« 2009年9月25日 (金) | トップページ | 2009年9月28日 (月) »

嵐のコンサートでファンが暴走、松本潤のTシャツが引き裂かれる!

今秋、日本テレビにて『嵐 CHALLENGE week』の放送が決定した。これは嵐が1週間にわたって早朝から深夜まで同局の番組に出演するというもの。『ズームイン!! SUPER』『NEWS ZERO』など、さまざまな番組とコラボレーションも予定されており、1週間で約50時間相当の番組に出演するという。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

最終日には嵐おなじみの超大型実験も企画されているそうで、ファンには大忙しの1週間となりそうだ。 ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

そんな嵐だが、18、19日行われた福岡Yahoo!JAPANドームでの10周年記念ライブツアーも大盛況のうちに終了。19日のMCでは、「前日にメンバーで飲みにいこうって話していたのに、なりゆきで連絡係になった松本潤が寝てしまったため、約束が立ち消えになった」というエピソードを披露。

待っている間、二宮和也はひたすらゲームに没頭、櫻井翔はマッサージ、そして相葉雅紀と大野智は部屋で「みんないいヤツらだよね」「嵐っていいよね」と目を潤ませながら語り合ったことを告白した。 ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

10年たっても相変わらずの仲よしぶりだが、コンサートではちょっとした(?)トラブルもあったよう。( ̄△ ̄;)エッ・・?

「今回、マナー違反をするファンが多かったんです。うちわを頭上まで振り上げたり、挨拶のときに話も聞かずにメンバーに呼びかけたりってところまではまだかわいかったんですが、アンコールで松潤が客席に飛び込んだ際に、周囲のファンが殺到しちゃって......。松潤は10代らしきファンにTシャツを破かれちゃったんです。本人は『Tシャツ破れちゃったー』って笑ってたけど、一歩間違えたらケガしかねないくらいの勢いでしたよ」
(コンサートに参加したファン)

コール&レスポンスが定番化するほどファンと一体化して楽しめるのが、嵐コンサートの醍醐味。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

そのルールを破って暴走してしまうファンが出るほど嵐人気が加熱しているということなのだろうか。

とはいえ、こんなマナー違反が続けばコンサートの楽しみも半減してしまう。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

全員が笑って楽しめるよう、ルールはきちんと守って欲しいものだ。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長い髪をバッサリ、ショートなBoAが<東京ゲームショウ>にサプライズ登場~!!

日本、アジア、そしてアメリカと活動の幅を広げ続けているBoAが、そのトレードマークともいえる長い髪をバッサリとカット。キュートなショート姿で<東京ゲームショウ2009>(TGS)のシークレットゲストとして登場した!!(*'-'*)エヘヘ

BoAが衝撃的で新鮮な姿を披露したのは、9月26日の<TGS>バンダイナムコゲームズのステージ。キュートなショートカットになったBoAは、シリーズ累計1200万本を超える大人気RPG『テイルズ オブ』シリーズ、最新作Wii用ソフト『テイルズ オブ グレイセス』のテーマソングが、2009年12月にリリースが予定されている「まもりたい ~White Wishes~ 」に決定したことを報告・・・・なお、同曲の着うた(R)は、CDリリースに先駆けて10月末より配信される。\(o ̄∇ ̄o)/ハーイ

またBoAは、日本で約8ヵ月ぶりとなる新曲「BUMP BUMP feat. VERBAL(m-flo)」を10月28日にリリース・・・・この曲は、サウンドプロデュースに、2009年に10周年を迎えるm-floのVERBALを迎えた、超アッパーなダンスチューンとなっている。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム

BoAはロングヘアーの方が似合うと思う!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所属事務所が激怒!? 事実上の「引退」に追い込まれた絢香に同情論も・・・・

今年4月に俳優の水嶋ヒロとの結婚を発表した絢香が、今月23日にベストアルバム『ayaka's History 2006-2009』を発表。オリコンチャートのデイリー分で1位を獲得するなど、変わらぬ人気ぶりを見せつけている。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

絢香といえば、4月の結婚記者会見で、持病(バセドウ病)の治療のために音楽活動を休止することも発表・・・その休止理由には、多くの疑問の声が挙がっていた。(・_・?)

「バセドウ病は絢香がデビュー時からわずらっていた病気です。長年通院治療を続けながらやってきたわけですし、この時期に活動休止する理由としては無理があります。売り出し中の水嶋との結婚を強行した絢香に対し、両者の所属事務所である研音が激怒して事実上のクビを言い渡したのが真相のようです」(音楽業界関係者)エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゚ ゚

その言葉を裏付けるように、結婚会見後ほどなくして、絢香の所属レコード会社であるワーナーミュージックは、冒頭で紹介したベストアルバムの制作に着手。こうしたベストアルバムは通常、レコード会社やマネジメント事務所を離れる際に出されるものだが、「絢香とワーナーミュージックとの契約も白紙状態のようだ」(前出の関係者)。

一方で、音楽業界には絢香に同情的な声も多い。水嶋ヒロと交際する前、絢香にはバックバンドのギタリストでもあった交際相手がおり、週刊誌で二人の半同棲生活が報じられてもいた。水嶋ヒロはそんな二人の関係を知りながらも、絢香にほれ込み、強引なアプローチで交際に持ち込んだとされる。そうした情報が業界内で流れているため、今回の結婚劇で一方的に絢香が責任を取らされるのはおかしい、との意見も出ているのだ。"o(-_-;*) ウゥム…

「所属事務所である研音の内部で、俳優セクションと音楽セクションの綱引きもあるようです。近年、絢香や平井堅(系列のピンナップスアーティスト所属)など音楽系アーティストの活躍が目立ち、権利収入も伸びていましたが、やはり研音の主流は俳優セクションです。今回、絢香の処遇に関して、俳優セクションから厳しい声が飛んだといいます」(前出の関係者)

気になる絢香の今後だが、当面は引退状態に追い込まれる可能性が高い。しかし、確実に10万枚単位のセールスが見込める売れっ子歌手を、音楽業界が放っておくはずもない。

「研音に配慮する大手事務所は手を出しづらいだろうが、どこも欲しいのが本音。数年後、独立系プロデューサーの元などで再起を図るのではないか」(マネジメント関係者)(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン

"涙の復活劇"を狙う、音楽業界の動きも見逃せない。

確かに結婚を発表した絢香が急に治療のために音楽活動を休止、引退はおかしいなぁって思ったけどしょうがないのかもね。。。。(ーー;).。oO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬猿のマリエ&益若を尻目に、新カリスマモデルが誕生!!

9月12日、"カリスマモデル"たちが多数出演するイベント、『原宿スタイルコレクション』が東京・有明で開催された。会場では椿姫彩菜、平山あや、貫地谷しほり、小森純などが斬新なファションに身を包み、登場し会場を沸かせた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

ところが、観客を一様に驚かせたのが、モデル界で「犬猿の仲」だと噂されるセレブモデル・マリエと、ギャル教祖モデル・益若つばさが同じ舞台に立ったことだという。

「マリエは、過去に益若に対して、"同じモデルとして認めない"と大胆発言し、二人は顔を合わすのも嫌だと言われる程、仲が悪いとされていたんですよ」(大手芸能プロ幹部)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

 しかし当日、犬猿の二人が舞台に立ったことで、周囲はヒヤヒヤだったようだ。

「マリエと益若は同じコーナーで出演した訳ではないんですが、タッチの差で舞台に立ったんですよ。このため、楽屋裏で目が合い、肩が触れたなどといって大喧嘩になるのではないか、と厳戒体制が引かれていたと言いますよ」(イベント関係者)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

観客からも「よく犬猿の二人が同じ舞台に立ったね」と話題騒然になっていたという。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

 ところが、当日の人気ぶりでは意外や意外、ファンの歓声を一人占めしたのは、別のあるモデルだったというのだ。???r(・x・。)アレ???

「マリエ、益若以上に観客から歓声を浴びていたのは、『Popteen』などで活躍している小森純だったという話ですよ。彼女への若い女性たちからの声援は凄まじく、今後は小森がティーン女性のカリスマとして君臨して行くんじゃないんですかね」(芸能プロマネジャー)

一方、当のマリエと益若の人気はというと、「マリエは高飛車そうで好きになれない、とか。益若は実物を見ると、ずんぐりムックリであんまり可愛くない、とかマスコミを通さないリアルな声は厳しかったようです」(前同)「(´へ`;ウーム

どうやら、こうしたファンの生声を聞くと、大物二人はケンカなどしていられない状況のようだ。(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOKIO長瀬が相武紗季との結婚へ強行突破・・・!?

女優・相武紗季(24)との順調な交際ぶりがたびたび報じられているTOKIOの長瀬智也(30)。( ̄ー ̄(--*)

人目をはばからぬラブラブぶりで、年内のゴールインもうわさされている。長瀬くんはなんとか所属事務所幹部に結婚を認めさせようと、まずは“外堀”を埋めるため必死に動き回っているというが、果たして努力は報われるのか・・・?(-ω-;)ウーン

長瀬くんと相武紗季の交際が発覚したのは07年12月・・・・その後、何度か破局が報じられたが、昨年4月、一部週刊誌の直撃取材に対し、長瀬くんはあっさりと交際を認めた。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

「長瀬が直撃を受けた週刊誌は所属するジャニーズ事務所とは犬猿の仲で、取材に対するコメントはすべて顧問弁護士を通してやり取りしているほど。にもかかわらず、気さくな長瀬は話してしまった。軽率な行動をとったということで、幹部から大目玉をくらった」(芸能プロ関係者)

今年の正月には、長瀬くんが相武さんの実家付近で相武さんの家族とともに初詣をしていたのが女性誌で報じられ、すでに家族公認の仲であることをうかがわせた。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

「相武の方もとにかく長瀬と結婚したくてしょうがなく、ドラマの撮影の合間に長瀬とののろけ話をして周囲をあきれさせている。相武の事務所関係者は『スポンサーの件もあるから、デキ婚だけは勘弁してほしい』とこぼしていたようだ。2人は全く人目をはばからず、すでに削除済みだが女優の吉野紗香が2人のデート目撃談をブログに書き込む芸能界ではあり得ない珍事があった」(民放のドラマ制作関係者)

そんな中、ここに来て一部週刊誌が衝撃的な記事を掲載・・・・長瀬くんがなぜか元カノで歌手の浜崎あゆみ(30)の都内にある事務所兼自宅を単身で訪れ、事務所を取り仕切る浜崎あゆみの母親に、日本テレビ系の主演ドラマ「華麗なるスパイ」の放送終了後に相武との結婚を発表することを報告したというのだ。!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

「結婚の際は、かつての浜崎との交際が蒸し返されるから、ということを考慮してだそうで、優しい長瀬の人柄が表れているエピソード。記事ではジャニーズ、浜崎の事務所は否定。相武の事務所も結婚を否定していたが、おそらくジャニーズは何にも知らなかっただけだと思う」(芸能ライター)

長瀬くんの動きをみると、まるで相武との結婚に向けての“外堀”を埋めにかかっているようだが、現状では事務所が結婚を認めることはないという。
 「社長の目の黒いうちは、結婚は『1グループ1人』が暗黙の了解で、人気グループではSMAPはキムタク、V6は井ノ原快彦、TOKIOは山口達也が既婚者。長瀬は難しい」(同)( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ナント!!!

しかし、長瀬くんのこのままの勢いだと、“内堀”を埋めずに実力行使する可能性もありそうだ。

「どうも一連の報道をみてると、事務所関係者ではない長瀬に近い人間が意図的にリークしてるのでは。そんな“協力者”をうまく使って、いきなり結婚発表という手段も」(同)

長瀬が結婚に成功したとすれば、この戦術は、事務所の後輩の参考になるかもしれない。w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊助ファン感謝祭で新曲「いちょう」初披露~!!

歌手、遊助(30)=俳優名・上地雄輔=が26日、地元である神奈川・横須賀市のソレイユの丘で、ファン感謝祭「遊助ひまわり祭」を開催。11月4日に新曲「いちょう」を発売すると発表し、同曲を初披露した。(⌒~⌒)ニンマリ

約1万人で超満員の会場は、6月の感謝祭で同所の花畑に種をまいたひまわりの花のように、黄色一色に。

遊助は盆踊りの櫓(やぐら)をイメージした高さ約6.6メートルの特設ステージに浴衣姿で登場~!!炎天下、「チョー暑いよ。こんだけ集まってくれてありがとう!!」と汗を飛ばしながらあいさつした。アリガト♪(*'-^)-☆パチン

 イベントはサプライズづくしの内容で、「海賊船」を観客のかけ声を入れながら公開レコーディングしたほか、「さくら物語」のお囃子入り盆踊りバージョンを全員で歌い踊る一幕も。。。。終盤には「『いちょう』には鎮魂や長寿という花言葉がある。ひとつひとつを大事に魂を込めてみんなの力になれたらと思います」と語り、新曲を初披露♪( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 全5曲をバラエティーに富んだ演出で楽しませ、「みんなのありがとうがあるからオレのありがとうがある。素晴らしいキャッチボールが永遠に続きますように」と笑顔を見せていた。(⌒~⌒)ニンマリ

相変わらず上地雄輔くんの人気はスゴイみたいですね。。。。

上地くんはイイ人そうだけど私は好きじゃない。。。。( ̄_ ̄ )。o0○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はんにゃ、“アイドル化”に「恥ずかしい」とテレ笑い

お笑いコンビのはんにゃが27日、東京・福家書店新宿サブナード店で初の写真集『うらっつら』の発売記念握手会を行った。握手会前のインタビューで、アイドルがイベントで利用することの多い同店での開催に、“アイドル”と肩を並べた気分は? と報道陣に問われると2人(川島章良、金田哲)は声を揃えて「だから恥ずかしいんですよ!」とテレ笑いを浮かべたとか・・・( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

同写真集は、先日東京・SHIBUYA-AXで行われた単独ライブのご褒美としてプレゼントされた1泊2日の沖縄旅行の模様を収録・・・・普段メディアでは見せない2人の“裏の顔=うらっつら”が掲載されている。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

金田は、同作で見せた水着カットに「バストを出しちゃってますから。(ヌードを)求められてますよ。心までスッポンポンにされた」と興奮気味に語り、川島は「僕は全部(脱い)でも良かったんですけど、ダメって言われた」とエピソードを披露し、笑いを誘った。

その出来映えには「100点」(川島)、「ある意味100点。30~40歳になったときに読み返したい」(金田)と揃って満足げ。また1000名限定の握手会は早朝から行われたが、金田はまだ目が開ききらないといった表情ながら「これから目覚めます!」と気合十分に語った。(⊂●⊃_⊂●⊃)

一方、川島は「僕(との握手を)をスルーして金田のところに行くんじゃないかって不安。数えておこうと思います」と緊張の面持ちだった。

どんな人が写真集買うのかしら。。。うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーパン生活の堂本光一、ライブ開始前も相方の前で脱いじゃった!!

「部屋にいるときは基本的に裸!」( ̄ー ̄)ニヤリッ

こんなアイドルらしからぬ大胆発言がすっかりおなじみになっているKinKiKids・堂本光一くん。部屋の中を素っ裸で......なんてスタイルも、彼が言うと下品に聞こえないところがさすが。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

そんな彼が、8月18日の「どんなもんヤ!」(文化放送)で"ノーパン"にまつわるエピソードを話してくれ た。

それは数年前、舞台に出演していたときのこと。基本的に寝るときも素っ裸の光一くん。さすがに舞台中は風邪予防のため、ノーパンではあるものの部屋着は着用していたというのだが......。

光一「ちょっと冷えるし、このまま上にジャージ着て、行ってしまおかと。ほいで、(劇場で)シャワー浴びようと脱いだときに『あれ?パンツがない!』と思って。1幕をノーパンでやったことある」
剛「おっさんやな~。びっくりしたよ」
光一「いや、てっきり履いてるもんやと思ったから。その上にジャージで完璧やと思って行ったからね」

 とりあえず、この日はついうっかり......だったようだが、実はそれ以外にも"故意に"ノーパンで出演したステージがあったという。( ̄ェ ̄;) エッ?

 それは過去に行われた堂本ブラザーズバンドセカンドライブ(06年)でのできごと。MCの際に相方の剛がファンの前でいきなりこう切り出した。

剛「そうそう、光一は今ジーパンの下、ノーパンやからね。ステージに出る2分前に『オレやっぱ脱ぐわ』って」

 なぜライブ直前にそんな心境になったのかは謎だが、開放感によってテンション上げようと思った......のかも?Σ(^∇^;)えええええ~

 ただ、衣装の下がノーパンだった、と思うとカッコいいステージも違った角度で見えてくるから何だか不思議。

あれだけキレのあるダンスを披露し、クオリティの高い舞台を作り上げているにも関わらず、こんなうっかりミスを犯してしまう天然ぶり。

この魅力、なかなか常人に真似できるものではなさそうだ。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「完全に終わった」 沖縄ブーム終焉でオレンジレンジが苦境に・・・

沖縄出身のバンド、オレンジレンジが8月5日に発表した新作アルバム『world world world』の売れ行きが振るわない。=( ̄□ ̄;)⇒

現在の売上枚数は4万枚強(オリコン月間チャートより)。2004年に出したセカンドアルバム『musiQ』(ソニーミュージックエンタテインメント)が200万枚を超えるセールスを記録したことを考えると、彼らはわずか5年足らずの間に、1/50まで売上枚数を減らしたことになる。・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

オレンジレンジといえば、"沖縄出身バンドブーム"の中心的な存在だった。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

あるレコード会社関係者は「音楽業界における沖縄ブームは完全に終わりました」と証言する。

「01年にモンゴル800が発表したアルバム『MESSAGE』(ハイウェーブ)が300万枚売り上げたことをきっかけに、沖縄出身バンドの快進撃が始まりました。オレンジレンジ、HYなどが彼らに続き、いずれも100万枚を超えるヒット作を出しました。それを受けて、多くのレコード会社が新人を"青田買い"するため、スタッフを現地に派遣するなどしていましたが、ブームはほどなくして沈静化。今でもそれなりに売れているのはHYくらいで、あとは閑古鳥が鳴いている状態です」(-ω-;)ウーン

ブーム期には、実績のない新人バンドに対して、レコード会社が多額の契約支度金を準備するなど、札束が乱れ飛ぶ局面もあったという。しかし現在では、レコード会社による"沖縄詣"の機会も激減。。。。今回のオレンジレンジのセールス不調が、そうした沖縄離れの傾向に拍車をかけそうだ。

「沖縄出身で、音楽的能力の高いアーティストが多いのは事実です。オレンジレンジも新作で頑張っていましたが、あれだけ売上が落ちると、レコード会社としてもさすがに厳しいでしょう。もっと売れている間に、プロデューサーを替えるなど、何らかの手を打つべきだったのでは」(マネジメント関係者)(-ω-;)ウーン

沖縄在住の音楽関係者によれば、オレンジレンジのメンバーに対して所属事務所から支払われる給与は、同世代の一般サラリーマンよりも少ない水準だという。(・_・;)_・;)・;);)) ナントッ!!

他にも印税支払いがあるとはいえ、あれほどの大ブームを巻き起こしたバンドとしては、なんとも寂しい現状のようだ。

まだ若く、一定の音楽的評価もある彼らだけに、今一度の奮起を期待したい。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月25日 (金) | トップページ | 2009年9月28日 (月) »