« 2008年12月 5日 (金) | トップページ | 2008年12月 8日 (月) »

蒼井優の“告白”に小池徹平がタジタジ!?

俳優の佐藤浩市や蒼井優、小池徹平、大泉洋が出演し、ユニークな掛け合いをみせるJRA『CLUB KEIBA』のCMシリーズ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

新バージョンでは、蒼井優の「小池君のこと好きかも!」という突然の“告白”に小池徹平をはじめ一同が驚くほか、意外な結末も待ち受けているという。((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!

シリーズ16話目となる今作は、4人が小池徹平の部屋でこたつを囲みながら今年1年を締めくくる納会を開催するという設定。。。。

28日(日)に行われる『第53回有馬記念』の資料についてもめる大泉洋と佐藤浩市や、思わせぶりな蒼井優の告白に驚愕する小池徹平など、納会におけるそれぞれの表情が楽しめるCMとなっている。(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン

 新CM『CLUB KEIBA/有馬で納会』篇は本日7日(日)より放映!!

さっそくCMみたけどJRA『CLUB KEIBA』のCMシリーズって好きだなぁ(o^-^o) ウフッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋克典 西川史子にタジタジ!?

俳優の高橋克典、永井大、女医でタレントの西川史子らが6日(土)、都内で映画『特命係長 只野仁 最後の劇場版』初日舞台あいさつを行った!!(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ

只野演じる高橋克典との激しいベッドシーンを演じた西川史子は「向こう3年分ぐらい、十分楽しませてもらった」と恍惚な笑みで振り返り、感想を求められた高橋克典も「結構でございました。。。。」と迫真の演技に太鼓判を押した。( ̄▽ ̄;)アハハ…

テレビ朝日系ドラマで人気を集め、放送開始5年目にして初の映画化となった同作☆窓際係長と会長直属の特命係長というふたつの顔を使い分ける只野を演じた高橋克典は「こんな不況の世の中でも闘います」と自信をみなぎらせた。

ベッドシーンなどで過剰なまでの演出が盛り込まれている点に植田尚監督は「スクリーンに耐えられない演出は、高橋さんのアイデアなんです」と発案者を暴露(!?)。これに対し高橋克典はすかさず「何を言ってるんですか? 今回は何もしてないでしょ」と慌てふためいていたらしい。(^-^;)

このほか、舞台あいさつには梅宮辰夫、櫻井淳子、三浦理恵子、蛯原友里、田山涼成、椎名法子、秋山莉奈も出席した!!

(○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・ 西川先生が出てるのであまり観たくないかも・・・?「(´へ`;ウーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばるは俺に似てる!? あの芥川賞作家が関ジャニ∞を大絶賛!

芥川賞作家でミュージシャンでもあり、中山美穂の夫でもある辻仁成と、ジャニーズの関ジャニ∞。一見、共通点のなさそうな両者の対談が、現在発売中の「女性自身12月2日号」に掲載されている。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

辻さんが関ジャニ∞を知ったのは、一人息子(4歳)のベビーシッターが辻家へ『ワッハッハー』のPVを持参してきたことから。それをきっかけに息子が関ジャニ∞の大ファンとなり、翌日にはDVD一式がズラリと勢揃い!!つられて見ているうちに、辻仁成、中山美穂ともに関ジャニ∞の楽曲や、丸山隆平お得意の"ヘン顔"にハマりはじめ、いまや辻家では「関ジャニ∞フィーバー」が巻き起こっているのだという。o(*^▽^*)oあはっ♪

実は、今年5月に同誌のコラムで2ページに渡って関ジャニ∞のグループとしての魅力、そしてメンバー7人それぞれについて辻さんがベタ褒めしており、そんな経緯もあって、今回の対談が実現したようだ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

今回、対談に参加したのは関ジャニ∞の中でも"バンド"の部分を担っている渋谷すばる、丸山隆平、安田章大、大倉忠義の4人!!ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ

記事には、楽器を持って集まった彼らがセッションする貴重な姿が、アイドル誌ばりのカラーグラビアで2ページ、さらに、大倉くんのドラムの前で車座になって繰り広げた熱い対談がモノクロで3ページ掲載されている。

「関ジャニ∞のこと、たぶん世界で一番知ってる作家だと思う」と、自信満々に断言する辻さんは、
「すばる君の歌は自分の若い頃みたいで......」
「俺、大倉君のドラムすごい好き。メチャクチャうまいし、かっこいい」
「丸はベーシストっぽい。キャラもいちばん好き」
などなど、熱烈なeighter(※関ジャニ∞ファンのこと)ぶりを発揮・・・・前回同様メンバーを褒めまくっている。ナイス ( ̄一* ̄)b

一方、お互いの音楽に対する熱い想いをぶつける中で、「若い頃は、ジャニーズ、アイドルという言葉に反発しまくっていて」問題児だったすばるが、今はライブに来てくれるお客さんを楽しませたいと思えるようになり、「それが自分の中ではロックなのかはわかんない。あえて言うならアイドルなんでしょう」と、その葛藤を素直に消化している姿や、安田くんが音楽について「自分らがこれがいいって訴えかけるこの気持ちが、きっといい曲になったり心が動くっていうところのスタートやと思うんです」とまじめに語ったり、辻さんから「エイトの中でいちばんスター性があるんだよね」と褒められた丸山くんが「スター性って、占いでも言われたことない!(占いは、)ちょっと不安になったときたまに行きます」とプライベートを明かすなど、それぞれの本音に迫ったファンにとっても嬉しい内容となっている。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

11月19日に更新された辻の公式サイトの日記「愛情路線」では「あの四人の行く末を温かく見守りたいですね」との記述が。。。。。2時間あまりの対談を終え、今ではファン以上の父親にも近い(?)感情を彼らに抱いているよう。

さらに、辻プロデュースで「新バンド結成」の話も飛び出しており、いつかなんらかの形でコラボする可能性も!? eighterにとっては今後の展開に期待大なのだ!!ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

み〜んなをシラケさせた織田裕二

織田裕二(40)は“モノマネ”騒動で男を下げてしまっただけではないのか。。。。( ̄  ̄) (_ _)うんうん

織田裕二のモノマネで人気の山本高広(33)が先週30日に初DVD「山本高広が…きたーーーっ!!」の発売記念イベントを開催。

織田裕二の代表作「踊る大捜査線」のセリフをネタにして、「室井さん、聞こえるか!? 織田さんのモノマネ、封鎖できませんっ!」とやって、1万2000人のファンが盛り上がった。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

ここしばらく、山本は織田裕二のモノマネを封印していた。理由は、先月、織田サイドから“モノマネ禁止令”を通達されていたため。織田サイドが各局に「山本氏の本件物真似は、織田裕二の人格権、肖像権、ひいて名誉を侵害し違法な不法行為となる可能性が極めて高い行為であるといわざるを得ません」との要望書を出したのだ。( ̄△ ̄;)エッ・・?

しかし、今週になって事務所は“禁止要請”はしていないとコメントして、急にトーンダウンしている。。。。(T−T(_ _(T−T(_ _ウンウン

「大物はモノマネされるのが当たり前だし、普通は笑い飛ばすものです。テレビ局も織田にいわれたからモノマネをNGにしていただけ。モノマネで織田だってイメージがダウンすることはないし、むしろ話題になってプラスのはず。ホコを収める時期と判断したのでしょう」(テレビ関係者)

山本高広の「キターッ!」は1日発表の「新語・流行語大賞」にもノミネートされていて話題になっていた。(゚-゚*)(。。*)ウンウン

なぜ織田裕二がムキになったのか理解できない。。。。。(T−T(_ _(T−T(_ _ウンウン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年一番カラオケで歌われた曲は・・・

業務用通信カラオケ大手の第一興商が『2008年 年間カラオケリクエストランキング』を発表〜!!楽曲別ランキングの1位はGReeeeNの「キセキ」で、アーティスト別ランキングの1位をEXILEが獲得!!ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ

楽曲別の2位にはEXILEの「Lovers Again」、3位にはGReeeeNの「愛唄」が登場☆2007年に発売された楽曲が上位に出揃う中、今回楽曲別で1位となったGReeeeNの「キセキ」は今年の5月に発売され、同じく今年の1月に発売された青山テルマ feat.SoulJaの「そばにいるね」も5位にランクイン・・・・・両アーティストの今年の勢いが証明された形となった。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

アーティスト別は1位「EXILE」、2位「倖田來未」、3位「コブクロ」という結果に。。。。。この上位3アーティストは昨年も5位以内に入っており、変わらない人気の高さを見せつけた。

楽曲別で1位となったGReeeeNは同部門でも6位と健闘!!また今年、活動休止を発表したサザンオールスターズも昨年の13位から7位に順位をあげている。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム

第一興商が発表した『2008年 年間総合ランキング』の楽曲別、アーティスト別それぞれのTOP5は以下の通り。

【楽曲別】
1位:「キセキ」GReeeeN 2位:「Lovers Again」EXILE 3位:「愛唄」GReeeeN 4位:「蕾」コブクロ 5位:「そばにいるね」青山テルマ feat.SoulJa

【アーティスト別】
1位:EXILE 2位:倖田來未 3位:コブクロ 4位:浜崎あゆみ 5位:Mr.Children

いい歌ばかりランクインしてますね!!(*'ー'*)ふふっ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉木宏、“もっちり侍”になって町娘を守る

俳優の玉木宏が、ミスタードーナツの期間限定新商品『米粉ドーナツ』の新CMで、ドーナツ片手に町娘を助ける“もっちり侍”を演じている!!エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゚ ゚

同商品は米粉を使ったもっちりとした食感が特徴ということから一風変わった名前の侍となった。( ̄ー+ ̄)

「きなこ」や「あられ」といった和素材をトッピングした新ドーナツに合わせ、新CMは“和”をイメージした時代劇・・・・・浪人たちに「その、もっちりを食わせろ!」と要求された町娘たちを助けるべく、玉木宏扮する侍が登場するストーリーとなっており、ドーナツを手に「カリカリもっちり しっとりもっちり プチプチもっちり」と早口言葉のような決め台詞を唱え、浪人を怯ませている。o(〃^▽^〃)oあははっ♪

撮影はまだ暑さの残る時期に京都太秦映画村で行われ、蚊にさされながら出演者全員が奮闘!!そんな苦労のかいもあってか、玉木宏にとって過去のミスタードーナツのCMの中でも、お気に入りの作品のひとつになったそうだ。( ̄∇+ ̄)vキラーン

『米粉ドーナツ』が期間限定商品ということで、新CMは2009年1月7日から12日までの6日間のみ放映されるんだって!!

エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゚ ゚たった6日間しか流れないんだぁ〜( ̄▽ ̄;)!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EXILE1月から土曜深夜に初の冠番組☆

EXILE初の冠番組、日本テレビ系「EXILE GENERATION(エグザイル・ジェネレーション)」(09年1月10日スタート、土曜深夜1時25分)が制作されることが決まった!!(▼-▼*) エヘ♪

グループに密着したドキュメンタリースタイルのバラエティーで、活動を紹介するほか、交流のあるゲストとの対談などで構成・・・・・EXILEの情報発信のベースとなる。(。・・。)(。. .。)ウン

EXILEは今年1年間を「PERFECT YEAR(パーフェクト・イヤー)」と題して、ベストアルバム3枚発売、11月29日福岡でスタートした5大ドームツアーなどに挑戦してきた。(* ̄^ ̄)(*▼_▼)(* ̄^ ̄)(*▼_▼)ウンウン♪

番組名を命名したリーダーのHIRO(39)は「来年は今年を上回るインパクトのあることを必ずやりたいと思っている。EXILEのこれからの活動だったり、信念だったり、夢が、この番組を通して世の中に伝わればいいなと思っています」と話している。(* ̄^ ̄)(*▼_▼)(* ̄^ ̄)(*▼_▼)ウンウン♪

最近のテレビ番組で、お笑いやアイドル以外の大物アーティストを前面に押し出すのは異例の試み・・・・日本テレビ情報のプロデューサーは「さまざまなパフォーマンスを通して、日本のエンターテインメントシーンに大きな影響を与えるEXILEの姿を追っていく」と話している。 (T−T(_ _(T−T(_ _ウンウン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤原紀香、「さんまのまんま」で爆弾発言!

フジテレビ系新春恒例の「新春大売り出し!さんまのまんま」(仮題、来年1月2日後4・30)の収録が都内スタジオで行われ、藤原紀香(37)、井上真央(21)、宮崎あおい(23)ら豪華女優陣が出演した!!(*'-'*)エヘヘ

藤原紀香は明石家さんま(53)に、夫の陣内智則(34)に赤いパンツをプレゼントしたと激白・・・・自身の“勝負色”で「(夫は)黒の下着が多かったので黒から赤に変えました」。。。。

いくら自分の勝負色だからって・・・私は男性の赤いパンツは嫌だなぁ。。。( ̄ヘ ̄)ウーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KAT-TUN・上田も 若手ジャニーズのソロ舞台出演が増えているワケ!?

舞台『If or ...』への主演が決まった関ジャニ∞・村上信五に続き、ジャニーズの若手アイドルたちのソロ舞台が次々と決定し、ファンの間で話題を呼んでいる。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

まずは、来年公演予定のNEWS・小山慶一郎主演の舞台『コール(仮)』。07年に『ハイスクール・ミュージカル』、08年に『ロス:タイム:ライフ』と主演舞台をこなしてきた彼にとって、今回は3年連続の主演舞台☆(^▽^)/

はじめのころは、テレビと舞台の表現力の差に戸惑っていた彼も、公演を重ねるごとに着実に力をつけていると定評もあり、今回はどんな演技を見せてくれるか期待を集めている。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

また、来春には、KAT-TUN・上田竜也の主演舞台『ロミオとジュリエット』が上演される。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

今年、自身がプロデュースするソロコンサートで成功をおさめた彼が、今度は初の舞台で主演をつとめる。ファンへの案内には直筆で「初めての舞台で緊張しますが精一杯頑張りたいと思います。またこの舞台で表現力を学び、音楽に活かせたらいいなと思います」と綴った上田竜也!!

テレビドラマを含めて、俳優経験がほとんどない彼が、シェイクスピアの古典名作をどう演じるのか、また相手役は誰なのか......ファンにとっては気になるところだ。(゚-゚*)(。。*)ウンウン 

さらに来春は、関ジャニ∞・安田章大も舞台『カゴツルベ』で舞台初主演☆今年2月に一人エンタテイメントショー『818』で、音楽、アートなど個性を生かしたオリジナル性の高い舞台を繰り広げた彼だが、今回は本格的な脚本を元に、いち演技者としての表現に挑む。(o^∇^o)ノ

「ここ数年、ソロコンサートや単独の舞台がめじろ押しのジャニーズタレント。東京グローブ座という劇場を得たことで、少人数の公演もリスクなく上演できるようになったという経緯もありますが、加えて、それぞれのタレントがひとりで客を集められるだけの実力と個性を伴って来たということかもしれませんね」(事情通)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム

実際、トニセンあたりのメンバーの舞台に比べて、NEWS、KAT-TUN、関ジャニ∞など若手メンバーのソロ公演は申し込みも殺到し、倍率も厳しいといわれている。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム

「テレビドラマなどからオファーが来ないレントたちも、遊ばせておくくらいならなんらかの形で表舞台に出られた方が良い。切り売りすることである程度の収益が望めるのだから、事務所的にも一石二鳥というところでしょう」(同)

今後も、ジャニタレたちのソロ公演の機会は増えそうだ!!( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

ソロ公演ファンには嬉しいよね!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 5日 (金) | トップページ | 2008年12月 8日 (月) »