« 2009年12月15日 (火) | トップページ | 2009年12月18日 (金) »

『M-1』優勝予想、“ヤホー漫才”ナイツが期待度1位☆

今年で9回目の開催を迎えた漫才師世界一を決める『M-1グランプリ2009』。先ごろ決勝戦へと勝ち進んだファイナリスト8組が発表され、敗者復活組を加えた計9組が熱戦を繰り広げる。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

これまでの歴代優勝者は、チュートリアル、アンタッチャブル、ブラックマヨネーズなど、同大会を機に大きく飛躍を遂げたコンビばかり。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

そこでORICON STYLEでは、一足早く今年の優勝者を予想。その結果、2年連続決勝戦進出、昨年3位の成績を残したコンビ【ナイツ】が1位に支持され、続く2位には未定の【敗者復活組】、そして3位には8年連続決勝進出、かつ今大会が最後の挑戦となる【笑い飯】の名前が挙がった。ハイ(^-^)/

今年の決勝戦にコマを進めたのはナイツ、南海キャンディーズ、東京ダイナマイト、ハリセンボン、笑い飯、ハライチ、モンスターエンジン、パンクブーブーの8組。ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ

このなかでダントツの期待値を誇ったのがナイツだ。揃って地味なスーツに身を包み、派手なアクションや奇をてらったキメ台詞などは一切盛り込まず、今に受け継がれる“東京漫才”のスタイルを、さらに進化させてきた実力派コンビ。「頭を使った漫才だと思う。派手さはないけど堅実さがある」と、若い層からも支持を獲得。“ヤホー”で調べた、言い間違いだらけのネタは「職人芸にも近いボケの数と素早いツッコミはセンスも努力も見えるコンビ」と、その実力は折り紙つきといえる。 (^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

そして2位には、決勝戦当日に決定する【敗者復活組】が登場☆この結果は、ある意味現在の『M-1』を象徴する流れと言えるだろう。這い上がってきた人間による独特の勢いは、ファイナリストにとっては脅威的な存在。「まさかの展開を期待したい」、「最近敗者復活から優勝や準優勝しているから」と、過去の決勝戦で展開されてきたサンドウィッチマンの優勝やオードリーの快進撃を重ね、その未知数の力に期待を寄せる意見が多数挙がった。ちなみに今回のアンケートでは、優勝者予想と共に「敗者復活枠予想」も実施。1位には昨年の“M-1王者”である【NON STYLE】、続いて2位には栃木弁漫才で知られる【U字工事】、3位には【キングコング】といった強豪たちの名前が挙がっている。

続いて3位には、『M-1』常連・笑い飯が登場。「今年が最後のM-1なので他のコンビとは意気込みが違うから…優勝してほしい!と、ほとんど願望です」、「8年連続は実力があるとおもうから」というファンからの熱い声援が届いた。ボケにボケを被せ続ける独特な世界観を確立した2人に対して“今年こそは!”と願わずにはいられないようだ。 ( ̄― ̄)(―_―)( ̄― ̄)(―_―)ウンウン

2001年からスタートした同大会は、回を重ねるごとにエントリー数を更新し続け、今年は昨年より140組より多い4,629組が予選に参加。だが、今年も数多くの芸人たちが『M-1』という舞台に照準を定め儚く散っていった。文字通り、命を削りながら決勝戦の場に立つ9組の“笑いの求道者”たち。果たして今年は、どの漫才師が一夜にしてスターの座を勝ち取るのか、俄然注目が高まる。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IMALUがデビュー盤ジャケットで“破壊行為” テーマは「イメージをぶっ壊す!」

来年1月に発売される明石家さんまと女優・大竹しのぶの娘でタレントとして活動しているIMALUの歌手デビューシングル「Mashed potato」(マッシュド・ポテト)のジャケット写真がついに解禁された。「“本当の私”をちゃんと伝えたい!」という思いを込めて作詞にも挑戦した楽曲で、通常盤のジャケットでは「イメージをぶっ壊す!」をテーマに、IMALUが豪邸の中に鎮座する高そうな“壺”を、マイクスタンドを振り回してぶち壊している瞬間を捉えた。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

IMALUは「私のイメージや周りにある嘘を消したいという気持ちが込められています」とコメントしている。

「スタッフの方々からいろんなコンセプトを出して頂いて、私のアイディアとみんなの意見が一致したのが“物を壊してる”ものでした。私のイメージや周りにある嘘を消したいという気持ちが込められています。曲がポップなわりにジャケットがクールなギャップが気に入ってます」と、ジャケットについて説明するIMALU。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

そんな彼女の本音を1曲にまとめたのは、90年代のパンク・シーンを牽引したバンド・Hi-STANDARDのベース&ボーカルで現在はソロで活動している難波章浩で、IMALUの本音を発信していくその勇気とスタンスに共感し、楽曲をプロデュース。

また、この過激な通常盤のジャケットとは違った雰囲気の初回限定盤のCDジャケットでは、ご意見番としてアイデアを提供、彼女をバックアップした。
結構私はIMALUちゃんハキハキしてて好きだなぁ~!!歌もちょっと聞いたけど結構上手かった!!(*'ー'*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最も輝いた男性に嵐・櫻井翔、笑福亭鶴瓶ら 『GQ Men of the Year2009』

嵐の櫻井翔や落語家でタレントの笑福亭鶴瓶らが、今年最も輝いた男性たちに贈られる『GQ Men of the Year 2009』を受賞し16日、都内で行われた授賞式に出席した。(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ

櫻井くんは「『GQ』は創刊時から愛読していて、憧れの賞だったので光栄」とトロフィーを手に満面の笑み。( ̄∇+ ̄)vキラーン

鶴瓶さんは「こんなん初めてで嬉しい。今でも信じられない。2009年の1番えぇ男でしょ?」と笑いが止まらない様子で喜びを語った。

その他の受賞者は、東北楽天ゴールデンイーグルスの岩隈久志投手、脚本・演出家の三谷幸喜、日本マクドナルド代表取締役兼CEOの原田泳幸氏が選ばれた。

会場には2009年を象徴する男たちが勢揃いした。櫻井くんは「原動力はファン」と感謝し、嵐として「アジアツアーをやって、国境のボーダーが無くなっているのかなって感じた。僕たちは11年目に入りますが、今年まいた種が花咲くような活躍をしたい」と来年の抱負を語った。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

 鶴瓶さんは「やりたいことがやれた1年。噺家の先人がやれなかったことをやるのが目標。ニューヨークの現地の人の前で古典落語をやるのが夢ですわ」と海外にも視野を向けた。一方、三谷さんは「原動力はファンです」という櫻井くんの言葉にかぶせたり「目標はオバマ大統領。同い年なので、今後も手を取り合っていきたい。会ったこと? ないです」など、笑いで存在感をアピールした。

櫻井くんは俳優やキャスターとしても活躍し、今年デビュー10周年を迎えた嵐としてはベストアルバム『All the BEST!1999-2009』でミリオンヒットを記録☆年末には初の紅白出場も控えている。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

鶴瓶さんは、初の主演映画『ディア・ドクター』が国内外で話題を集めるとともに、落語文化の伝承貢献も評価された。\(o ̄∇ ̄o)/ハーイ

岩隈投手は2連覇に貢献したWBCでのMVP級の活躍や、エースとしてチームを球団初のクライマックスシリーズに牽引したことが決め手。三谷さんは日本オリジナルミュージカル『TALK LIKE SINGING』を国内に先駆けてオフ・ブロードウェイで上演する史上初の快挙を実現するなど、その名を海外に轟かせた。原田氏は第3四半期決算で2001年の上場以来、最高の連結営業利益を記録するなど、経営手腕を発揮している。

 同賞は、アメリカ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、韓国など世界10か国で開催されているインターナショナルな賞で、日本では今年4回目の開催☆独自の信念を貫く強さや行動力を持ち合わせた者へ贈られる。

会場には「日本を代表する女性」として女優の黒木メイサが花束贈呈に駆けつけた。

櫻井くんは納得!ヽ(〃^-^)/★*☆オメデトー

幅広い活躍を期待してます!!(*'-'*)エヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“踊る3”来夏公開!青島刑事が係長に昇進!!

俳優、織田裕二(42)主演の大ヒットシリーズ最新作「踊る大捜査線 THE MOVIE3」(本広克行監督)の公開が、来年7月3日に決定したことが15日、分かった。( ̄ー+ ̄)

織田さん演じる青島刑事は、ナント係長に昇進。その青島刑事がいきなり8つの事件に巻き込まれるハラハラドキドキの展開になるという。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

また、故いかりや長介さん(享年72)が演じた和久指導員は病死した設定に。。。。出演陣は年明けからの撮影に向け、気合たっぷりだ。

昨春に製作決定を発表して以来、極秘裏に進められていた“踊る3”の公開日がついに来年7・3に決定☆気になるストーリーの一端も明らかになった。

実写邦画としてトップの興収記録を誇る「踊る大捜査線 THE MOVIE2」から7年ぶりとなる待望の続編では、青島刑事がナント係長に昇進しており、新たな部下も登場するという。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

晴れて出世した青島だが、いきなり難事件に遭遇する。製作関係者によると、新作で描かれるのは、湾岸署が新庁舎へ移転する直前の3日間。

関係者は「詳細はまだ明かせない」としながらも、青島刑事が病魔に襲われること、おとぼけ三人衆、スリーアミーゴス(小野武彦、斉藤暁、北村総一朗)の解散!?、さらに和久指導員が病気で亡くなっていた!?など衝撃の事実も明かした。また、柳葉敏郎(48)演じる室井警視正も官房審議官に昇進。アッと驚く新キャストも登場し、湾岸署は“ネクストジェネレーション”に突入するという。((o('∇'*)oドキドキo('∇')oワクワクo(*'∇')o))

劇中では、湾岸署メンバーが、和久さんの遺志をしっかりと継いでいることが分かるように描かれるといい、織田さんは青島刑事になりきり、「和久さんの遺志を継いで、部下たちには『疲れるほど働くな』と申しておりますが、そうも言っていられなくなりそうです」とにコメント。

過去2作はいずれも興収100億円を突破するなど日本映画界に金字塔を打ち立てた超人気シリーズ。

最新作公開決定の報に、期待は高まるばかりだ。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

すごい楽しみです!!期待してます!ウキウキ♪o(^-^ o )(o ^-^)oワクワク♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

e加藤清史郎、初“着ぐるみ”の黒ネコ姿でCM出演!!

g人気子役の加藤清史郎が、『クロネコヤマト引越しセンター』新CM(19日より全国でオンエア)に出演することになり16日、都内で行われた発表会で共演者の子役・佐々木りおと共にCM同様の“黒ネコ”姿を報道陣に初お披露目した。(⌒~⌒)ニンマリ

また、前田健が振り付けを担当したコミカルダンスを踊った加藤くんは、その出来栄えについて悩んだ末に「90点!」。自身の黒ネコ姿には「どうなんでしょう~」と照れながら語っていたとか・・・(///∇//)
プライベートでも仲良しという佐々木を前に加藤くんは「同じ劇団なので、いいところを見せなきゃなと思いました」と男らしいコメント。

今回、初めて着ぐるみに挑戦し「緊張した」と明かしたが、CMでは「引越~引越~ニャオ!」と、可愛らしさ全開の黒ネコを2パターンで熱演している。また、100回ほど収録したというダンスについては「とにかく難しくて全然ダメだったけど、何とかクリアしました」と感想を語っていた。

発表会後、報道陣の取材に応じた加藤くんは次に“着ぐるみ”に挑戦したいものとして「サルかチーターか犬ならチワワ」を挙げ、「クリスマスは金属バットとゲームと阪神タイガースの筆箱が(プレゼントとして)欲しい」と小学生らしい夢をコメント。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

また、今後出てみたいCMを聞かれると、ドリンク剤の名ゼリフ「ファイト~一発!」と叫んでみせ周囲を笑わせていた。(⌒~⌒)ニンマリ

加藤清史郎くんはほんと可愛い!!

今年は凄い活躍だったね!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ELTのボーカル、持田香織の声にファン騒然!?

2009年に実施されたアンケートを基に、今の日本を代表するアーティストを選出した音楽の祭典『日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2009』が15日、日本テレビ系列で午後7時より放送された。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

櫻井翔(嵐)が初司会を務めることや、EXILEや嵐といった旬のアーティストから、桑田佳祐や浜崎あゆみに至るまで、豪華な出演者が放送前から話題となっていた。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

 時代を超えたヒット曲23組56曲のうち、放送の序盤で「Every Little Thing」が登場。数年前からインターネット上では、ボーカルの持田香織の声に対して「高音が出ていない」「音程が外れている」との声が上がっていた。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

今回も放送直後から、ネット上では「ベストアーティスト2009見てたんですが、ELTの持田、全然声出なくなりましたね」「ウワサでは『急性気管支炎』を患ってから、声が出難くなったそうだが可哀想だけど、やはり披露するにはチョット問題ではないか」「しかしながら…持田香織さんが心配です」「喉つぶされてからの持田香織は、なんか見ているだけで泣けてしまう」といったコメントが寄せられている。

持田香織は2004年から2005年にかけて開催されたコンサートツアーの際に、急性気管支炎を発症・・・・その後に、歌い方を変更したという。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

1996年に初のシングル『Feel My Heart』でavex traxからCDデビューし、今年で結成13年となったELT。今月23日には初のコンプリートベストアルバム『EveryBest Single~COMPLETE~』の発売も予定されている。

このアルバムには、5番目に発売され、シングルとしては初めて日本語のタイトルとなった『出逢った頃のように』も収録されている。

持田さんの歌声が変化しても、ファンの声援は出逢ったころのままのようだ。(ーー;).。oO

昨日TVで見たけどほんとに音程が外れててビックリした。。。「(´へ`;ウーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐時代本格到来! ついに『ザテレビジョン』からも消えたSMAPの凋落・・・

思えば、草なぎ剛の飲酒全裸事件ばかりがクローズアップされた2009年のSMAPだが、年末に来てその凋落ぶりが象徴される出来事が起こった。テレビ雑誌の表紙から、彼らの姿が消えたのである。!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

「毎年、テレビ雑誌の年末年始特大号の表紙はSMAPが飾るというのが、業界の不文律でした。ところが今年は、3誌がSMAPの表紙をやめています。その代わりに表紙を飾っているのが嵐なんですよ」(テレビ雑誌編集者)エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゚ ゚

 今年、SMAPを表紙から下ろしたのは『ザテレビジョン』、『TV Japan』、『TVfan』の3誌。前述のとおり、いずれも表紙は嵐が飾っている。(゚▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽T*)ニパッ♪

「今年、嵐は10周年ですし、ジャニーズ側も今までになくプッシュしていた1年でした。それでも、さすがにテレビ誌の正月号の表紙はSMAPだろうと言われていたんですよ。まさに政権交代といったところでしょうね」(前同)

 言うまでもなく、テレビ雑誌の購買層はテレビ視聴者である。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

その表紙のキャスティングには当然、テレビでの人気が反映されることになる。

 13日放送の『さんま&SMAP! 美女と野獣のクリスマススペシャル』では、キムタクが水着姿で熱湯風呂に挑戦するなど、近ごろ必死さばかりが目に付くSMAP。

ファンとしては、晩節を汚してほしくないものだが......。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

毎年テレビ雑誌の表紙はSMAPだったのになんか寂しい。。。。でも今年は嵐が凄い人気で頑張ってたので表紙を嵐が飾ってもおかしくない!!

SMAPも嵐も好きだからどうしようか悩むぅ。。。うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月15日 (火) | トップページ | 2009年12月18日 (金) »