« 2010年2月26日 (金) | トップページ | 2010年3月 2日 (火) »

Hey!Say!7春高バレー応援します!

Hey!Say!7(ヘイセイセブン)が「第41回春の高校バレーボール全国大会」(20日開幕)の応援サポーターに決まり、2月28日、東京・台場のフジテレビで発表された。(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ(*゚-゚)ニコッ

 メンバーは2007年結成の10人組、Hey!Say!JUMPの年少組で構成される。5人中4人が春高選手たちと同じ高校生とあって、同所で行われた組み合わせ抽選会では山田涼介(16)が「セブンはみなさんと同世代。素直な言葉と気持ちでエールを送りたい」と熱く宣言した。(*゚-゚)ニコッ

JUMPは08、09年の大会サポーター。その年長組5人が抜ける形となったが、セブンの5人にとっては3年連続のサポーター就任。

中島裕翔(16)は「プレッシャーはあるけど、お兄ちゃんたちに頼らないようにしっかり務めて、セブンのフレッシュさを出していきたい」と気合満点だ。(*゚ー゚)ニヤッ

イメージソング「ガンバレッツゴー!」を歌うことも発表され、「この曲でみなさんを元気づけたい」と岡本圭人(16)。今月20日から26日までの大会期間中は、会場の東京・代々木第一体育館に駆けつけて応援し、選手へのインタビューなども行う。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

応援活動の励みとなるのがバンクーバー五輪の日本人選手の活躍だ。

5人とも時間があればテレビ観戦していたようで、中島くんは「厳しい中で戦っている姿勢に感動しました。春高も五輪と同じ『戦場』。逆に勇気をもらえます」。五輪パワーで春高の応援にガンバレッツゴー!!

\(*⌒0⌒)bがんばれー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育児休暇を楽しんだつるの剛士、「男性が育休を取れる社会に」とまじめなコメントで再活動!

1日、つるの剛士がプロデュースする「タレントフィッシングカップ2010シーバストーナメント」の第3回大会が横浜で開催され、腕に覚えのある釣り好き芸能人30名が集結した。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 主催者のつるのさんは、今年1月から育児休暇を取っていたが、今回のイベントが再活動のスタートとなる。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

生後3か月になる4人目の子どもがいるつるのさんは、「朝6時に起きて、子どもたちのお弁当を作って、送り出して、夜10時に寝る生活を送っていました」と育児休暇中の毎日を報告。男性で育児休暇を取る人は少ないが、つるのさん自身、「家庭が基盤で、その上に仕事がある。だから育休を取って、改めて家庭の基盤ができたので、しっかり仕事ができると思います」と頼もしい発言も。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・

2か月間の育児休暇はとても楽しかったそうで、「奥さんの大変さがよくわかったし、何より地域の方や、子どもの友達のパパやママたちとコミュニケーションを取れたのが一番の収穫。ぜひとも男性が育休を取れる社会になってほしいと思います」とまじめな口調で語った。

そんなつるのさんの「釣りは自然との遊び場。少しでも遊び場をきれいにしたい」との思いから、参加者は全員でごみ拾い。気分もきれいにした釣り人たちは、満面の笑みを浮かべたまま、海へ向かっていった。

前回2回大会の優勝者は、格闘家の武蔵だったため、全員は「打倒武蔵」を合言葉に、優勝を目指す。\(o ̄∇ ̄o)/ハーイ

普通の会社に勤めてたら父親の育児休暇なんて絶対取れないのが現実だと思います!!"o(-_-;*) ウゥム…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美女40人がズラリ! 相武紗季、見渡す限りの“ミス”に 「圧巻です」・・・・

女優の相武紗季、タレントの八田亜矢子、2010年度ミス日本の林史乃らが1日、都内で行われた『ミスタードーナツ』2010年春の新商品発表会&新CM発表会に出席した。。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル

この日は、ミスキャンパス19人とご当地ミス16人も駆けつけるなど、総勢40人の美女が一堂に会し豪華な“美”の競演が実現・・・イメージキャラクターを務める相武紗季は大勢の美女に囲まれ、「日本中からこんなに“ミス”の方が集まることはあまりないと思うので圧巻です。光栄に思います」と笑顔で周りを見渡していた。うふ♪(* ̄ー ̄)v

桃の節句に合わせて発売される新商品は、女性スタッフが開発した“女の子のためのドーナツ”となっており、ポップな色合いで可愛らしさや食べやすさにこだわった。さらに40周年を記念して、原田治氏デザインの復刻版アニバーサリープレートのキャンペーンも実施される。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

40人の美女たちはそれぞれお気に入りのドーナツをひとつずつあげ、『カラフルドーナツ お花のモンブラン』を選んだミス日本の林さんは「食感が好きで選びました。幸せな気持ちになりました」とにこやかに美味しさをアピール。また、きわどいミニ丈のワンピースで登場した八田さんは、『ふんわリング キャラメル』を紹介し「見た目もかわいい」と絶賛していた。

 相武さんが「見た目も可愛くなって、味もパワーアップしているので、ミスタードーナツのファンがさらに増えたら嬉しいです」と一押しの『ミスタードーナツ』2010年春の新商品5種12アイテムは、3月3日より順次発売開始また、新CMが同日より放送される。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ 最近ミスタードーナツ全然食べてないなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

製作サイドもガックリ! 赤西仁主演映画『BANDAGE』が大コケ

先月1月16日に公開したKAT-TUN赤西仁主演、小林武史監督の映画『BANDAGE』。前売り券が初日で7万枚完売と記録的な数字が話題を呼び、年明け早々から赤西や北乃きいなどの出演陣が多くのテレビ番組や雑誌に登場して熱烈なPRを展開。『NEWS ZERO特別版』(日本テレビ系)と銘打った特別番組が放送されるなど、とにかく気合いが入りまくっていた。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

その甲斐あってか、初日2日間の成績は動員10万4,060人、興収1億3,417万円とまずまずの好成績。これを記念して1月25日には全国39カ所のTOHOシネマズを結んでの生中継「39(サンキュー)舞台挨拶」も行われた。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

出席した小林監督も「続編については何も考えていないけれど、また作れたらいいと思う」と語るなどまんざらでもない様子だったのだが......。

「最初の週こそ、前売り券を手にしたファンで溢れかえっていましたが、翌週になると、場所によっては半分以上が空席......という劇場もありましたね。爆発的な売り上げを誇った前売り券も、結局のところスペシャルライブの応募券を目当てにファンが複数買いしただけで、実際にその前売り券が消費されたのかどうかも怪しいところ。『500円以下で転売しようとしても売れない』などと嘆いているファンも多かったです」(ジャニーズに詳しいライター)|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~

 興行成績ランキングでも最初の週こそ4位に食い込んだものの、3週目にはベスト10から姿を消すという凋落ぶり。。。。不穏な空気が流れるなか、製作の日本テレビ放送網株式会社の「2009年度 第3四半期決算説明会」の席で、同社代表取締役で社長執行役員の細川知正氏がこんなコメントを発した。

「中間期のときにも、映画がある意味で気持ち悪いくらい当たってますよ、ということを申し上げたのですが、『カイジ(=カイジ 人生逆転ゲーム)』『僕の初恋をキミに捧ぐ』、ここまではですね、気持ち悪いくらい当たってきたんですが、実際にはですね(苦笑)、『なくもんか』はまぁまぁかと。で、『ウルルの森の物語』と『BANDAGE』は正直いうと、収支を合わせるのに相当時間がかかりそうな気がしております。ちょっと難しいかなと」( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
 
やや控えめな表現ではあるものの、今後「収支をあわせる」ために何ができるという発言もなく、結局は"大コケ"の烙印を押されたのと同じこと。。。「(´へ`;ウーム

残念ながら、軒並みヒットを飛ばしてきた日テレ系映画の勢いを失速させてしまったことだけは間違いなさそうだ。

 「現場で小林監督を見ているうちに、監督業もいいなと思った」などと能天気に語る赤西くんだが、実力以上に話題が先行してしまったこの作品で、残念ながら実績を残すことはできなかったようだ。。。。( ̄_ ̄ )。o0○(ウヘヘ…)

私も映画観にいこうと思ってたけどあっという間に終わってた。。。観に行った子は意味がよくわからないって言ってました。。。(?(。_。).。o0O??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<はんにゃ>「ピラメキーノ」がゴールデンに進出 フルーツポンチと初のメーン番組!!

お笑いコンビのはんにゃとフルーツポンチが出演する子供向けバラエティー番組「ピラメキーノ」(テレビ東京系)が4月16日から、毎週金曜午後7時のゴールデンタイムに進出する。ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!

月〜金曜日午後6時半の放送は継続し、金曜日のみ1時間半の拡大番組「ピラメキーノG(ゴールド)」を放送!!( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 ゴールデンで初のメーン番組を持つ「はんにゃ」の金田さんは「僕らがゴールデンでメーンなんて! 『やった』というより、緊張ですね。同期2組で、一緒に番組できることがすごいことですし、そのうえ、1年でいきなりゴールデンですよ! すごすぎです。まだ5年目で、若手なので、ある意味技術とか考えずに一生懸命、前へ前へ進んで行きたいです!」と喜びを語り、川島さんは「テレビ東京の社長になるっていう野望は持ってますね」とボケていたとか・・・ワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ

 「ピラメキーノ」は、09年4月から放送しているバラエティーで、両コンビの4人が踊る子供向けの頭の体操ソング「ピラメキたいそう」や、金田さん演じるギャル・さとプーと、ゆりプー・みかプーのギャル2人と組んだユニット「オンナラブリー」が、パラパラを踊って女の子を応援する「Onaraはずかしくないよ」が人気で、2曲を収録したシングルが10日発売され、オリコンランキング(22日付)で初登場2位に入った。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン


 「ピラメキーノG」では、金田さんが子供たちのカリスマになる「ざっくり戦士 ピラメキッド」、番組から子役スターを発掘する「C−1(チャイルドワン)グランプリ」、子供の“初めての挑戦”をドキュメンタリーテイストで追う「密着!子供のデビュー戦」など大人も楽しめる新コーナーがスタートする。"\( ̄^ ̄)゙ハイ!!

はんにゃとフルーツポンチは若い子にすごい人気があるみたいですけど私はあまり面白さがわからない。。。年齢のせいかしら。。。「(´へ`;ウーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コブクロ&ラルク&倖田が「ペプシ」CMで“豪華競演” パワー全開で洋楽カバー披露~!!

コブクロとロックバンド・L’Arc~en~Ciel、歌手・倖田來未が、炭酸飲料『ペプシネックス』(サントリー食品)の新CMに出演することがわかった。ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ

これまで、福山雅治やV6の岡田准一、松山ケンイチなど豪華な顔ぶれが飾ってきた同CMシリーズ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

今回は、3組のアーティストそれぞれが思い入れのある洋楽をカバーし、パワフルな姿を披露している。

CM初主演となるコブクロは、「黒田の歌のエネルギーと『Layla』って凄くマッチしているなっていう印象が残っていた」(小渕健太郎)と2009年のライブで披露したデレク・アンド・ザ・ドミノスの「Layla」を歌う。ライブさながらの熱唱シーンが見どころで、撮影で207回もシャウトしたという同曲を豪快に歌い上げる。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

小渕さんが「NASA規模では」と驚くほど大掛かりな撮影となり、ステージの周りを1秒間に1回転する高速回転機材を使用したスピード感溢れる映像も必見だ。

 「ロックバンド代表ということで、シンプルでしかもインパクトある曲だと思って選びました」というL’Arc~en~Cielは、ザ・アローズの「I Love Rock’n Roll」を3mを超える巨大なペットボトルが立ち並ぶ空間でクールに披露。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

何度も動作を確認するなど、自分たちが納得するまで“圧倒的な”パフォーマンスを追及するその姿は、「さすがプロ」とスタッフをうならせるほどだったという。hydeは「ちょっと緊張したかな、飲むシーンは」と10年ぶりのCM出演を振り返った。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 倖田來未はシェリル・リンの「Got To Be Real」をダイナミックなダンスとともに披露する。「弾けた感じが自分に近かったというか、キャラクターも凄く近いというのがあって」と同曲を選んだ倖田來未は、70年代のディスコを彷彿させるステージで、等身大のペットボトルと息の合ったダンスを繰り広げる。振り付けはセクシーさを強調したもので、入念に練習を重ねて撮影に臨んだ倖田來未は、堂々たるステージを見せるも、「1週間前から練習していた」という飲みカットではさすがに緊張した様子。それでも「綺麗に撮ってくれたって監督が言ってくれてたんで、そこはちょっと楽しみにしたいかなと思ってます」と期待を膨らませていた。うふ♪(* ̄ー ̄)v

 3月2日よりリニューアル発売する『ペプシネックス』のCM『コブクロ』篇、『L’Arc~en~Ciel』篇、『倖田來未』篇は同日から全国で放送開始。

このCM楽しみ~特にラルクが観たい!!(*'-'*)エヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月26日 (金) | トップページ | 2010年3月 2日 (火) »