« 「CHANGE」15分拡大放送で視聴率20%を回復したが… | トップページ | 連ドラ初主演の小池徹平「童顔でよかった」('-'*) »

「篤姫」堺雅人・将軍の暗愚と正気…

大河ドラマ「篤姫」で篤姫の夫・徳川13代将軍家定を演じ、なんとも言えない存在感を出している堺雅人。('ー') フフ

今回の家定は奇妙キテレツな言動を繰り返している将軍・・・・老中の前でせんべいを自ら焼いては皆に振る舞ったり、自分の口に運んで「アッチーッ」といきり立ったり。老中にみかんをぶつけたかと思えば、庭で真剣にアヒルを追いかける。おかめのお面をかぶってかくれんぼもする。まさに、うつけ将軍ぶり全開だ!!('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

収録に入ったばかりのころ、家定の描きように「ここまでしたら徳川家の子孫の方に怒られないかな」と若干憂慮していたが、脚本家や演出の方針はそのままゴー。「将軍としての圧倒的な育ちのよさをみせてほしいとのリクエストもあって、どうしたものか」と頭を抱えもしたが、堺なりの家定像を作り上げてきた。

 「家定は暗愚に見えるけど、そうでないときもあるという二つの要素がある。この二面性を使い分ける思わせぶりな芝居は、やっていて楽しかったです」

 将軍であるがゆえの宿命を受け入れた上での暗愚と正気。それが表裏一体となっているところが今回の家定のミソだとか・・・

 「家定のニュートラルな状態って…と考えたとき、少し壁にぶち当たったことがありましたが、ずっと演じているうちに、家定は僕の中でどんどんリアルになっていって、今ではかけがえのない大好きな人物になっています」

4年前の大河ドラマ「新選組!」で、陽だまりのような微笑と心の中に鋭い切れ味の両面を持つ新選組総長・山南敬助を演じて注目・・・・・・家定も山南も「初めはよくつかめなかった」が、演じていくうちにその人物の深みに触れて好きになっていったという。(*´∇`*)

人間、誰しも自分の中にいくつかの異質な面を持っている。それを表現することは、役者の醍醐(だいご)味かもしれない。そういえば篤姫役の宮崎あおいも、自分が男性だったら演じてみたいドラマの中の役は家定だと話していた。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

家定の真の姿を見抜き、彼の天に向けた叫びに触れた篤姫だが、心を通わせた2人に別れが訪れるのは悲しいくらい早い。その“結末”は7月13日に放送されるんだって!!(*'ー'*)

|

« 「CHANGE」15分拡大放送で視聴率20%を回復したが… | トップページ | 連ドラ初主演の小池徹平「童顔でよかった」('-'*) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「篤姫」堺雅人・将軍の暗愚と正気…:

« 「CHANGE」15分拡大放送で視聴率20%を回復したが… | トップページ | 連ドラ初主演の小池徹平「童顔でよかった」('-'*) »