« 2009年5月29日 (金) | トップページ | 2009年6月 1日 (月) »

『ROOKIES』佐藤隆太、市原隼人らニコガク・ナイン涙と歓喜の“卒業”で80億に向け開幕ダッシュ

ニコガク・ナインが、見事な“開幕ダッシュ”で自ら卒業を祝った!!

TBSの人気ドラマを完結編として映画化した『ROOKIES-卒業-』が30日(土)、全国428スクリーンで公開され、興行収入80億円を狙える絶好のスタートを切った。ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ

昨年、興収77億5000万円を記録した『花より男子ファイナル』を観客動員比で10%上回る初速。配給の東宝は、「客層は中高生の男女を中心に、20~30代にまで広がっている。観賞後の満足度も高く、落ちの少ない興行が期待できる。最終的には興収80億円も十分に狙える」と意気込んでいる。

2000万部を誇る、森田まさのりの同名漫画が原作・・・昨年4~6月に放送されたドラマは、最終回で19.5%の高視聴率(関東地区)を記録し、同時に映画化も決まった。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

その日本一早い上映が、午前7時からの東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇1・・・・約950席のチケットは発売直後に完売し、前売り券もトータルで55万枚を突破する圧倒的な人気を見せつけた。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

佐藤隆太、市原隼人、小出恵介、城田優ら出演者が“最後のユニフォーム姿”で劇場後方の扉から入場すると、ファンが大歓声とともに殺到~!!笑顔で握手やハイタッチに応じると、もみくちゃ興奮状態となり、全員がステージに上がるまで10分近くを要する熱気に包まれた。~~~ヾ(〃^∇^)o キャー!~~~ヾ(〃^∇^)o キャー!~~~ヾ(〃^∇^)o キャー!

全員で計96番組、91時間18分のテレビ出演などキャンペーンも精力的にこなして迎えた初日、そして別れ。佐藤隆太は「ありがとうございます」を3度繰り返し、「スタッフ、キャスト一同が愛した作品。これからは、皆さんが思いっきり愛してください」と満面の笑み。(⌒~⌒)ニンマリ

市原隼人は、「寂しいです。どんなときもお互いがお互いを必要としていた。それを皆さんの体に染み込ませてくれたらうれしいっす」と目頭を熱くさせた。( ̄o ̄)o オゥ!

とめどなく流れる涙に照れる高岡蒼甫、「最高の卒業を迎えることができました」と晴れやかな表情の小出くん……ナインそれぞれが大ヒットを喜び、同時に卒業を惜しむ姿に、平川雄一朗監督も感無量の面持ちで、「みんな、卒業おめでとうございます」とねぎらいの言葉をかけた。

締めは、おなじみとなった掛け声「ゴー! ニコガク!ゴー」をファンと一緒に絶叫~!!そして、それぞれが首にかけていたマフラータオルを客席に投げ入れ、最後までファンへの感謝を行動で示していた。

『ROOKIES-卒業-』はすごい観たいし楽しみだったけど番宣出すぎ。。。。ちょっとやりすぎだと思う┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大河ドラマ「天地人」から飛び出す女優は寡黙なこの人

NHK大河ドラマ「天地人」からブレークする女優は、長澤まさみでも相武紗季でもなく、比嘉愛未(ひがまなみ)(22)――。(*'-'*)

上杉景勝の妻・菊姫を演じている色白美人で、無口な役柄にもかかわらず期待以上の存在感を放っている。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

あまり見慣れない顔かもしれないが、比嘉愛未は07年にNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」でヒロインを務め、平均で19.4%の高視聴率を記録した人気女優だ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

昨年、フライトナース役で出演した連ドラ「コード・ブルー」(フジテレビ)が好調だったし、大河と掛け持ちで出演中の「魔女裁判」(同)も23時台のナイトドラマ枠にしてはまずまずの数字をキープしている。

比嘉愛未が縁の下の力持ちとして、出演ドラマを下支えしているとの声もあるほどだが……。

芸能評論家がこう言う!!
「比嘉には間違いなく中高年男性の固定ファンがついていると思います。彼女は純粋さ、可憐さ、清楚さを持ち合わせていて、あか抜けない地方出身の女子大生のような魅力があるのです。こういう女優は普通は目立たないものですが、最近はギラギラしてアクの強い女優が増えているため、逆に支持を集める傾向にあります。磨けば磨くほど輝きを増す原石という側面もあるかもしれません」( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

後半の「天地人」を盛り上げるのはこの人ということだろう。ハイ(^-^")/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中丸雄一、東京ドーム公演ウラ側暴露「仁亀とシャワーで......」

前人未到の東京ドーム8日連続公演を無事に終了させ、5月29日~31日までは京セラドーム、6月14日、15日には再び東京ドームで追加公演予定のKAT-TUN☆(゚▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽T*)ニパッ♪

総制作費約32億円をかけた華やかな舞台はもちろんだが、その裏側で彼らが何を考え、どんな過ごし方をしているのか、ファンとしては気になるところ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

そんな「コンサート裏のヒミツ」が、中丸雄一&上田竜也のラジオ『R-One KAT-TUN』(文化放送)で明かされた。

東京ドーム公演3日目(17日)のリハーサルの収録後、楽屋にて収録されたこのラジオ。リスナーから寄せられた質問に答える形で、トークが進められた。「コンサート前はどう過ごしているの?」との質問には、

中丸くん 「ご飯を食べるタイミングも違うし、シャワーに入る時間もバラバラ」

 とのこと。田中聖が好きな音楽をかけているかたわら、中丸くんはイヤホンで音楽を聞いて過ごしたりもするそう。また、上田くんは会場に入っているお客さんの声を聞いていることもあるとか。もしかしたらファンのおしゃべりも聞かれているかも?エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゚ ゚ 

 また、「シャワーはメンバーで同時に入ったりするんですか?」との質問に、

中丸くん 「入るときもある。昨日は亀梨(和也)とFiVeと一緒で赤西(仁)も途中から来た」
上田 くん「几帳面で焦るのがイヤだからシャワーは早く浴びる。いつも貸切状態」

 とそれぞれ回答・・・このとき、スタッフから「洗いっことかしないの?」とカンペを出され、「しないよ。子供じゃないんだから」と失笑していた上田くん。でも、確か先輩である嵐のメンバーは、「コンサート前にシャワーで洗いっこしている」などと自分たちで明かしていたような......。まぁ、それだけ、KAT-TUNは大人ってことかも。(・_・?)

 さらに「コンサート前にイメージトレーニングとかしますか?」という質問に、今回のコンサートでバンジージャンプに挑戦した中丸くんは、

「バリバリした。腐るほどした。飛べない夢と落ちる夢も見た」

 と、"やっぱり"な回答。コンサート初日には、どうしても飛ぶことができず、客席から大ブーイングを食らったのだが、この時に「本気で心が折れて」しまったそうで「みんなが敵に見えた」んだとか。o(〃^▽^〃)oあははっ♪

しかし、実はこのラジオの収録後に行われた公演で、高さを半分の10mに下げて、なんとかジャンプすることには成功~!!その後も、飛べなかったり、人に譲ったり(!?)しつつ、最終日の8日目にして、20mの高さから無事にバンジーを成し遂げて、会場を大いに盛り上げた。そういう意味では、このイメージトレーニングも無駄ではなかったのかもしれない。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

このほか「聖が初日の前の日に髪を紅芋みたいなピンク色にしてきて、メンバーから『ダセェ』と言われて金髪に変えた」などのエピソードも披露されたこの日の収録。

6月には東京ドーム公演、夏は全国ツアーを控えているKAT-TUNメンバーたちだが、これからも、たくさんの裏話を披露して、コンサートをさらに盛り上げて欲しいものだ。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月29日 (金) | トップページ | 2009年6月 1日 (月) »