« 2008年1月17日 (木) | トップページ | 2008年1月20日 (日) »

松田翔太「ワルボロ」で規格外大暴れ!

2007年(第62回)毎日映画コンクールの各賞が17日、決まった!!きら星のごとくスクリーンに登場し、強烈な輝きを放った新星に贈られるスポニチグランプリ新人賞は「ワルボロ」の松田翔太(22)、「あしたの私のつくり方」「神童」の成海璃子(15)に決定☆☆\(^▽^)/

痴漢のえん罪事件を題材に、日本の刑事裁判をリアルに描いた周防正行監督(51)の「それでもボクはやってない」が日本映画大賞に輝いた・・・・監督賞とのダブル受賞だ!!(^▽^)/

男優主演賞には「しゃべれどもしゃべれども」のTOKIO国分太一(33)、女優主演賞には「夕凪の街 桜の国」の麻生久美子(29)がそれぞれ初戴冠☆☆

映画デビュー3作目にして初主演作「ワルボロ」で松田翔太が新人賞に輝いた。00年には「御法度」で兄・龍平(24)も同賞を獲得・・・・兄弟による受賞は史上初の快挙となった。( ̄ー+ ̄)

「自分もスタッフも“いい、いい”と言いながらつくってきたので、賞をもらうのは感無量です」

80年代の東京・立川を舞台に、不良中学生たちの友情を描いた青春物語・・・・・優等生から一転、不良の道を突き進むコーちゃんを演じた。短ランにリーゼントの髪形で、スクリーンを縦横無尽に暴れまくった・・・('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

見どころとなる乱闘シーン!そこには、大ヒットドラマ「花より男子」の“お坊ちゃま”や「ライアーゲーム」の天才詐欺師といったクールで“完ぺき”な役柄とは違う、松田翔太がいた。けんかのシーンについて「ほぼ当ててました(笑い)。画面から外れれば外れるでいい。とにかく自由に動き回りました」と現場を振り返った。

父は伝説の俳優、松田優作さん。それだけに、デビュー当時から周囲の期待は大きく「(演技ができて当然と思われることは)結構あるんで、悔しかった。だから“ワルボロ”でメチャクチャに暴れたかった」と偉大な父をバネにする反骨心も旺盛だ。( ̄0 ̄)/ オォー!!

そこに届いた吉報。「人より違う脳みそを使えるかどうか、常に崖っ縁だっただけに、新聞の賞はすごいうれしい」と素直に喜ぶ。家でも演技についての話しかしないそうで、母の女優松田美由紀(46)は「やったね」と褒めてくれたとか・・・

生まれてから初めて知った職業が「俳優」。得意の英語で、父がかつてそうしたように海外進出にも意欲を見せるが「(父の記憶は)忘れつつある。でも当時の迫力は覚えているので、それで十分。親父ならこう言うだろうなあ、と思っても結局は自分ですから」と言い放つ・・・・

規格外の大物感を漂わせ、松田翔太は自分で敷いたレールを駆けていく。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

新人賞オメデト♪(*⌒ー⌒)o∠★:゚*PAN!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダム芸人土田晃之、おぎやはぎがジャマ!

映画『超劇場版 ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!』のオープニングテーマ曲「ケロッ!とマーチ2008」を歌う土田晃之と柳原可奈子が、マスコミに向け初めて歌声を披露した。
ガンダム芸人として知られる土田は、実はケロロの大ファンで、自腹でDVD全巻を買いそろえるほどであるとか・・・・それだけに今回、ケロロのオープニングテーマ曲で歌手デビューを果たすことになり大喜びの様子。しかも「ケロッ!とマーチ」は以前からカラオケのおはことあって「特に練習はしませんでした。いつも歌ってますから」と余裕のレコーディングだったようだ。(* ̄▽ ̄*)ノ"

記者からレコーディングで心掛けた点を聞かれると「とにかく自分の歌が、映画のジャマにならないようにと……」と土田はコメント。以前、劇場版の主題歌を歌った“おぎやはぎ”を引き合いに「おぎやはぎの歌はサイテー、とてもジャマだった」と語り、笑いを誘っていた。o(*^▽^*)o

一方、これまでケロロについてほとんど何も知らなかった柳原可奈子は、同じ事務所の先輩である土田からいろいろ教えてもらったとコメント・・・・・また、初のレコーディングに備えて「ずっと曲を聞き込んで、かなり練習しました」と努力家の一面を垣間見せたが、すぐに「練習しないと、土田さんに怒られると思ったんで……」と本音を告白していた。

『超劇場版 ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!』は、人気テレビアニメ「ケロロ軍曹」の劇場版第3弾。今回はペコポン(地球)侵略をもくろむケロロたちの前に、最強の敵“ダークケロロ”が現れる。

ケロロ軍曹は大人にも子供にも人気ありますよねぇ~カワイイ♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐・大野、感慨深げ「皆で作った」…舞台「アマツカゼ」会見

嵐の大野智(27)の主演舞台「アマツカゼ-天つ風-」の製作発表会見が17日、都内で行われた!!V(○⌒∇⌒○) イエーイ

03年に始まった「風(ぷー)」シリーズの第4弾は戦国時代が舞台・・・・自分の目的のために修羅の道を行く凪(なぎ)を演じる大野智は「みんなで作ってきた感がある」と最新作に感慨深げ。

対決することになる武将・山城不動役は佐藤アツヒロ(34)。大野智の舞台全部を見ている佐藤アツヒロは「大野君は舞台に上がると存在感がある。役に忠実にガチンコ勝負したい」と話した。( ̄▽ ̄) ニヤ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安室奈美恵、夢のコラボで新曲初披露

安室奈美恵の生ライブにファン約150人が歓声をあげた。!!1月17日(木)、P&Gのヘアケアブランド『プレミアム ヴィダルサスーン シリーズ』の新発売を記念したキャンペーンイベントが開催され、イメージキャラクターの安室奈美恵本人が登場~~!!公募で招待されたファンを前に、CMに使用される新曲2曲を初披露した。V(○⌒∇⌒○) イエーイ

「FASHION×MUSIC×VS(ヴィダルサスーン)」を掲げる同キャンペーンでは、イメージキャラクターの安室奈美恵のほか、映画『プラダを着た悪魔』や海外ドラマ『セックス&ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーマーのスタイリングで脚光を浴びるスタイリストのパトリシア・フィールド、マドンナやジュリア・ロバーツなどを手がけ、パリコレクションなどでも活躍しているヘアスタイリスト、オーランド・ピタを起用・・・・・世界で活躍するプロフェッショナルたちのコラボレーションが実現したCMは、「60年代」「70年代」「80年代」の各年代の「リメイク」をテーマに、安室奈美恵の新曲ミュージックビデオとも連動した3パターンを放映~~才才-!!w(゚o゚*)w

イベントでは1月23日(水)よりオンエアされる、「60年代“NEW LOOK”篇」と「70年代“ROCK STEADY”篇」のCMとミュージックビデオが先行披露された。「“NEW LOOK”篇」は、60年代に流行したシュープリームスの「Baby Love」をリメイク。60年代のスーパーモデル、ツイギーをほうふつさせるような、ポップでキュートな雰囲気。(*'-'*)エヘヘ

 一方、「“ROCK STEADY”篇」は70年代に流行したアレサ・フランクリンの「Rock Steady」(1971年)を大胆にサンプリングしたファンキーなトラックに合わせ、安室の勢いのあるダンスパフォーマンスが冴える。

2パターンの全く異なる安室奈美恵のミュージックビデオに、ファンからは大歓声!!さらに、ステージ上に安室奈美恵本人が登場して、「NEW LOOK」と「ROCK STEADY」をメドレーで歌唱すると、会場は大興奮に包まれた。 v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

「NEW LOOK」と「ROCK STEADY」は、現在制作中の「80年代“WHAT A FEELING”篇」とともに、3月12日(水)発売予定のシングル(タイトル未定)にも収録されることが決定しており、CMと連動したミュージックビデオを収録したDVD付きのバージョンも発売される予定だって! v(。-_-。)

アムロちゃんはいつもカッコイイよねぇ~~(*'-'*)CMも楽しみだぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月17日 (木) | トップページ | 2008年1月20日 (日) »