« 2009年12月21日 (月) | トップページ | 2009年12月23日 (水) »

木村拓哉、ソフトバンクに乗り換えたため寂しい誕生日を過ごす!

去る11月13日、37歳の誕生日を迎えたSMAP木村拓哉。毎年、多くの友人、知人らから祝福され、賑やかな誕生日を送っている彼だが、今年の誕生日はどんな風に過ごしたのだろうか? 気になる当日の模様を12月4日放送のラジオ『WHAT'S UP SMAP!』(TOKYO FM)で語ってくれた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 誕生日を迎えた深夜0時は自宅にいたという木村拓哉。毎年このラジオでは「誕生日のおめでとうメール一番乗りが誰だったのか」を明かすのが恒例となっているのだが、今年の一番乗りは、なんと0時ぴったりに届いた「弟」からのメールだったという。そして......、

「2番目がね、すごく時間が空いてるんです。なんと0時50分。ずいぶん来てない。木村って意外と寂しいヤツじゃんって思うでしょ? 言い訳じゃないんだけど(ソフトバンクにキャリアを変えて)アドレスが変わったのに、あんまり教えてなかったんです。だからあんまりメール届かなくて」

 と、やっぱり言い訳(笑)をしつつ明かした2番目のメールの相手は、なんと......、(゚-゚*)(。。*)ウンウン

「KAT-TUNの亀梨くんから来てますね。アドレスを人から聞いて送った、って書いてます。多分、自力で探したんじゃないですかね」

 さすがはしっかり者の亀梨くん。男女問わず先輩から可愛がられる秘訣は、こんな細やかな心配りにあるのかもしれない。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

 その後、俳優の緒方直人、山本耕史らさまざまな有名人からもお祝いメールが続々と到着・・・・しかし前述のとおり、メールアドレスの変更を知らなかった相手もたくさんいたということで、

「今回、すごい、メールじゃなくて留守番電話サービスセンターに超入ってたんですよ。『メール送ったけど送れないからおめでとう』って。電話番号は変わってないから。みんな、マジでごめんね」

 と改めて謝罪。。。。

SMAPメンバーが5人揃ってショップへ出向き、実際に乗り換えする様子を撮影して話題を呼んだソフトバンクのCMだったが、まさに思わぬところで影響を及ぼしてしまったようだ。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

 その後、当日は映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の現場で「マグロ1本分くらいある宇宙戦艦ヤマトケーキ」で盛大に祝ってもらい、さらに『SMAP×SMAP』のスタッフから、プロの美術チームが1カ月かけて作りあげた1/350スケールの「宇宙戦艦ヤマト」の巨大模型、香取慎吾からはニューヨークで見つけてきてくれた「ペアのメガネ」、山下達郎&竹内まりやから「誕生年のワイン」などなど、お世話になっている周囲の人からたくさんのプレゼントをもらったという木村拓哉。才才-!!w(゚o゚*)w

「こういう誕生日みたいなタイミングって、周りの人たちの、ありがたみを感じますね」

 と、改めて人と人との繋がりの大切さに気づいたよう。

その気持ちが新鮮な今のうちに、ぜひ周囲の皆に「ちゃんとした」アドレスを伝えてあげてくださいね!"\( ̄^ ̄)゙ハイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<ルパン三世>銭形警部ついに死す? 

人気アニメ「ルパン三世」の最新作「the Last Job」が10年2月12日、「金曜ロードショー」(日本テレビ系)で放送されることが分かった。

ルパン一味と名勝負を繰り広げていた銭形警部の「死」が描かれるという衝撃の内容で、話題を集めそうだ。 !?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

「ルパン三世」は67年から、モンキー・パンチさんが「漫画アクション」で連載した同名マンガが原作・・・アニメ版は、テレビシリーズ3回、劇場版6作に加え、89年からは2時間のテレビスペシャルも不定期で放送されている。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

また、今月には日本テレビやパチンコメーカーの「平和」、ゲーム会社のバンダイナムコゲームスなどが、ルパンの世界観を活用し、愉快な話題を提供しようと結成した「LUPIN STEAL JAPAN PROJECT」が、東京・渋谷のモヤイ像や大阪・道頓堀の看板人形「くいだおれ太郎」を“盗み出し”て話題を集めている。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン


声優陣は、ルパン役の栗田貫一さんをはじめとしたおなじみの面々に加え、ヒロイン役で「涼宮ハルヒの憂鬱」、「デスノート」の平野綾さんが出演。

監督は「マクロス7」などを手がけたアミノテツロさん、脚本は「太陽にほえろ」「あぶない刑事」などの刑事ドラマなどの大川俊道さんが担当。また、今回のアニメのキャラクターが登場するパチンコ機「CRルパン三世 徳川の秘宝を追え」(平和)や、ルパンがさまざまな謎を解き明かすニンテンドーDS用ゲーム「ルパン三世 史上最大の頭脳戦」(バンダイナムコゲームス)が2月に発売されるなど幅広い展開が予定されている。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

日本テレビのプロデューサーは「“ラストジョブ”というタイトル通り、20年に及ぶテレビスペシャルの集大成」と出来栄えに自信を見せている。

すごく気になる内容なので絶対みます!!…o(;-_-;)oドキドキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トータス松本&佐藤隆太、10年越しの約束!!

関西テレビ・フジテレビ系で1月12日(火)から放送となるドラマ『まっすぐな男』(主演:佐藤隆太)の主題歌にトータス松本の「ストレイト」が決定となった。
ここには、トータス松本と主演の佐藤隆太が10年前に交わしていた約束が存在していたという。(・_・?)

佐藤隆太のデビューのきっかけは、トータス松本が音楽を担当した舞台「BOYS TIME」のオーディションだ。1999年、大学在学中に初めて受けたオーディションで見事合格したものだが、彼の役者人生はここからスタートしている。"\( ̄^ ̄)゙ハイ

「BOYS TIME」の千秋楽を終えたとき、ウルフルズの大ファンだった新人佐藤くんにトータス松本は「いつか隆太くんがでっかくなって、主演のドラマをやるときがきたら、僕に主題歌を歌わせてくれよな」と声をかけたという。

今回、佐藤隆太が『まっすぐな男』主演を務めるにあたり「このタイミングでお願いしてみようかと。無理かもしれないですけど歌ってくださったらすごく嬉しいなと思って」とトータス松本に依頼したものなのだ。ヨロシクオネガイシマス(ツ _ _)ツ))

佐藤隆太はレコーディングスタジオを電撃訪問し、数日前に完成したばかりの主題歌を誰よりも早くスタジオにて視聴・・・・
「絶対いい曲書くから」と豪語し完成を迎えた主題歌「ストレイト」に、佐藤隆太は感激しきり。

トータス松本は「気に入ってもらえてよかった」と安堵の表情を浮かべ、佐藤隆太は「この曲に恥じないように、より一層、ドラマに全力で取り組みます」とコメント。2人はその後も10年前のオーディション話などで盛り上がり、約束の実現が感動を生み出した。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

トータス松本がソロワークをスタートさせてから一貫して主張しているのは自己肯定。何があっても自分を信じてまっすぐ我が道をゆけ、というメッセージ。それは前作「明星」でも「何もかも間違いじゃない」というサビのリフレインに象徴されていたものだ。ドラマ『まっすぐな男』のテーマも、そんな生き様に合致する。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

新曲「ストレイト」はトータス松本の所信表明であり、佐藤隆太へのメッセージでもあり、正直な生き方への応援歌として時代に響いていくことだろう。

いい話ですね!10年経って、男同士の約束が果されるって、格好いいと思います!!( ̄一* ̄)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イ・ビョンホン 新型インフルだった「風邪だと思い撮影続行」・・・・

女性問題に揺れる韓流スター、イ・ビョンホン(39)が、新型インフルエンザを発症していた事実が明らかとなった。∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

イ・ビョンホンの所属事務所BHエンターテイメント側は21日午前、韓国メディアとの電話インタビューにて「イ・ビョンホンは体力的なつらさを訴え、風邪の症状もみられたため病院で診断を受けた結果、新型インフルエンザの判定を受けた」と明らかにした。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

『アイリス』撮影当時イ・ビョンホンは、1日に1~2時間の仮眠をとることしかできなかったが、撮影を続行していた。そのような状況で、雨の振る中、光化門での銃撃シーンを撮影し、健康が悪化したものとみられている。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

イ・ビョンホン側は「その時は耐えられる程度だったため、風邪だと思い撮影を続行した」と当時の状況を伝えたが、現在は完治しているとのこと。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

一方イ・ビョンホンは、元恋人クォン氏と法的紛争を繰り広げており、近日中にも警察署を訪れ調査を受けると伝えられている。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
いろいろと大変ですねぇ。。。(ーー;).。oO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気ドラマ『JIN-仁-』最終回、今年度民放連ドラ最高視聴率25.3%で有終の美

大沢たかおが主演を務める人気ドラマ『JIN-仁-』最終回の視聴率が、ビデオリサーチの調べで25.3%(関東地区・番組平均)と、現時点で今期連ドラでの最高視聴率を記録したことが21日、わかった。才≡⊃"├!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

11月8日の第5話では、20.3%と今期連続ドラマとしては初の20%越えを達成☆さらに同月29日の8話では22.3%と、常に高視聴率をキープしていたが、最終回を全話通し、最高の視聴率という形で締めくくるという、文字通り有終の美を飾った。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

同ドラマの魅力は、何といっても主人公・仁が、少ない医療器具のなかで、知恵を絞り病気の人を助けようと奮闘する姿と、なぜ江戸時代にタイムスリップしてしまったかという謎解きだ。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

主演の大沢さんの姿に、テレビの前で毎回涙する視聴者も多く、最終話でも乳がんの治療を終えた仁と別れを告げる江戸の花魁・野風(中谷美紀)の雪が降りしきる中での別れのシーンは屈指の名シーンとして語り継がれていきそうだ。さらに“続編”を示唆するようなエンディングで締めくくられた事から、シリーズ化を望むファンからの期待も高まっている。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

 『JIN-仁-』は、漫画誌『スーパージャンプ』(集英社)連載中の漫画家・村上もとか氏の同名タイトルをドラマ化。大沢さん演じる主人公・南方仁がひょんなことから江戸時代にタイムスリップしてしまい、さまざまな歴史上の人物との交流を交えながら、歴史とかかわりを持っていくうちに、現在に残した恋人・未来(中谷美紀)の運命に変化が訪れるという物語。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

最終話では、江戸の花魁・野風の2役を演じる中谷美紀などが脇を固める。そのほかにも武田鉄矢、小日向文世などベテラン陣も交差し、主人公・仁を軸に、さまざまな人間模様が展開され、各々の迫真の演技力で物語をさらに重厚なものとしている。

演技がすごく上手い方ばかりで本当におもしろかったです!!

ぜひ続編を見たい!!(*'-'*)エヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自ら志願!「EXILE」が紅白トップバッター

大みそかの「第60回NHK紅白歌合戦」の曲目が20日、東京・渋谷の同局で発表された。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

今年の日本レコード大賞最有力候補のEXILEは現メンバー14人での“デビュー曲”である「Someday」に決定~♪大トリ候補ながらあえて新人枠のトップバッターを務める。大トリは「世界に一つだけの花」を歌うSMAPが有力だ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

紅白を担当するチーフ・プロデューサーはこの日、EXILEの歌唱曲が「Someday」になった理由について「この曲で(紅白全体のテーマである“うたの力”の)メッセージを届けられるという意味です」と説明。オープニングにふさわしい歌であることを強調した。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 EXILEは今年の日本レコード大賞で連覇が確実視され、11月に行われた天皇陛下の即位20年を祝う「国民祭典」で奉祝曲を歌ったトップスター。紅白関係者によると、SMAP、北島三郎らとともに大トリの候補だったが、EXILEサイドから「トップバッターという斬新なアイデアが出てきた」という。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 今年からメンバーを14人に倍増させた中、新人の時のようなフレッシュな気持ちで紅白に出たいという思いの表れだ。(* ̄^ ̄)(*▼_▼)(* ̄^ ̄)(*▼_▼)ウンウン♪

トップバッターは番組最低視聴率となる20%台が当たり前。そんな中、昨年に浜崎あゆみ(31)が31・8%を記録した。(*^.^*)エヘッ

番組関係者によると、EXILEも「紅白のためにどこまで数字を底上げできるか挑んでみたいというチャレンジ精神があるようだ」という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09年ブレイクしたお笑い芸人、1位はオードリー 

2009年も残すところあとわずか。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

昨今の“お笑いブーム”にふさわしく、今年もトークからコント番組まで様々なバラエティ番組が放送された。その中で、今年最も大きく飛躍した芸人は誰なのか? ORICON STYLEでは『今年ブレイクしたお笑い芸人TOP10』を発表し、1位には「毎日のように番組やCMで見るから」と、お笑いコンビ【オードリー】が選ばれた。これを受け、ツッコミ担当・若林正恭は「100%春日のおかげ」と、結成から10年、積み重ねてきたコンビ愛をにじませている。(・_・)/\(・_・)

昨年の今頃、オードリーを見て、それぞれのフルネームを言えた人が何人いただろうか? 年末に放送された『M-1グランプリ2008』)で魅せた敗者復活戦からの快進撃は多くの視聴者を驚かせ、優勝こそ逃すもその名を全国にとどろかせた。今年は『笑っていいとも』、『24時間テレビ』と国民的長寿番組に出演し、初の冠番組『オードリーのオールナイトニッポン』もスタート。先日の『流行語大賞』ではボケ担当・春日俊彰のキメ台詞“トゥース”がノミネートされ「私の中では、流行語大賞!」と、まさに“今年の顔”として駆け抜けた1年だった。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

今回の結果を受けて、春日俊彰は「素直に加藤清史郎君に勝つことが出来てうれしい。春日に票を入れた国民、特に女、子供に感謝の意を述べたい」と相変わらずな“上から目線”のコメントを寄せている。

一方の若林さんは「本当に100%春日のおかげで1位をとれました」と相方を賞賛するも、来年相方に直して欲しいところは「ピンクのベストを見飽きたので、いいかげん衣装を変えてほしい」と、的確なツッコミも忘れない。(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン

2位は不条理ゲーム“ズクダンズンブングンゲーム”で注目され、今年は『爆笑レッドシアター』、『キャンパスナイトフジ』にレギュラー出演中の【はんにゃ】。「バラエティ番組を始め、ドラマやCMなどで活躍していたから」と、子供向け番組『ピラメキーノ』から“月9”ドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』まで、幅広い分野での活躍が支持の要因に挙がっている。ヾ( ̄ω ̄〃)ノヾ(_ _〃)ノヾ( ̄ω ̄〃)ノヾ(_ _〃)ノウンウン

続く3位には『再ブレイクした有名人』で、見事1位を獲得した【有吉弘行】が登場。「二発屋という地位を確立したから」との声が多く、“ヒッチハイクの猿岩石”という過去を振り払い、唯一無二の 毒舌“アダ名芸人”として注目された。(≧∇≦)ノ ハーイ

そして紅一点でのランクインしたのは5位の【イモトアヤコ】。黒太眉毛とセーラー服姿をトレードマークに、『世界の果てまでイッテQ!』の“珍獣ハンター”として登場し、今年の『24時間テレビ』では女性ランナー史上最長となる126.585キロを完走し大反響を呼んだ。「裏表ない素直さや、頑張り屋な面が応援したくなる」、「キャラクターが斬新」と、次世代を担う女性お笑い芸人の1人として今後も活躍が期待されている。"\( ̄^ ̄)゙ハイ!!

2009年のお笑い界は、昨年まで注目されてきた“ショートネタ”やキャッチーなキメ台詞に加え、作りこまれたコントやフリートークでの瞬発力、さらに幅広いメディアでの活躍もブレイク要因として加味された様子。

また、ほかにはない独自のキャラクターの確立も大きな決め手となっているようだ。

若林さんがいるから春日さんが引き立つんだと思う!!

若林&春日、二人そろってこそのオードリー。これからも仲良く頑張ってくださいね!!(*^-^)ニコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<山下智久>「期待に応える心意気で」 新垣結衣と月9「コード・ブルー」続編発表!!

「NEWS」の山下智久(24)が主演のフジテレビ月9ドラマ「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 2nd season」の制作発表会が21日、東京ヘリポートであり、山下さんと共演の新垣結衣(21)、戸田恵梨香(21)らが出席。(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ

山下さんは「続編をできるということは『続きはどうなんだろう』と思ってくれてる人がいるということ。期待に応えられる作品にしたいという心意気で挑戦したい」と意気込みを語り、「(前作で)実際に社会に貢献できたドラマ。今回もいい影響がでればいい。心の底の方で考えていることに問いかけてくれるせりふやナレーションがある」とコメントした。( ̄ー+ ̄) 

ドラマは、救急医療用ヘリコプターに乗り込み、患者を搬送する機内で治療に当たるフライトドクター候補生たちの成長を描く物語で、「1st season」が08年7~9月の木曜日午後10時に放送され、平均視聴率15・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録、今年1月に放送されたスペシャルドラマは23.1%の視聴率を獲得している。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

 「2nd season」では、研修プログラムを終えた研修生たちが、悩み、迷いながら新たな人生を進み始めていく姿が描かれる。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

山下さんは医学知識が豊富で自分の腕を磨くことに熱心な藍沢耕作を、新垣さんは「1st season」で恩師・黒田の腕切断の原因を作ってしまった白石恵を、戸田さんは気が強く熱血タイプの緋山美帆子を演じる。主題歌は「1st season」同様、「Mr.Children」の「HANABI」が起用された。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

会見で、新垣さんは「続編に出るのは初めて。(自身の役の)成長具合をどうやって見せればいいか悩みながら、(前作のときの)いつもと変わらない空気を楽しんで撮影している」と話した。「先日、今年初の雪の中での撮影がありまして、夏とは景色が違うだけでもこんなに気持ちが違うんだと思って前作との違いを感じた」と笑って話した。(*'-'*)エヘヘ

山下さんは「ヘリの風圧がすごくて、体感温度がすごいことになっています。川に飛び込んで子どもを助けるシーンは、逆に楽しかったです」と撮影を振り返っていた。

会見には、フライト看護士・冴島はるか役の比嘉愛未さん(23)と、フライトドクター候補生・藤川一男役の浅利陽介さん(22)、ベテランのドクター役で「2nd season」から出演する椎名桔平さん(45)も登場した。(゚ー゚)ニヤリ

山下さんは7~9月に放送された「ブザー・ビート 崖っぷちのヒーロー」で同枠の主役を務めており、史上最短での月9ドラマ再主演となる。放送は10年1月11日から毎週月曜日午後9時~午後9時45分(初回は午後10時14分まで)。

前回も凄くよかったので今回も楽しみ~!!((o('∇'*)oドキドキo('∇')oワクワクo(*'∇')o))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『龍馬伝』新キャスト発表 第4のヒロインに大河初出演の蒼井優

歌手で俳優の福山雅治が坂本龍馬役で主演する2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』の新たな出演者発表会見が21日、東京・渋谷の同局で行われ、第4のヒロイン・お元役として大河初出演となる蒼井優、京・近江屋で襲われ龍馬と共に絶命する中岡慎太郎役に上川隆也、陸奥陽之助役に平岡祐太らが発表された。(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ

蒼井さんは「龍馬に心を許してもらう女になるのにはどうすればいいのかと。ハードルの高い役だなと思います」とあいさつ。

福山さんは「中岡と濃密な時間を過ごせたら」と新キャストとの共演に期待をふくらませた。((o( ̄ー ̄)o)) ワクワク

広末涼子、貫地谷しほり、真木よう子に続くヒロイン役に、蒼井さんは「不安もあり、楽しみもあり。やっと自分の中で『龍馬伝』が動き出す感じ。すでに(岩崎弥太郎役で)撮影に入っている香川(照之)さんからは現場の雰囲気はいいと聞いている。福山さんを支えられたら」と堂々のコメント。

上川さんは「福山さんと一緒に死ねるなんてのは、一生に一度あるかないかのことです」と笑顔で意気込みを語った。(⌒~⌒)ニンマリ

 新キャストのあいさつを受け、福山さんは「蒼井さんとは初めてですが、すでに香川さんと仲いいみたいでジェラシー。上川さんとは、すでに死ぬみたいになっていますが、演じていると死にたくなくなる。死にたくないと思いながらやっています」と笑いを誘いつつ、充実の表情をのぞかせた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 すでに発表されていた龍馬の姪・春猪役のAKB48の前田敦子も同席し「福山さんが三味線を弾くシーンで、龍馬さんを目の前で見たんですけど、本当にかっこよくて。三味線をモノにしてしまう福山さんは凄いです」とうっとり。

福山さんとは事務所の先輩後輩に当たる平岡くんは「初めての大河で凄い作品に出演できることは光栄です」と声を弾ませていた。\(^▽^)/

 そのほか、新キャストとして桐谷健太(龍馬の弟分・池内蔵太役)、マイコ(岩崎弥太郎の妻・岩崎喜勢役)、池内万作(攘夷派の公家の中心人物・三条実美役)、天野義久(土佐の郷士・那須信吾役)もあわせて発表された。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

撮影は先日、福山さんらが龍馬の故郷・高知県で初めてロケを行うなど順調な様子。風雲児・龍馬を幕末屈指の経済人である岩崎弥太郎の視線から描くオリジナル作『龍馬伝』は2010年1月3日(日)より放送開始。

今からドラマが楽しみです!!ウキウキ♪o(^-^ o )(o ^-^)oワクワク♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年上半期を代表する夜の連続ドラマランキング!!

上半期ドラマ1位は愛と義が感動的な《天地人》
 「昨日のドラマ見た?」はどこに行っても話が弾む定番のフレーズ。放送の次の日に友達や同僚とドラマの話で盛り上がるのは、休憩中の楽しみのひとつではないでしょうか。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

日々話題となったドラマのうち、「2009年上半期を代表する夜の連続ドラマランキング(※)」では1位は《天地人》、2位は《Mr.BRAIN》、3位は《BOSS》という結果になりました。

 1位にランク・インしたのは直江兼続の生きざまを描いたNHK大河ドラマ、《天地人》。上杉謙信、豊臣秀吉、徳川家康らと同じ時代を生き、波乱の人生を送った一人の男の物語です。「利」が求められる戦国時代においてその生涯で「愛」と「義」を貫き通した直江兼続の姿に、胸を打たれた人が多かったのでしょう。利益だけを追求しがちな今という時代について考えさせられるテーマだったことも人気の理由かもしれません。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

 2位の《Mr.BRAIN》では、木村拓哉が驚異的な発想力を持つ脳科学者を演じました。これまでとは異なるひとクセある役柄の木村拓哉の演技と、爽快な事件解決のストーリーが毎回新鮮なドラマでした。《メイちゃんの執事》《銭ゲバ》など、マンガが原作のドラマも人気。マンガを読んでいたからドラマを見始めたという人も多いかもしれません。( ̄^ ̄*)(_ _*)( ̄^ ̄*)(_ _*)ウン

ドラマのストーリーや出演者の話は誰とでも盛り上がりやすいもの。

よく話される話題だからこそ周りの人との会話に遅れないためにも、ドラマ情報は要チェックしておきたいですね。(。-_-。 )ノハイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月21日 (月) | トップページ | 2009年12月23日 (水) »