« エビちゃんCanCam卒業で心機一転 | トップページ | 「篤姫」ヒットはなぜ・・・・?「ホームドラマ形式」採用が奏功 »

櫻井翔「北京は充実感の連続でした」

24日、北京五輪閉幕とともに、嵐の櫻井翔(26)も日本テレビ系北京五輪中継メーンキャスターを終える!!ハイ(^-^)/

初めて五輪取材を振り返り「北京にずっといられたことが一番の思い出。充実感や感動の連続でしたが、伝えるという意味では、こういう言い方をすれば良かったかなと毎日反省しない日はなかったです」と話した。

印象に残ったのは「ウサイン・ボルト選手の200メートル世界新を目の前で見て、その後に言葉をもらえたことです」。

レース後、取材エリアを歩くボルトを手で制し、コメントをキャッチしたが、それまで突撃取材に関しては苦戦続き・・・・・・試合前のダルビッシュ有には会釈だけ。大勢の取材陣に囲まれた競泳8冠のマイケル・フェルプスには近づくこともできなかった。同局スペシャルリポーターの明石家さんまには「報道リポーターとしては失敗」と突っ込まれたとか・・・・(・_・;)_・;)・;);)) ナントッ!!

しかし、櫻井翔にも狙いがあった。「声を掛けることがすべてじゃないし、声を掛けられない雰囲気だという雰囲気を伝えるために声を掛けない選択肢もある。気にしていません」。五輪後も北京の経験をいかして報道の仕事を続行する。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

翔くん一生懸命頑張って伝えてたと思う!!

これからも頑張ってね!!(*´∇`*)

|

« エビちゃんCanCam卒業で心機一転 | トップページ | 「篤姫」ヒットはなぜ・・・・?「ホームドラマ形式」採用が奏功 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 櫻井翔「北京は充実感の連続でした」:

« エビちゃんCanCam卒業で心機一転 | トップページ | 「篤姫」ヒットはなぜ・・・・?「ホームドラマ形式」採用が奏功 »