« SMAP・香取慎吾“月9ドラマ”「薔薇のない花屋」最終回視聴率22.1% | トップページ | 玉木宏アルバム「Bridge」がオリコン8位に »

ウレシス!しょこたん妖怪になれた!映画「ゲゲゲの鬼太郎」に参戦

大の鬼太郎ファンを公言する中川翔子(22)が、念願かなって、7月12日公開の映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」に出演することが分かった!!ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ

演じるのは、鬼太郎を助ける才色兼備のセクシー妖怪、文車妖妃(ふぐるまようび)。アニメ「墓場鬼太郎」の声優、エンディングテーマ曲に続く朗報に、中川翔子は「妖怪の仲間入りができた!!」と大び!

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪


文車妖妃は、平安時代に女官が恋文などをしまっていた箱(=文車)が変化した付喪神(つくもがみ)の妖怪・・・・・外見は胸と腰に巻物を巻いた姿をしており、セクシーかつ、気品にあふれる。妖怪図書館の司書を務めている設定で、仕事柄、知識欲が旺盛な読書家だって~

とくに民俗学、妖怪学においては博識の目玉おやじも舌を巻くほどで、劇中では鬼太郎(ウエンツ瑛士)らに協力し、さまざまな知識を与えていくことになるが、その調査方法はナント、ノートパソコン・・・o(*^▽^*)o

このちょっと現代的な妖怪に、“ブログの女王”の異名を持ち、アニメ、ゲームを中心に幅広い知識を持つ中川翔子が選ばれた。

中川翔子は、今年1月期に放送された「ゲゲゲの鬼太郎」の前身といわれる「墓場鬼太郎」のアニメで、寝子役の声優と、エンディングテーマ曲「snow tears」を担当したばかり・・・・・同曲のCDに封入されるステッカーでは、とがったキバや耳をつけて猫娘に変身した姿を披露した。「生まれて初めて読んだ漫画は『ゲゲゲの鬼太郎』」と公言するなど、自他ともに認める鬼太郎マニアだとか・・・おぅ!(>▽<)ノ

そんな中川翔子は、今度は「私にとっては“神”」と呼ぶ妖怪の一員になれたことに大喜び~!!このほど行われた撮影では、リアルに再現された鬼太郎ハウスに感激。「手のひらに乗っている目玉おやじがギザカワユスでした!」と振り返った。(*´∇`*)

劇中では妖怪になりきり、“しょこたん語”は封印・・・・「本当に私が出られるなんて、信じられない」と、いまだ興奮冷めやらぬ様子だが、続編で新たな強敵に立ち向かうウエンツ鬼太郎にとって、強力な味方の登場となりそうだ!!ハ―――。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚――――ィ☆

私も鬼太郎大好き~もちろん7月公開の映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」も観に行きま~す♪♪

今回もまたいろんな妖怪が出るので楽しみ~o(^O^*=*^O^)o ワクワク

|

« SMAP・香取慎吾“月9ドラマ”「薔薇のない花屋」最終回視聴率22.1% | トップページ | 玉木宏アルバム「Bridge」がオリコン8位に »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウレシス!しょこたん妖怪になれた!映画「ゲゲゲの鬼太郎」に参戦:

« SMAP・香取慎吾“月9ドラマ”「薔薇のない花屋」最終回視聴率22.1% | トップページ | 玉木宏アルバム「Bridge」がオリコン8位に »