« 2009年3月 3日 (火) | トップページ | 2009年3月 9日 (月) »

釈由美子 花粉症を克服する方法

女優の釈由美子が2009年3月1日のブログで、花粉症を克服した体験を書いているとか・・・ヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ

数年前までは重度の花粉症で、ティッシュペーパーが手放せなかったり、「目ん玉ごと、もぎとりたい」と思うほどだった。だが、「日頃の食生活と健康管理の成果」か、花粉症を克服することに成功したという。w( ̄o ̄)w オオー!

具体的に何が効いているのか分からないが、玄米を食べて野菜中心の食生活にしたほか、ぬか漬け、ヨーグルトを毎日手作りして食べていたら「ぴたっ」と花粉症が止まったとか・・・・

釈由美子によると、「要は、免疫力や抵抗力を高めるのが大事」とのことで、「体の中から、体質改善」することにポイントがあるようだ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

花粉症はホントつらい。。。(〒_〒)ウウウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関ジャニ∞がレコード会社に激怒! 新作をセルフプロデュース

4月15日、ファン待望のニューアルバム『PUZZLE』を発売する関ジャニ∞!!今作の目玉のひとつは、メンバーが3つのユニットに分かれて曲を制作、さらにプロモーションビデオまで作ってしまうこと。このPV集は初回特典として封入され、通常盤にはそれぞれのソロ曲7曲が収録される予定だって~♪YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!

さて、このメンバー内ユニット、ユニットメンバーA(渋谷すばる&錦戸亮&大倉忠義)、同B(横山裕&安田章大)、同C(村上信五丸山隆平)という、ファンとしては意外かつなんとも絶妙な組み合わせになっているのだが、実はこれ、すべてじゃんけんのグーチョキパーで平等に決めたものなのだという。ピース v(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v ピース

26日放送のラジオ『関ジャニ∞ 横山裕 村上信五のレコメン! 』で横山くんが語ったところによると、「すばると錦戸と大倉ってなったとき、全員で『え、なにやんの!?』って空気になった」そう。そんなミスマッチなユニットだからこそ、面白いものが出来上がりそうで楽しみだ。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

また、もうひとつの目玉は、初回限定盤がタイトルにちなんだ「パズル」のボックス仕様になっていること。これについても、同じくラジオで、「テイチクに散々文句いって、僕らがいちから考えました。ファンのことも考えてね。コースターなんて別にいらんもんっ!」 と、力強く言い放った横山くん。

この"コースター"とは、かつて関ジャニ∞のあるDVDの特典としてついたものなのだが、これまでに何度も「紙のコースターですよ! 3回使ったら水でふやけてボロボロになるんです。使う人のこと、全然考えてない!」と苦言を呈してきた経緯があるのだ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム

これだけでなく、「『大阪レイニーブルース』のCDについた傘は、書かれた関ジャニ∞って文字が雨にぬれると消える! 信じられへん」など、"特典"のショボさに加えて「デビューの際のプロモーション撮影の日に、ジュース飲もうと思ったら賞味期限が5年くらい切れてた」ことや、「そんな待遇なのに、5分くらい遅刻しただけでテイチクのスタッフから激怒された」ことも根にもっていて、「テイチクじゃなくてバカチクや!」と言い放ったこともあるほど。。。。。Σ(^∇^;)えええええ~

そんな、積もりに積もった不満が爆発し、タイトルから特典、内容まで、すべて自分たちでプロデュースする今回のアルバムが実現したようだ。

ここまで気合いを入れて制作している作品だけに、ファンが喜ぶ内容になっているのは間違いない......はず。

発売日まで待ちきれない!?(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「恋の"から回り"!?」明石家さんまの視聴率崩壊に吉本涙目

明石家さんまレギュラー番組の"視聴率崩壊"に所属の吉本興業が頭を抱えている。(・_・?)

「さんまは吉本内では別格扱いで、誰もさんまにクレームはもちろんのこと、視聴率アップのための助言さえできないんです。"視聴率崩壊"を手をこまねいて見てるしかないんですよ」(お笑い番組関係者)

 レギュラー番組は、軒並み視聴率が落ちているさんま。。。。

「日テレの『踊る!さんま御殿』も、全盛時は20%を越えていたんですが、最近は10%台をキープするのがやっと。同じ日テレの『恋のから騒ぎ』は出演者との年齢のギャップから、から騒ぎじゃなく"から回り"になってます」(日テレ関係者)「(´へ`;ウーム

 『恋から』は毎年、出演者のエピソードを基にしたドラマスペシャルを放送しているが、10月10日に放送されたドラマは視聴率6.6%。初の一ケタ台というワースト記録を作った。

「長澤まさみと共演したドラマ『ハタチの恋人』は平均視聴率が8%ちょっとという数字で大コケしましたからね。さんまの時代は終わったということです」と言うのは大物お笑いマネジャー。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

「吉本の有能なスタッフがさんまにアドバイスできればいいんですが、彼は吉本の中では別格。幹部社員さえ、何も言えない。視聴率が落ちるのを見てるしかないんです」(吉本関係者)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

30年近く一線で活躍してきたさんま。いよいよ、賞味期限が近づいてきたのだろうか。( ̄  ̄;) うーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「冬ドラマで好きな俳優・女優」第1位は水嶋ヒロと菅野美穂

週刊エンタテインメント情報誌『オリ★スタ』が、2月27日発売の3/9号で、読者3713人にアンケート調査を行い、“みんなが観ている人気作品はコレだ!”「冬ドラマ★AWARD’09」を発表。「冬ドラマで好きな俳優」部門のNo.1に、ドラマ『メイちゃんの執事』(フジ系)の水嶋ヒロが、そして女優部門に『キイナ~不可能犯罪捜査官~』(日テレ系)の菅野美穂が選ばれた。\(^▽^)/ヽ(*^^*)ノ

「冬ドラマで好きな俳優」部門のNo.1に選ばれたのは、ドラマ『メイちゃんの執事』で完璧なイケメン執事を演じている水嶋ヒロ。「あんな執事がいたら、いいなと思うくらいカッコイイから」、「キザなセリフと外見がマッチしていてキュンときます!」、「不思議な雰囲気の演技がステキで、毎回ドキドキしながら観ています」と、女の子の理想が詰まった執事を演じきり、それがまたぴったりハマっているというのが受賞の理由のようだ。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

1位を獲得したことについて水嶋ヒロはインタビューに答えて、「自分としてはすごく難しい役で、正直やりにくい面もあったのですごくうれしいです」と喜びを語った。そして「表情だけで芝居をすることが多く大変でしたが、思いっきり作りこんで出来る役だし楽しみながら演じられています。それに、今年はもっといろいろな自分を見せられる年だと思っているんです」と、今後さらなる活躍を期待させてくれた。

一方、「冬ドラマで好きな女優」部門のNo.1には、ドラマ『キイナ~不可能犯罪捜査官~』で鋭い感性で事件を解決に導く女性刑事・キイナ役を演じている菅野美穂が輝いた!!(*'-'*)エヘヘ

インタビューでは喜びとともに「キイナのヒラメキに感心しながら、膨大なセリフの量にてんてこまいです(笑)」と苦労を告白。こんなふうに、おっとり系のキャリアウーマンを演じる菅野美穂の等身大のキャラクターが、身近に感じられるのかもしれない。

執事役の水嶋ヒロくんはすごくカッコイイと思う!!( ̄一* ̄)b 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ごくせん」7月公開の映画で完結!

女優の仲間由紀恵(29)主演の人気ドラマシリーズ「ごくせん」が映画化されることが3日、明らかになった!!ヽ(*^^*)ノ

公開は7月☆28日に日本テレビ・読売系で「ごくせん卒業スペシャル’09」(後9・30)が放送され、映画版は同スペシャルの“その後”を描く完結編となる。出演は仲間由紀恵のほか「Hey!Say!JUMP」の高木雄也(18)、三浦春馬(18)ら。ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!
 
KAT-TUNの赤西仁(24)、亀梨和也(23)をはじめ、小栗旬(26)、小池徹平(23)ら、多くのスターを輩出した人気ドラマシリーズが、映画でファイナルを迎える。

「ごくせん」は熱血高校教師ヤンクミ(仲間)が、不良ぞろいの3年D組の生徒たちを相手に奮闘する学園ドラマ。02年から3シリーズが放送され、最高視聴率は32・5%と特大ヒットを記録した。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

映画化も早くから期待されていたが、昨年末に今回のスペシャルドラマが発表され、それで完結と思われていただけに、うれしいサプライズとなった。

「卒業スペシャル」では、3年D組メンバーが卒業を前に2年D組と対立し大乱闘騒ぎを起こす姿を描く・・・・さらに映画は、卒業した3Dメンバーと3年に進級した2Dメンバーが新たな騒動を巻き起こし、ヤンクミが最後の大活躍をする展開となるという。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

2Dメンバーにはドラマ初出演となる「Kis-My-Ft2」の玉森裕太(18)、入江甚儀(15)ら次世代の若手俳優が集結!!

メガホンはドラマの演出も手掛けた佐藤東弥監督がとる。現在、脚本を作成中で詳細は未定だが、仲間由紀恵も「最後の締めくくりとしてどんな話になるか楽しみ」と、まだ見ぬ結末に胸を躍らせている。

生徒役で出演した赤西仁、亀梨和也、小栗旬、速水もこみち、松本潤ら「ごくせん」をきっかけにスターの道をかけあがった卒業生は数多い!!(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

プロデューサーは「映画ならではのスケールの大きなストーリーとなる」と意味深予告。ヤンクミの最後の奮闘に、イケメン卒業生たちの豪華集結も期待せずにいられない。(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン

「ごくせん」ドラマは全部みたけど映画は観なくていいかなぁ。。。「(´へ`;ウーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 3日 (火) | トップページ | 2009年3月 9日 (月) »