか4日間で50万件のダウンロードは異例の数字といえる・・・・才Ξ⊃゛├_〆(・・ )

また、花王「アジエンス」新CMソングとしてオンエア中の新曲「Stay Gold」の着うた(R)も早くも15万ダウンロードを突破!!レコ直♪着うた(R)デイリーチャートでは4日間連続1位を獲得し、キャリア10年目にしてその勢いは衰え知らずだ。才≡⊃"├!(*'-')//”パチパチ☆

宇多田ヒカルはニュー・シングル「HEART STATION/Stay Gold」を2008年2月20日に、5thアルバム(タイトル未定)を2008年春にリリースする予定だって!!(*'-')ゞリョウカイ♪

ほんと宇多田ヒカルはすごい!!Very! (* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) Good!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイナイ岡村隆史による“オカザイル”ライブ映像などEXILEを大特集!!

ブロードバンド放送GyaOでは、進化し続けるEXILEを大特集。大反響を呼んだEXILE×ナイナイ岡村隆史による“オカザイル”のライブ映像や新曲のビデオクリップなどを公開中だって!!O(≧▽≦)O ワーイ♪

「EXILE特集」では、ニューアルバム「EXILE LOVE」が大ヒット中のEXILEをスペシャルフィーチャー。新体制で発表された前作「EXILE EVOLUTION」から約9ヵ月ぶりのリリースとなる、新生EXILE第二章の幕開けともいえる待望のアルバムだ!!

「EXILE LOVE」からスウィートなラブソング「I Believe」ほか5曲のビデオクリップをピックアップ。また、第二章の幕を開けるきっかけとなったヴォーカル・バトルオーディションの2次審査用課題曲であり、この冬に聴きたい名曲「Lovers Again」を、テレビで大反響をよんだEXILE×ナインティナイン・岡村隆史の“オカザイル”によるライブ映像で公開しているんだって~~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

“オカザイル”TVで見たけどすごい岡村さんががんばってたし面白かったぁ~d(>_< )Good!!チェックしなきゃε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在熱愛中?織田裕二“恋人”います

俳優の織田裕二が40歳の誕生日となる13日、都内で初の自伝「脱線者」の発売記念イベントを行い、恋人の存在をほのめかした・・・・動物写真家の岩合光昭氏(57)と対談を行った織田裕二は、高校時代から恋愛観などをを存分に披露!!これまで浮いた話題は、ほとんど表に登場しなかったが「恋愛は充実してないとまずいでしょ?」と現在、熱愛中をにおわせたとか・・・ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

「恋愛は充実してないとまずいでしょ?つまんないよね」-。
いまだ知られぬ“恋人”との交際中であることを認めるような意味深な発言・・・・織田裕二は「仕事も趣味も恋愛も100%でいたい。現実、難しいですけど」と前置きし、今まで明かさなかった自身の恋愛について珍しく口を開いた。
「仕事(を充実させるの)は当たり前だし、趣味もいろんなものに興味がある」。そして恋愛も、とばかりに仕事だけでなく、プライベートの順調ぶりをうかがわせた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

1987年4月に映画「湘南爆走族」でデビュー。以来、ドラマや邦画実写歴代1位の興行収入を稼ぎ出した「踊る大捜査線」シリーズなどで主演を務め、20年にわたって芸能界のトップを走り続けてきた。ハイ(^-^)/

しかし、20代から変わらぬ甘いルックスを誇りながら、これまで浮いたうわさはゼロ・・・・それが「人生80年とするなら、半分過ぎた。これをきっかけに半生をまとめてみよう」と本書では恋愛観を存分に披露・・・・・結婚についても「自分に(結婚が)できるのだろうか?絶対できるよ」と高らかと宣言!!"\( ̄^ ̄)゙ハイ!!

この日の発言と合わせゴールインは案外、近い?かもしれない・・・・・

そういえば織田裕二さんって恋愛の噂とかぜんぜん聞いた事ないような・・・・・(?(。_。).。o0O?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤンクミが帰ってくる!三度目「ごくせん」

ヤンクミが帰ってくる!!女優・仲間由紀恵(28)主演の人気ドラマ「ごくせん」が、日本テレビ開局55周年記念番組として来年4月から放送されることが決定した!!ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。ワーイ!!

02、05年に続き3年ぶり3度目の連続ドラマ化!!もちろん主役のヤンクミこと山口久美子を仲間由紀恵が演じ、人気俳優を輩出し続けている生徒役は年明けに選考する・・・・・収録は3月からスタートするが、“ヤンクミ”仲間由紀恵が、パワーアップした啖呵(たんか)とジャージー姿を見せてくれそうだ。(。-_-。 )ノハイ

2005年の第2シリーズでは平均視聴率28・5%を獲得した同作・・・・以降、この記録を超える作品はなく、「ごくせん」はドラマ界の頂点に立ち続けている。(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

前2シリーズでは、仲間由紀恵のメガネ&ジャージー姿が話題を集め、ジャージーが店頭から消える社会現象も起きたとか・・・(゚゚;)エエッ

生徒役も注目されており、第1シリーズ(02年)では嵐の松本潤(24)、小栗旬(24)、成宮寛貴(25)が、第2シリーズ(05年)ではKAT-TUNの亀梨和也(21)、赤西仁(23)、速水もこみち(23)、小池徹平(21)、小出恵介(23)らを輩出。( ̄∇+ ̄)vキラーン

仲間由紀恵は「3年ぶりの『ごくせん』はとてもうれしい。前回の最終話は沖縄の高校に赴任というところで終わりましたが、今回はどんな展開になるのか…まだ台本をいただいていないので気になります」とノリノリ・・・・・・(⌒~⌒)ニンマリ

ヒット確実のドラマとあって、4月には春一番ならぬ“ごくせん”旋風が吹き荒れそうだ!!('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

“ごくせん”の生徒役で出た人達は今めっちゃ人気者ばかり!!今度の生徒役はどんな人達が出るか楽しみだぁ~~ワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和央ようか「やっぱり秀吉が好き」

女優の和央ようか(39)が13日、都内で行われた主演映画「茶々 天涯の貴妃」(22日公開)の完成披露試写会に出席!!(*'-'*)エヘヘ

和央ようかは「浦和レッズをイメージした」という深紅の着物で登場~!作品では信長、秀吉、家康とかかわる激動の人生を送った茶々を熱演したが、3人の中でだれがタイプ?と質問されると「やっぱり側室となった秀吉さんが好き」と顔を赤らめたとか・・・(〃∇〃) てれっ☆

また宝塚から転身して初の映画出演に「スタッフのプロ意識が高く、映画は最高!」とすっかりはまった様子だった。( ̄o ̄)o オゥ!

私もこの映画興味あるので観に行きま~す!!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD購入でw-inds.とドラマ共演も

人気アーティストからクリスマスプレゼントが届く・・・・!?∑('◇'*)エェッ!?

DA PUMP、MAX、w-inds.ら、芸能事務所ヴィジョン・ファクトリーの所属歌手14組が、レコード会社の垣根を越えて発売したアルバム「CHRISTMAS HARMONY」の購入者特典の内容が13日、明らかになった・・・・直接アーティストと対面できる権利や私物プレゼントなど、14組からの多様なプレゼントが用意される。才才-!!w(゚o゚*)w

目玉はw-inds.からの贈り物!!携帯サイト「VISION CAST」で放送される短編ドラマで橘慶太(21)千葉涼平(23)緒方龍一(21)の3人と共演する権利が贈られるんだって~~♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

内容は未定だが、自分がw-inds.とともに主役を張る貴重なチャンスをゲットできるかも・・・!?(◎-◎;)!!

ほかにも、Leadと生電話する権利やMAXからクリスマスケーキが届けられる特典、ISSAから私物ハットが贈られるなど14組それぞれのプレゼントが発送を待っている。(*0*;)☆ ウキャー!!

w-inds.のボーカル慶太は「ドシドシ応募してね。一緒にクリスマスを盛り上げましょう」と話した。おぅ!(>▽<)ノ

ファンにはたまらないクリスマスプレゼントだね!!\(o⌒∇⌒o)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の若手スター、1位はガッキーと小島よしお

2007年も残すところあとわずか!!おぅ!(>▽<)ノそこでオリコンでは「今年最も活躍したと思う若手スター」について、2,000人にインターネット調査を実施。

1位に輝いたのは、女性部門【新垣結衣】、男性部門【小島よしお】といろいろな場面で話題になった2人だった。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)ウンウン

女性部門1位の【新垣結衣】は現在主演映画『恋空』がヒット中。「ドラマ、CM、映画、雑誌等で目にすることが多かった。ガッキーという愛称も広まって、最も目立っていた」と多方面での活動が印象的だった模様。また、「ポッキーのCMなどでブレイクしたと思う」というように、CM出演で広い世代から認知された。。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル

2位は【沢尻エリカ】。「発言が印象的」というように、存在感の強さが人気・・・・!?うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

そして3位は“店員キャラ”がかわいい【柳原可奈子】がランクイン!!(o^∇^o)ノ

男性部門で1位の【小島よしお】は性別、年代別のアンケート全てで1位に輝き、抜群の知名度を見せつける形となった。「そんなの関係ねえー、おっぱっぴーが流行語にもなり、若手では一番のメディア露出が多かったから」といった声が多数で、テレビでの露出の多さと、ユニークな芸風で一気にブレイクしたようだ。♪ヒャッホーイ♪.・・ヘ(= ̄∇ ̄)ノ

2位は【小栗旬】。「ドラマ、映画ととても活躍していたから」など役者としての活躍に加え、人気ドキュメンタリー番組で取り上げられたことでより注目を集めた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)ウンウン

3位は【ダルビッシュ有】。「2年連続パリーグ優勝の原動力だと思うし、結婚や雑誌ananの表紙など話題豊富だったので」など、公私共に充実していた点が理由に・・・。゚+.Σd(。ゝω・´)グッ!

そのほか、【にしおかすみこ】(女性部門4位)やハニカミ王子こと高校生ゴルファーの【石川遼】(男性部門4位)など、俳優・女優をはじめお笑い芸人やスポーツ選手など、様々な分野の若手スターが輝いた1年となった・・・・・( ̄∇ ̄(_ _( ̄∇ ̄(_ _ ) ウンウン

ほんと新垣結衣ちゃんは今年大活躍だね!!

あと小島よしおのキャラが私も好きかなぁ~来年消えてないといいけどね!!(━_━)ゝウーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草なぎ剛&田中麗奈で「猟奇的な彼女」連ドラ化!!

SMAPの草なぎ剛(33)が、4月にスタートするドラマ「猟奇的な彼女」の主演を務めることが13日、明らかになった!!|* ̄∇ ̄|ニヤッ

同作品は、韓国でラブストーリー映画としてNo.1の数字を記録し、日本でも大ヒットした同名作品をリメークしたもので、草なぎくんのTBSでの連ドラ主演は10年ぶりとなるんだって~"\( ̄^ ̄)゙ハイ!!

また、草なぎくんの彼女役には日本の連続ドラマには初めてレギュラー出演する女優・田中麗奈(27)が出演!!撮影はすでに今月上旬にスタートしたとか・・・おぅ!(>▽<)ノ

01年に韓国で、日本では03年に公開された映画「猟奇的な彼女」。ヒロインのチョン・ジヒョンのキュートな魅力と、恋人役のチャ・テヒョンの素朴な温かさが人気を呼び、日韓ほかアジアで純愛ブームを巻き起こした大作!!さらにハリウッドがリメーク権を獲得して話題になった・・・・それが、ついに草なぎ剛が主演で、TBSで連ドラ化される事になった・・・・・・・ヽ(^◇^*)/ ワーイ

TBSでは、4年前からドラマ化の権利をアプローチし、ようやく成就・・・今回は2時間の映画を、11回にラブストーリー中心に再構成、舞台を日本に置き換えて制作する。お人よしでイルカを愛する生物学講師の真崎三朗を草なぎ剛が、真崎が出会う凶暴で生意気だが不器用でかわいい高見凛子を田中麗奈が演じるんだってo('ー'o)ウン♪

現場では初連ドラ出演の田中麗奈を笑わせてリラックスさせるなどリーダーシップを取る草なぎ剛。「とても好きな作品。撮影もすごく楽しいですし、面白いシーンはもちろん、感動的な場面もたくさん生まれてくる予感が今からしてます」と気合満点で熱演・・・・「ちなみに“猟奇的な彼女”は好きです」と笑わせた。o(〃^▽^〃)oあははっ♪

田中麗奈も「天真らんまんなところやさっぱりしているところは自分と似てる」と自然体の演技をアピール。(*'-'*)エヘヘ

SMAP、そしてチョナン・カンとしても韓国で人気がある草なぎくんの主演ドラマとあって、韓国メディアも注目!!('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)ウンウン

TBSには問い合わせが相次いでいるとか・・・・プロデューサーは「ホームランが狙える。最低でも視聴率20%は取れる」と鼻息も荒く、今後の展開にも「いろいろとできたら」と本家との“共演”も示唆した。

ほかに谷原章介、上川隆也らが出演だって!!

ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ 嬉しいなぁ~映画「猟奇的な彼女」も面白かったんでドラマかどんな風になるか楽しみ~~V(○⌒∇⌒○) ルンルン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月12日 (水) | トップページ | 2007年12月15日 (土) »