« 宇多田超え新世代の歌姫として人気…加藤ミリヤって? | トップページ | TOKIO長瀬智也、20代最後の映画 »

『容疑者Xの献身』40億突破 フジ08年トップでドラマの映画化人気浮き彫りに

福山雅治主演の『容疑者Xの献身』が、このほど興行収入で40億円を超え、フジテレビが中心になって製作した作品としては今年最高の成績となった!!
ヽ(*´∀`)ノ*.o゜+:,*オメデトゥ*:,+゜o.*ヽ(´∀`*)ノ

10月4日(土)に公開され、今月10日(月)までの38日間で観客動員321万8000人、興行収入40億6846万円を記録☆2008年に40億円を超えた作品としては、邦画、洋画合わせ今年6本目となる!拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!

フジ製作作品では、これまで三谷幸喜監督の『ザ・マジックアワー』がトップだったが、40億円に若干手が届かない状況。『容疑者X〜』が同社の今年最高成績となることが確実となった。今年から、積極的にオリジナル企画をおくり出してきた同社だが、あらためて人気ドラマの映画化の興行的な安定感を示した形となった。

人気ドラマの映画化の実績が高いのは、他局製作の作品も変わりない。(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン

興収150億円を超え邦画、洋画の今年トップとなる『崖の上のポニョ』は別格としても、邦画2位の『花より男子 ファイナル』(77億円)、3位の『相棒−劇場版−』(45億円)ともドラマの映画化で、これに『容疑者X〜』が続く。

こうしたはっきりしたデータから、今年の邦画ヒットの方程式は、やはり人気ドラマの映画化が強かったという構図が極めて明確になった。( ̄^ ̄*)(_ _*)( ̄^ ̄*)(_ _*)ウン

映画「容疑者Xの献身」は観に行ったけどすごくよかった!!

Very! (* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) Good!!

|

« 宇多田超え新世代の歌姫として人気…加藤ミリヤって? | トップページ | TOKIO長瀬智也、20代最後の映画 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『容疑者Xの献身』40億突破 フジ08年トップでドラマの映画化人気浮き彫りに:

« 宇多田超え新世代の歌姫として人気…加藤ミリヤって? | トップページ | TOKIO長瀬智也、20代最後の映画 »