« 2008年6月27日 (金) | トップページ | 2008年6月30日 (月) »

鼠先輩「紅白どちらでもいいから出たい」・・・?

ポッポポポポポでおなじみのチュー目の35歳の新人歌手、鼠先輩が28日、デビュー曲「六本木~GIROPPON」のヒットを記念して東京・六本木で初めてファンイベントを行った!!(▼-▼*) エヘ

24日発表のオリコン演歌・歌謡チャートで1位、総合でも13位にランクされた。発売1週間で5万枚を売り上げる勢いだが、その素顔はなぞめいている。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

この日はパンチパーマとサングラスをかけてファン30人の前に登場。「ひまな人、いっぱい集まってくれてありがとう」とあいさつ。新調した白いスーツはポケットはないが、裏地は大好きな野菜の絵柄で「裏地だけはUSA産ですが、スーツの総額は数千円」。両腕に金色に輝く時計は「プラザとフェデと書いてあるバッタ物。1つは止まっています」とすっとぼけた。。。。

デビュー曲は「ポッポポポポポ」というフレーズがバカ受けだが、ライバルは当然といわんばかりに「ハト」。。。。ァハハ・・(^д^;)

「公園でエサをやりながら、鳴き声は奥が深いと本気で思った。負けないように頑張りたい」。年末のNHK紅白歌合戦にも届く勢いだが「紅でも白でもどちらでもいいから出たいが、最悪、家で見る」。

実は高校中退してまで歌手を夢見てきた苦労人だが、チャンスをつかんだ鼠先輩!!(*▼_▼)

ポッポポポポポという歌詞が頭から離れな~い!!

つい口ずさんでしまうのは私だけ・・・???(・_・*)(*・_・)(*~^~)/??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民的アイドルになった「羞恥心」は本当におバカなのか・・・!?

「羞恥心」が、イベントに2万人以上を集めるなど大人気だ!!

\(^▽^)Λ(^▽^)Λ(^▽^)/ 

イケメンぶりとのギャップが親近感を生んでいるらしい。が、これだけ役者ぶりを発揮していて、本当におバカなのか(( ( ̄  ̄*)(* ̄  ̄) ))いえいえ

■ブログに島田紳助さんへのメールを誤掲載・・・・

2008年6月25日に「羞恥心」のイベントがあったラゾーナ川崎は、2、3階席まで女性ファンらで鈴なりになった。毎日新聞の記事によると、「1万2000人を前に歌う気分は?」と聞かれたメンバーの上地雄輔(29)は、即座にこう答えた。

  「1万2000人を前に歌ったんだなっていう気分です」

イケメンなのにこんな珍回答連発が受けて、メンバーはクイズにイベントに引っ張りだこだ。各紙によると、25日の新曲「泣かないで」発売記念イベントでは、川崎のほか、大阪、名古屋を回り、平日にもかかわらず計2万4000人を動員した。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

3人が姿を見せると、女性ファンらから大きな悲鳴が上がる。局所的に将棋倒しになったり、失神するファンもいたりするほどのフィーバーぶり!!新曲も、この日のオリコンデイリーチャートでいきなり2位に躍り出た。。。。レコード会社のサイトでも、「国民的アイドルグループ」と紹介されている。

そんな人気の中で、珍回答ばかりでなく珍事も出た・・・?リーダーのつるの剛士(33)が25日、自らのブログに、なんと「羞恥心」産みの親である島田紳助(52)あてのメールを掲載してしまったのだ。(_△_;ガァーーーン!!

大阪から名古屋に向かう新幹線の中で書いたといい、大阪では6000人もが来て感動したことなどが書かれている。つるのさんは、同じ日の日記で誤掲載を認め、「実は前も奥さんあてのメールを間違えてブログにアップしちゃって、かなり焦ったことありました。ボキはドジでのろまな鶴で~す。でわ、待っててね!名古屋!」などと結んでいる。

 だが、そんな珍事も魅力らしい。ブログの日記には、「ドジでもノロマでもないですよぉ かっこよくてかわいいつるのさんです!」「あわてんぼうのつるのしゃん… 好きですッッ♪( ̄▽ ̄)ノ″」「私もよく友達に送るメール旦那に送ります(笑)」といったコメントが700件以上も殺到している。

■「本当にバカじゃないですよ。反射神経のレベルは高いし」・・・

人気の源になっている3人のおバカキャラは、地なのか。それとも演じているものなのか。(・_・?)

つるの剛士が所属している太田プロダクションの広報担当者は、こう説明する。

  「ブログの件は、うっかり間違えたということです。話題作りのようなことはしていません。クイズなどでは、台本なんかまったくないですね。面白い回答ができるのは、素直に答えた結果です」

テレビ批評で知られる作家の麻生千晶さんは、上手にキャラを演じているとの見方だ。「本当にバカじゃないですよ。そうなら、KY(空気読めない)になってしまいます」。

3人が空気を読んでいる証しとして、見ていて感じが悪くないことを挙げる。「肉体的な落ち度をネタにしたり、いじめに通じることも言ったりしません。いわば人畜無害な調子っぱずれなんです。ふんどし一丁のような下品な芸でもなく、かわいげがあるんですね。しかも、ハンサムな方です。テレビ局も抜け目がないので、計算して選んでいるんですよ」

 さらに、おバカキャラは、クイズ番組司会の紳助さんの影響があるとみる。

  「番組のステータス的存在である紳助さんが機嫌を損ねると、タレントの立場が悪くなってしまいます。プロデューサーよりも権力者という感じがあるんです。そこで、反応やとぼけ方に神経を使い、芸をわきまえてやっているんですね」

そのうえで、麻生さんはこう言う。

  「IQが高いかどうかは分かりませんが、世間的なバカとは違います。一瞬の空気を読んだ顔の表情、目の動きは鋭く、反射神経のレベルは高いと思います」('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

この3人はおバカではないと私も思いま~す!!

逆に頭の回転が速いと思う!!性格もいいし最高☆☆☆d(。ゝд・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“花男”ファイナル、40万人満開スタート

女優、井上真央(21)主演の映画「花より男子ファイナル」が28日、初日を迎え、興行収入100億円を見込めるロケットスタートを切ったヽ(*^^*)ノ

都内で舞台あいさつした嵐の松本潤(24)は「僕らがやる“花男”は、今回ですべて出し切った」と言い切り、これ以上続編をやらないことを宣言・・・最後は歴史に残る興収をたたき出して、有終の美を飾ることになりそうだ。

公開前から話題沸騰だった“花男”が、予想通りのスタートを切った☆

配給の東宝によると、この日午後3時の時点で、興収85億円を誇る「世界の中心で、愛をさけぶ」(平成16年)の約2倍の動員数を記録・・・・初日だけで異例の40万人を動員したとみられ、興収100億円超えが実現すれば、実写邦画としては15年公開の「踊る大捜査線 THE MOVIE2」以来、5年ぶりの快挙となる!!才≡⊃"├!(*'-')//”パチパチ☆

17年のTBS系ドラマ化のときから注目され、平均視聴率19.7%を獲得・・・・・とくにマツジュンをはじめ、小栗旬(25)、松田翔太(22)、阿部力(26)が演じる「F4(花の4人組)」のメンバーが人気を呼び、昨年放送されたパート2では同21.7%まで数字を伸ばした。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

それだけにファンの映画版への期待は大きく、4月末に発売された前売りチケットは通常、2~4万枚のところ25万枚突破と、驚異の売り上げを見せていた。♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

この日、東京・有楽町の日劇2で舞台あいさつした井上真央は、そんなファンの熱狂ぶりを目の当たりにし、「本当にありがとう。3年前、18歳の若さで主演をやらせていただいて、こうしてファイナルまでこぎ着けたのも、スタッフやみなさんのおかげです」と大感激。「今日でこの作品、この役ともお別れだと思うと寂しい」と瞳を潤ませた。(´_`。)グスン

石井監督からは「全員で40歳前後に再会して『花より男子Around40』を撮ろうかと…」と20年後の続編を望むジョークも飛び出したが、松本潤は「僕らがやる“花男”というのは、出し切った感があります。やっぱり今回でファイナルなんじゃないですかね」とキッパリ・・・・・これで本当に最後となりそうだが、ファンの心の中の“花男”は、永遠に消えることはないはずだ。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

花男ファイナル初日で40万人なんて凄いですねぇ~d(。ゝд・)

まだ観に行ってないので早く観た~い((o(> <)o))うずうずっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉本の若手から嫌われ始めたエド・はるみ・・・?

デビュー2年で「24時間テレビ」のマラソンランナーに抜擢され、芸人としての将来が約束されたエド・はるみ(年齢非公表)に逆風が吹いている・・?

所属する吉本興業の若手や中堅の芸人からブーイングなのだという。
「“急に挨拶しなくなった”“相手が売れていない先輩だと無視する”といった評判が飛んでいます。エドの才能を見つけた明石家さんまや、島田紳助に推薦した木村祐一と疎遠になり、自分のブログで盛んにエドを取り上げた品川祐とは犬猿の仲です」(放送作家)(。-`ω´-)ンー

「24時間マラソン」でエド・はるみを応援しようと手を挙げる芸人もいなくて、吉本でも浮いているとか・・・・
 急激に売れた芸人に対するやっかみという気もするが、エド・はるみの場合、少々事情が異なる。(?(。_。).。o0O??

「これまで急激に売れた芸人でこれだけ評判が悪い芸人は聞いたことがない。ましてや同じ吉本内から不満の声が上がるのは前代未聞。例えば次長課長、友近なんかは後ろ指をさされたことはない」(吉本関係者)

エド・はるみに何か原因があるのか・・・・?品川祐との確執がそのひとつというが。
「品川の“ばばあ、うるせえぞ”のフリネタに対して、エドが“あら、おこちゃまね。おっぱい飲みたいの”と胸を押さえて切り返すのですが、彼女が最近、これをやりたがらない」(事情通)

また、最近のエド・はるみは年齢をいじられるのを嫌がるので不評とか・・・ある若手は「とくに女芸人の間では“なんでエドだけ特別扱いなんだ”と不満が渦巻いている」という。。。。

エド・はるみは大物には礼儀正しく、腰の低い芸人として有名だが、“身内”からのブーイングに果たして耐えられるか!!

(o〃_ _ )oうぅ・・・ん ・・・私はエド・はるみさん好きなので頑張ってほしい。

どちらかと言うと品川祐の方が性格悪そうだし嫌いだぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連ドラ初主演の小池徹平「童顔でよかった」('-'*)

WaTとしても活躍する小池徹平(22)が連ドラ初主演ドラマ「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」(7月8日スタート 火曜、後9・00)の制作発表が28日、東京・台場のフジテレビで行われ、小池徹平は「人生生きてきた中で、こんなに童顔でよかったと思ったのは初めて」と笑わせたとか・・・・・・(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

少年にしか見えない超童顔刑事・シバトラが、人を信じる熱い心と正義感で少年犯罪に立ち向かう痛快コメディー。小池徹平は「やるシーンもやられるシーンも楽しい。ちびっ子から『警察官、カッコええなあ』と思われたい!」と意欲満々だった。( ̄0 ̄)/ オォー!!

婦警役で連ドラ初出演のタレント、南明奈(19)は「テンションを高めに、キャピキャピした感じで演じています」と笑顔をふりまいた。(゚∇^*) テヘ♪

真矢みき(44)や藤木直人(35)らベテラン勢のほか、ドランクドラゴンの塚地武雅(36)、宮川大輔(35)らも出演する!!

小池徹平くん可愛い~(*´ェ`*)ポッ

ドラマ楽しみにしてま~す!!(o^-^o) ウフッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「篤姫」堺雅人・将軍の暗愚と正気…

大河ドラマ「篤姫」で篤姫の夫・徳川13代将軍家定を演じ、なんとも言えない存在感を出している堺雅人。('ー') フフ

今回の家定は奇妙キテレツな言動を繰り返している将軍・・・・老中の前でせんべいを自ら焼いては皆に振る舞ったり、自分の口に運んで「アッチーッ」といきり立ったり。老中にみかんをぶつけたかと思えば、庭で真剣にアヒルを追いかける。おかめのお面をかぶってかくれんぼもする。まさに、うつけ将軍ぶり全開だ!!('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

収録に入ったばかりのころ、家定の描きように「ここまでしたら徳川家の子孫の方に怒られないかな」と若干憂慮していたが、脚本家や演出の方針はそのままゴー。「将軍としての圧倒的な育ちのよさをみせてほしいとのリクエストもあって、どうしたものか」と頭を抱えもしたが、堺なりの家定像を作り上げてきた。

 「家定は暗愚に見えるけど、そうでないときもあるという二つの要素がある。この二面性を使い分ける思わせぶりな芝居は、やっていて楽しかったです」

 将軍であるがゆえの宿命を受け入れた上での暗愚と正気。それが表裏一体となっているところが今回の家定のミソだとか・・・

 「家定のニュートラルな状態って…と考えたとき、少し壁にぶち当たったことがありましたが、ずっと演じているうちに、家定は僕の中でどんどんリアルになっていって、今ではかけがえのない大好きな人物になっています」

4年前の大河ドラマ「新選組!」で、陽だまりのような微笑と心の中に鋭い切れ味の両面を持つ新選組総長・山南敬助を演じて注目・・・・・・家定も山南も「初めはよくつかめなかった」が、演じていくうちにその人物の深みに触れて好きになっていったという。(*´∇`*)

人間、誰しも自分の中にいくつかの異質な面を持っている。それを表現することは、役者の醍醐(だいご)味かもしれない。そういえば篤姫役の宮崎あおいも、自分が男性だったら演じてみたいドラマの中の役は家定だと話していた。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

家定の真の姿を見抜き、彼の天に向けた叫びに触れた篤姫だが、心を通わせた2人に別れが訪れるのは悲しいくらい早い。その“結末”は7月13日に放送されるんだって!!(*'ー'*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「CHANGE」15分拡大放送で視聴率20%を回復したが…

木村拓哉主演の連続ドラマ「CHANGE」は今週やっと20%を回復した。。。視聴率は20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった・・・・σ( ̄、 ̄=)

しかし、終了はまだ先なのに、15分拡大して放送する“作戦”を強行しての数字だけに、過大な評価は禁物だ!!

とにかく内容が・・・・・「(´へ`;ウーム・・・・・総理大臣と秘書官の恋愛沙汰がテーマというとんでもない事態になっている・・・(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

そして、ここにきて話題になっているのが終了時点での“打ち上げ”に木村拓哉が出席するかどうかである・・・・

今回は成功といえないのは明らかで、木村拓哉は欠席するのではとみられているのだ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

スタッフとの関係もギクシャクしているともっぱらだし、木村拓哉も気乗りしないのではないか・・・・? ( ̄-  ̄ ) ンー

なんだかいろいろ大変ですねぇ。。。。でも別に“打ち上げ”に出なくてもいいんじゃないって感じ(σ´.ω.`)...。oо○ウーン・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MAKIDAI ハリウッド映画の声優に初挑戦☆

「EXILE」のMAKIDAI(32)が28日、都内で吹き替え版の声優を務める米映画「ハンコック」(8月30日公開)の公開アフレコを行った!!

MAKIDAIは、力を持て余した嫌われ者のヒーロー「ハンコック」のPR担当・レイの声を演じるんだって!!(* ̄▽ ̄*)ノ"

声優挑戦はアニメ「エグザムライ」での本人役以来だが、主演を務めたウィル・スミスの大ファンとあって「間接的にですけど、完全に共演ですね。演技も勉強しているので、今度はスクリーンの中で一緒になれたら」と感激もひとしおだったとか・・・('ー') フフ

MAKIDAIさんも俳優さんに声優に忙しそうですね!!(^ー^* )フフ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜崎あゆみ襲ったダブル「悲劇」・・・

歌手の浜崎あゆみは、左耳が聞こえないことを告白したのと同時期に姉と慕う人物が亡くなっていたことを、2008年6月28日のファンクラブ専用ブログで明かした。。。。(゚ロ゚;)エェッ!?

「姉貴」の死、スタッフの判断で知らされなかった・・・・

  「まず。
  これは迷った。うん、今も迷ってる。
  けれど、伝えようと思う」

4月に始まった全国ツアーは6月28日と29日に東京・代々木の国立代々木競技場でのファイナルを迎える。スッキリとした気持ちで最終日を迎えたいという思いから、浜崎あゆみを襲った不幸について告白することを決めたという。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

ブログには、撮影やレコーディングのために米ロサンゼルスに長期滞在していた07年秋に、浜崎あゆみが姉と慕う人物「姉貴」が亡くなったと書かれている。その知らせはスタッフに届いたが、スタッフらは仕事が続行できなくなるだろうと判断し、浜崎あゆみには知らせなかったとか・・・

  「私は何も知らずに、のんきにも、『なんか急にメールが来ないんだよねぇ~』なんて言っていた。
  事実を伏せていた彼らは相当辛かっただろうと思う」

 帰国して訃報を聞き、その時の自身の様子をこう書いている。

  「私は、ひとりで家を飛び出した。
  タクシーに乗り込んで、姉貴の家へ向かった。
  何故だか解らないけれど、携帯の電源を切って」

■何時間も、黙ったまま、ただしゃがみ込んでいた・・・・

  「そして、灰になった姉貴に会った。
  私は何時間も、黙ったまま、ただそこにしゃがみ込んでいた。
  現実なのだと受けとめるまでには、かなりの時間がかかった」

しかし、すぐに慌ただしい年末がやってきて、虚無感に襲われたまま、いくつもの大きなイベントをこなしていった。そこで、更なる壁にぶつかることとなる・・・・・07年12月30日と31日に行ったカウントダウンライブで、浜崎あゆみは左耳が聞こえないことに気がついたという。いつだって「何とかなるぜ!!! 」と思い、ひたすら走り続けて来たが、

  「ものすごく大きな、これまでに感じた事のない程の不安に心を支配されていた」

  「自分がボーカリストとしても、また、チームを引っ張っていくべき立場にある人間としても、その役割を全く果たせていないと感じていた」

「姉貴、しっかり見守っててくれよ!!! 」

 その時ばかりはふさぎ込んだ。さらに、1曲、また1曲と歌っていくたびに耳の状態は悪化し続け、気持ちは焦るばかりだ。

  「思うように歌えない、聞こえない…」

 ぶつけようのない、怒りや悲しみ、悔しさで、泣いてばかりのライブになってしまったと振り返る。

  「自分はもう二度と、これまでのようには歌えないんじゃないか。
  あれが、最後のステージになってしまうんだろうか」

 悩み、考え続けたが、出した答えは

  「歌い続ける」

というものだった。自ら出した結論だが、精神的にも肉体的にも毎日が戦いとなり、今回の全国ツアーを迎えるにあたっても堂々とした姿でステージに立とうと、リハーサルも入念にした。浜崎あゆみの強い思いはファンに通じ、浜崎あゆみもこれまで以上にファンの気持ちを実感できて、ツアー中は感激しっぱなしだった。。。。

 そして迎えるファイナルを前に、

「姉貴、しっかり見守っててくれよ!!! 」と締めくくっている。

浜崎さんは08年1月4日のブログで、「左耳はもう完全に機能しておらず、治療の術はないと診断されたんだ」と告白していた。。。。

うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞこの記事見たときホントのお姉さんが亡くなったと思ってビックリしたよぉ~( ̄ェ ̄;)

あゆってお姉さんがいたんだぁって!!(?(。_。).。o0O??

姉と慕う人物が亡くなっていたと言う事なんですね。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月27日 (金) | トップページ | 2008年6月30日 (月) »