« 2009年12月 8日 (火) | トップページ | 2009年12月10日 (木) »

2009年度・人名検索ランキング1位は「嵐」 不動の人気を証明

Yahoo! JAPANにおける2009年の『検索キーワードランキング』を発表。

今年、注目された芸能人の指標にもなる『人名ランキング300』では、音楽系人気グループが上位を独占。1位【嵐】、2位【東方神起】、3位【EXILE】と常に話題を提供し続けた3組が上位TOP3を占めた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

一方、総合部門では動画サイト【YouTube】が2連覇を達成している。

■目覚しい活躍を見せた嵐が首位、東方神起は圏外から2位へ急上昇

 最も検索された人名となった「嵐」は、今年でデビュー10周年☆これを記念し、8月に発売されたベストアルバム『All the BEST! 1999-2009』は発売1週目で75.3万枚を売上げ、本年度初動売上げNo.1を記録☆その後も発売から13日目でミリオンを達成した。また10月に発売したDVD『5×10 All the BEST! CLIPS1999-2009』も、音楽DVD史上初となる売上げ50万枚を突破するなど、まさに今年の“顔”といえる活躍ぶりだった。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

続く2位の東方神起については、昨年の圏外から上位に急浮上したことに、同社は「ブレーク度でいえばダントツ1位といっていい」と分析・・・・8月にはグループの解散問題が報道されるなど、ファンならずとも関心度は高かったといえる。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

3位のEXILEは昨年トップから2ランクダウンとはいえ、グループの増員や個人でのドラマ、映画出演など高い話題性をキープし続けてきた。(* ̄^ ̄)(*▼_▼)(* ̄^ ̄)(*▼_▼)ウンウン♪

■今年最も“人名検索された”俳優「佐藤健」、女優は「北川景子」

音楽系グループが上位を占める中、人名部門の4位には俳優の【佐藤健】、5位には女優【北川景子】がランクインし、男優・女優別でそれぞれトップに。佐藤健は前年13位から上昇、北川景子は前年20位圏外からの大幅ジャンプアップと、2人にとって大きな飛躍の1年になったことを証明した。(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ

佐藤健は2007年に仮面ライダーシリーズの『仮面ライダー電王』で初主演を務め、翌年にはドラマ『ROOKIES』で多くの女性ファンを獲得☆そんな佐藤健が、今年さらに注目を集めたのがドラマ『メイちゃんの執事』。“ツンデレ”なイケメン執事役でさらにファン層を広げた。来年にはNHK大河ドラマ『龍馬伝』への出演も決定しており、さらなる活躍が期待される若手俳優の1人だ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

そして昨年の同ランキングで20位圏外だった北川景子は、今年7月以降に“月9”ドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』でヒロインに抜擢され、大きく検索数を伸ばした。同時発表された『画像検索ランキング』で3位に急浮上していることからも、彼女への関心の高さがうかがえる。来年3月には主演映画の時代劇『花のあと』の公開も控えており、トップ女優として着実な一歩を踏み出しつつあるといえる。☆*~゚⌒('-'*)⌒゚~*☆ウフフ♪

嵐の今年の活躍はスゴイと思う!!(*'-'*)エヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師丸ひろ子が美肌自慢「まだみずみずしい」

豊川悦司と薬師丸ひろ子が夫婦役で共演する映画『今度は愛妻家』の完成会見が7日、都内で行われ、豊川さんと薬師丸さんのほか、水川あさみ、濱田岳、石橋蓮司、行定勲監督が出席した。ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ

映画は2002年に初演された同名舞台が原作・・・・結婚10年目にしてある局面を迎えた夫婦の関係を、コミカルに、時にはシリアスに描く。行定監督が「自分と同じ世代を主人公にした映画を作りたい」と数年前から企画していた作品。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

「脚本を読んで心が震えた」という薬師丸さんは、「話が大きく展開するところでドキッとして、そこから切なくなったけど、ただ切ないだけではなく、心の中にろうそくの灯をともしたような幸せな気持ちになった」と笑顔でコメント。(⌒~⌒)ニンマリ

印象的なシーンとして「豊川さんが私のほっぺたに、スライスしたトマトをくっつけるシーン」を挙げ、「撮影前に助監督さんたちが何度か試したけど、なかなかくっつかなかったらしくて。でも、私のほっぺたにはピッとくっついた。私(の肌)はまだみずみずしいんだ!とうれしかった」と得意げに話し、会場を沸かせたとか・・・うふ♪(* ̄ー ̄)v

一方、世話焼きなオカマを演じた石橋さんは「セリフよりも、自分の美しさとか、化粧時間の長さとかが気になった。水川さんが私をライバル視していてね。美しさの競い合いは勉強になります」と笑いを取り、行定監督が「石橋さんは(撮影以外でも)ずっとオカマ言葉なんですよ。気持ちいいんでしょうね」と明かすと、豊川さんは「いい役ですよねー。女装して解き放たれた石橋さんを見ていたら、僕も女装してぇなと思った」とうらやましがっていたらしい。(。・m・)クスクス

薬師丸さんは演技も上手いし、この映画すごく面白そうなので観に行きます!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝沢秀明がドン・キホーテで入手したオトナのアイテムとは?

いわゆる"ジャニーズアイドル"っぽい衣装が抜群に似合う反面、「私服はたいていジャージ」と、プライベートでは意外にゆる~い生活を送っているという滝沢秀明。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

つい最近も、20代男性としてどうなの? というようなモノに興味を持ったようで......。11月28日に放送されたラジオ『滝沢電波城』で、思わずつっこみたくなるようなエピソードを披露してくれた。

「最近の話なんですけども。この間、友達と集まってですね。みんなでメシ食べて、ちょっと飲みに行こうか、みたいな感じになったんですよ。で、もう一軒行こうかみたいな雰囲気になって、『どうしよう、平日だから、お店ないんじゃないかな?』とか言いながら、とにかく、どっか行こう! ってことになって。急きょ、よく僕がこの番組で話しています、ドン○キー(編集部注・伏せ字のつもりでドンマルキーと言ったらしい)ですか? 黄色い看板のお店にみんなで行こう! みたいな。ま、ノリでね」

前々からドン・キホーテを愛用していると明かしていた滝沢くん。昨年のバレンタインデーには、今井翼から"梅あられ"をもらったお返しに、ドン・キホーテで"パイン飴"を大人買いしたことも。o(*^▽^*)oあはっ

ちなみにこのときは、ちょうど行われていたタッキー&翼のコンサートに来たファンにも飴のおすそわけがあったとか。

そんなお気に入りの場所に足を踏み入れ、「せっかく来たんだから買わなきゃ!」という使命感(?)に駆られた滝沢くんが手にしたものとは......。((o('∇'*)oドキドキo('∇')oワクワクo(*'∇')o))

「ついにね、この年でセカンドバックを手に(笑)。ふふ、絶対使わないだろうとか思いながらも、まぁ何かノリで、ここは買っとかないといけないのかなと」

 それほど高いものではなかったとはいえ、なぜあえてセカンドバッグに目がいったのかは謎。滝沢くんいわく「ここで買っておかないと一生ないなと思ったので」と言うが、別に一生持たなくてもよさそうなものなのに......。そんなファンの声をよそに、

「買ったあとは無駄にその中に荷物を入れたりとかして。脇にはさんで街を歩きましたけども、ちょっと気持ち良かったですね~」

 と、意外にもおじさんアイテムにご満悦のご様子。( * ^)oo(^ *) クスクス

ジャニーズ内でのセカンドバッグ愛用者といえば、思い浮かぶのがSMAP中居正広や、デビュー時のV6坂本昌行。(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン

またKinKi光一や関ジャニ∞村上信五も、たまに持ち歩いているという目撃情報があるが、いずれもファッションセンスが......な方々ばかり・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー

滝沢くんもその仲間入りを果たしてしまうのか?ブン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ブン

 今ならまだ引き返せるとは思うのだが、今後の動向から目が離せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌手デビューのベッキー♪♯が初のTOP10入り

芸能活動10周年を経て、本格的な歌手デビューを果たした“ベッキー♪#”のシングル「心こめて/ハピハピ」が、12/14付シングルランキングの10位に初登場した。(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!

タレントとして活躍するベッキーが“ベッキー♪#”の名義で歌手活動を開始し、2日に神奈川・ラゾーナ川崎で行われたデビューCD発売記念イベントでは、1万人の前で歌声を披露した。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

ベッキー♪#は、「3月に『ベッキーの♪心のとびら』という本を出させていただいて、それがきっかけでCDデビューすることになったんです。扉が次の扉へとつながって、それがまた次の扉へとつながっていて、本当にいろんなことを経験した濃い1年でした」とデビューについてコメント。

イベント会場でも「長い時間かけてきてやっと歌手としてスタートができるんだな」と喜びを語った。なお、そのイベントには短くカットしたショートヘアで登場し、CD化されていない曲も歌うなどで新たな活動スタートを盛り上げた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

なお、今週12/14付シングルランキングの首位に初登場したのはシンガー・ソングライターの椎名林檎を中心とした5人組バンド・東京事変の約2年ぶりのシングル「能動的三分間」。アルバムでは『大人(アダルト)』(2006年1月発売)で首位を獲得している東京事変だが、シングルでの首位獲得は今回が初めて☆シングルでは、「群青日和」(2004年9月発売)、「遭難」(2004年10月発売)、「OSCA」(2007年7月発売)の3作で記録した2位が最高位だった。

ベッキー歌が上手くてビックリしたし、いい曲だと思う!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深キョンの限界露出 きっかけはライバル・黒木メイサ!?

女優・深田恭子(27)のエロい演技が話題となり、興行的にも大成功を収めた映画「ヤッターマン」。その第2作が早くも検討されているという。(゚∇゚ ;)エッ!?

しかも、注目の露出度がさらに増しそうだというから待ち遠しい話だ。深田恭子が大胆演技に積極的なのには、上り調子の女優・黒木メイサ(21)の存在があった。...?^^);・・)?゚◇゚)?

 「映画『ヤッターマン』の第2弾の企画がスタートしたようです。ストーリーは、深田恭子演じるドロンジョの生い立ちに迫った外伝。来年の夏から秋にかけての公開となりそうです。配給元の松竹も、『ヤッターマン』は『おくりびと』に次ぐ約50億円の興行収入を稼ぎ出した作品だけに、新作にも力を注ぐのは間違いありません」(芸能ライター)(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

今春、深キョンこと深田恭子が演じた“エロいドロンジョ”が大好評を博した映画「ヤッターマン」の続編が、早くも来年見られるという。

「当然、気になるのは深キョンの衣装と“艶技”。前作では、白いやわ肌巨乳を黒いレザーで締め上げ、入浴シーンも盛り込まれましたが、新作ではさらに肌を隠す面積が狭くなり、背中や下腹部のヘソあたりには透明なビニール生地の使用もありそうです。”Vゾーン”もさらに鋭角になるもようです」(芸能リポーター)(。-_-。 )ノハイ

ここまで深田恭子が“やる気”になっているのには理由がある。
「同じく来年公開予定の実写版『宇宙戦艦ヤマト』では、黒木メイサがヒロイン・森雪をレザースーツ姿で演じますが、深キョンはメイサに対して並々ならぬライバル心を燃やしていて、過激なエロチックシーンにも挑戦しそうだというのです」(芸能ライター)

プライベートでは、モノマネタレント・清水アキラの三男でイケメン俳優・清水良太郎との順調な交際ぶりが伝えれられているが、同時にある変化も起こっているという。(・_・?)

「大のお笑い通として知られる深キョン。良太郎からもモノマネ芸を教えてもらって、おおいに盛り上がっているようなのです」(芸能リポーター)
 良太郎は父親のアキラが舌を巻くほどのモノマネ上手とか。また、深田が良太郎と付き合う気になったのも、良太郎のモノマネスキルと優しさに引かれたからだといわれている。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

「女優を長く続けていくためには、幅広い役をこなしていかなければなりません。彼女にとってモノマネはいい刺激。志村けん、井上陽水、滝川クリステルらをマスターして、清水親子を驚かせているようです」(同)w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ

酒や食欲に走ってかつてのような“デブキョン”になるよりはまし、と関係者は温かい目で見守っているという。うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 8日 (火) | トップページ | 2009年12月10日 (木) »