« 2009年1月24日 (土) | トップページ | 2009年1月26日 (月) »

モテる3条件をクリアしているロンブーの淳

今や芸能界ナンバーワンのプレーボーイはこの男をおいて他にいないだろう。( ̄ー ̄)ニヤリッ

ロンドンブーツの田村淳(35)である。また美女とのデートをキャッチされたのだ。( ̄  ̄) (_ _)うんうん

発売中の「FRIDAY」がスクープしているのは10歳下のモデル風美女との岩盤浴デート。( ̄  ̄) (_ _)うんうん

それにしても、淳はよくモテる!!いやー゚。(*^▽^*)ゞ

これまで藤崎奈々子若槻千夏坂下千里子らタレントや歌手との関係が取り沙汰され、相川七瀬深津絵里米倉涼子仲間由紀恵らを狙ったこともあり、直近では中越典子と交際直前までこぎつけた。バラドルから大物女優まで片っ端からだからすごい。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

そして、今度は例えるなら松嶋菜々子似という美女だから絶句である。

淳がモテるのはなぜか・・・・?r(-◎ω◎-) 考え中...

ベテラン芸能記者は――。
「芸能界でホントにモテたのは、岡田真澄布施明森進一ですが、タイプは違うけど、共通しているのは女好きだけど好色タイプじゃない、ギラギラした野心を見せない、女性のために自分から動いて面倒をみるという3点。女性はこういう男に安心感を覚え、誘われるとついついていくのです。コンメシ(今度メシでも)といって誘わない男が多いけど、淳は百パーセント実行している。イケメンじゃないしスポーツマンでもありませんが、これらの条件に淳はすべて当てはまります」( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

番組では皮肉を言ってイジリまくるが、私生活ではとにかくマメで、見かけと違って博識という。(・0・。) ホホ-ッ

平成のモテ男、ロンブー淳!!(*`◇´*)/ ハーイ♪

なんかいろんな人の名前が出てきてビックリ!!

ほんと淳ってモテるんだね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファンは悲痛な叫び!? "黒すぎる"嵐・大野智

現在、『歌のおにいさん』で、コメディに初挑戦している嵐・大野智。(^▽^)/

ロックバンドのボーカルからなぜか歌のおにいさんをすることになってしまった男の奮闘と成長を描くストーリーで、「すぐにふてくされるところとか自分に似ているかも(笑)」と、大野くん自身も役柄を楽しんでいる様子。

また、役名である"矢野健太 starring satoshi ohno"で初のソロ曲「曇りのち、快晴」の発売(嵐の新曲「Believe」と両A面)も決定し、歌番組も含めて、今後ますます露出が増えそうだ。 (^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

そんな順風満帆な彼だが、ドラマ第一話を見た一部のファンからは"愛ある"ダメ出しの声があがっている。それは......。(・_・?)

「大野くん、黒すぎ!」
「歌のおにいさんなのに、そんなに日焼けしていて大丈夫なの!?」
「健康的ではあるけど、やっぱり役とイメージが違う気が......」

演技や役柄についてではなく、ほとんどが大野くんのこんがり焼けた"黒い肌"についての指摘ばかり。。。。。前作『魔王』のころから日焼けはしていたものの、着ぐるみを着たり、カラフルな衣装に身を包んだり......という今回の役どころで、さらに強調して見えてしまったようだ。

それにしても、こんな真冬に日焼けとは一体ナゼ・・・? 日サロに通うキャラには見えないのだが......。;;;;(;・・)ゞウーン

「日焼けの原因は、ずばり、趣味の釣りですね。数年前からかなりハマっていて、休みの日になると朝4時や5時に出発して、一日中船に乗りっぱなしのようです。事務所も"日焼けには気をつけるように"と再三注意しているらしいんですが、もともと本人が自分の外見に無頓着なタイプのため、あまり効き目がないようですね。あまりにも焼けすぎて肌荒れもひどいですよ」(ドラマ制作会社関係者)ァハハ・・(^д^;)

 "カッコつける"ためではなく、趣味による日焼けだったとは、なんとも大野くんらしい話だ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

が、いくら「外見を気にしないタイプ」とはいえ、2作目の主演ドラマに挑戦し、俳優として飛躍中の時期だけに、この日焼けは"プロ"としてはいかがなものか。「(´へ`;ウーム

「プライベートだけじゃなく、雑誌やテレビの企画で釣りに行ったのが響いてるのかもしれませんが、それにしても黒すぎますよね。『魔王』でもW主演の斗真に『釣りに行かないで』って言われてたのに、我慢できずに行っちゃったし......。そのときは長時間船に乗り続けたせいで三半規管がおかしくなって、その後の撮影でまっすぐ歩けなくて困ったと言ってました。そこまで釣りが好きなら、やめてとは言えないけど、このまま行ったら役が限定されちゃいそうで心配。そもそも、大野くんは白い肌の方が似合ってるんだから、せめて日焼け止めくらいは塗って欲しい!」

こんなファンの悲痛な叫びが、本人にも届けば良いのだが......。

・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ラブシャッフル』で死語連発! カリスマ・野島伸司よどこへいく・・・?

今週16日にスタートしたドラマ『ラブシャッフル』で、脚本家・野島伸司が金曜ドラマ枠に戻ってきた!('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン 

野島氏の前作は、ちょうど1年前の月9ドラマ『薔薇のない花屋』。今回はそこからグイっと方向転換して、ぶっとんだラブコメが展開される。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

その内容は、高級マンションに住む4名(玉木宏、香里奈、松田翔太、谷原章介)とその恋人たち(貫地谷しほり、DAIGO、小島聖、吉高由里子)が、それぞれの恋人を交換、すなわち"ラブシャッフル"するというもの。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

今回の野島脚本は明るいとは聞いていましたが、それにしてもなんて軽いノリ! なんて浮いたハイテンション! 正直、初回視聴者のビフォサーやアラサー女子は、うまく順応できずにポカーンとしてしまったのではないでしょうか? しかしだからといって、元気いっぱいの10代&20代前半チームならついて来れるノリだったかというと、それも違う......。なんなんだ、この"空元気&空回り"感。うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

その最大の原因の1つが、劇中に連打される死語・駄洒落の数々・・・・

「嘘だと言ってよ、ジョー!」、「アーイアイ♪ おっさーるさぁんだよ~♪」、「ラブ&ピース★」、「だめだこりゃ~」......って、ねぇ野島さん、これトレンディドラマですよね!? 主演、玉木宏&香里奈ですよね!? 今、2009年ですよね!? 見ている途中からだんだんこっちがヒヤヒヤしてきちゃって、いつのまにか画面の前で硬直寸前・・・・・野島さん、全く罪な台詞をお生みになる......。(・x・ ).o0○

ところが、意外にもこのサムい演出(とあえて言わせていただきましょう)を温かく受け止めているドラマーも少なくないようなのです。(。・・。)(。. .。)ウン

ブログやネット掲示板では、「これ80年代に観ても違和感ないな」、「ちょっとノリがキモイ」なんてコメントと同時に、「ドラマはこれくらい能天気な方が楽しい」、「野島センセー来週も『今どき使わねーよー!』というセリフをよろしく!」、「時代遅れも遅れすぎると懐かしいとかになるね」なんていう、"野島氏の古臭い節Welcomeムード"もにわかに漂っているのです。

そしてこのドラマを盛り上げる主題歌が、野島ドラマでは定番の"リバイバル洋ソング"。こちら今回はアース・ウィンド&ファイアーの『FANTASY』となっていて、これまたかなりノスタルジックな70年代ナンバー。この歌の高いテンションと懐かしさが、ドラマ全体に流れる"今や昔的なバブリー感"に絶妙にマッチ。この歌が流れると、ドラマ本編の"極度にも程があるサムさおよび古さ"も、全て野島氏の計算通りに違いないと思い知らされる。。。。(;´∀`;)<。。。ハハ。。。

恐るべし、大胆不敵な奇才・野島伸司。"あえて"に挑戦し続け、視聴者をポカーンとさせながらも驚異的な引力で独自の世界に引きずり込んでいく......その手腕に、今回も結局目が離せないと言ったところでしょうか。(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン

私は結構ラブシャッフル好きなんだけどあまり視聴率は良くないみたいですねぇ~(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月24日 (土) | トップページ | 2009年1月26日 (月) »