« NHK来春朝ドラ『ゲゲゲの女房』新キャストに南明奈ら 杉浦太陽が“ねずみ男”に! | トップページ | 小栗旬がデザインしたNIKEシューズは“ゴッドファーザー” »

来夏公開映画『NECK』で相武紗季と溝端淳平がホラー作品初挑戦!!

女優・相武紗季が小説家・舞城王太郎原作の来夏公開映画『NECK』に主演することが12日、わかった!!(*'-'*)エヘヘ

独自の研究でお化けを作ろうとしている不思議な女の子・真山杉奈を演じる相武紗季は同作について「“ホラー”というジャンルが初めてで、怖いものになりそうな予感もしてますが、その中でも恋の“胸キュン”があったり、ただ怖いだけではない、いろいろな要素がある作品です」と説明・・・・衣装では白衣を着用し、役作りのために髪型を変えるなどイメージチェンジを図っているという。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

共演者には溝端淳平、栗山千明、平岡祐太らが名を連ねている。\(^▽^)Λ(^▽^)Λ(^▽^)/ 

相武紗季と同じくホラー映画初出演となる溝端くんが演じるのは、マイペースな杉奈に恋する大学生・首藤友和役。溝端くんは「杉奈に振り回されまくる子犬のような青年です。観た人が爽快さを感じたり、笑ったりしながら、ブルッと震えてしまうような、誰も見たことが無い作品になると思います」と意気込みを語る。( ̄o ̄)o オゥ!

タイトルが表すように“首”をモチーフにした作品・・・・首藤が、あこがれのクラスメート杉奈の研究室に呼ばれて行くと、なぜか木箱に入れられ、首だけ出されてホラー映画を見せられる。この木箱=ネックマシーンに仕掛けられた恐怖の世界と、杉奈と首藤の恋の駆け引きが絡み合う。さらに平岡演じる杉奈の幼馴染で人気作家の越前魔太郎、栗山演じる魔太郎担当の美人編集者が、杉奈の“研究”に巻き込まれていく。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 2001年に『煙か土か食い物』でメフィスト賞を受賞し、その特異な文体と構成力で注目を浴びる舞城氏が、同一モチーフで映画用と舞台用に異なるストーリーを書き下ろした。舞城氏は「単純なのに、一筋縄ではいかないような、オリジナリティのあるオリジナル。ご期待ください」と自信をのぞかせる。

監督はテレビドラマ『永遠の仔』『天国の階段』のような骨太な人間ドラマから『ランチの女王』『不機嫌なジーン』等のラブコメディまで幅広く演出を手がける白川士氏が務める。同作で映画監督デビューを果たす白川氏は、「“怖い”を存分に味わっていただきつつ、“胸キュンホラー”という新しいジャンルの作品に仕上げたい」と意欲を燃やす。

映画版と同じモチーフ・異なるストーリーで展開される舞台版はひと足先に、青山円形劇場で2010年2月12日から公演☆

映画版に出演する溝端くんは舞台版にも出演し、ほかに板尾創路、森崎博之(TEAM NACS)、鈴木浩介がキャスティングされた。

映画版は2010年夏に公開予定だって!!

ブザービートに出てた時の相武紗季のチョー嫌な女の役がすごくいい感じだった!!('ー') フフ

|

« NHK来春朝ドラ『ゲゲゲの女房』新キャストに南明奈ら 杉浦太陽が“ねずみ男”に! | トップページ | 小栗旬がデザインしたNIKEシューズは“ゴッドファーザー” »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来夏公開映画『NECK』で相武紗季と溝端淳平がホラー作品初挑戦!!:

« NHK来春朝ドラ『ゲゲゲの女房』新キャストに南明奈ら 杉浦太陽が“ねずみ男”に! | トップページ | 小栗旬がデザインしたNIKEシューズは“ゴッドファーザー” »