« 2010年3月10日 (水) | トップページ | 2010年3月16日 (火) »

内博貴、舞台初主演での“初キスシーン”に早くもドキドキ

ジャニーズ事務所所属の俳優・内博貴が初主演を務めるミュージカル『ガイズ&ドールズ』の製作発表会見が11日、都内で行われキャスト陣が出席した。(*^-^)/\(^-^*)

会見後の報道陣のインタビューで内くんは主演のプレッシャーを「ハンパないものがある。でも楽しんでできればいいかな」と語り、共演の女優・笹本玲奈と自身初のキスシーンに臨むことから「2、3回あるのかな。ドラマでほっぺにはあるけど、ましてや人前で…僕奥手ですもん」と早くも緊張の面持ち。(///∇//)テレテレ

一方、笹本さんは「(キスシーンは)舞台でやることが多いです。ほぼ毎作品あるので」と余裕の表情を浮かべていた。(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ

1950年に米ブロードウェイで初演され、映画化もされている同作は、ニューヨークのギャンブラーと女性たちの恋の行方を描いたコメディ作品。大金を得るために、指名した女を落とすという賭けに乗る大物ギャンブラー・スカイを演じる内くんは、報道陣から役づくりで挑戦したギャンブルについて問われるも「携帯ゲームのブラックジャックを、頭の中でこれは本物のお金だって想像してやったけど怖くなってすぐやめました」と、役柄とはかけ離れたコメントで笑いを誘った。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

 内くんと笹本さんが演じる“ロマンチック・カップル”とは異なり、高橋由美子との“コメディカップル”を演じる錦織一清は、人生最大の賭けといってもいい結婚に踏み切っていない私生活の現状を突っ込まれると、「ギャンブルにお金が必要なように、結婚もギャンブルだとしたらお金が必要で、もちろん相手も必要。私生活は全然ロマンチックじゃないし、どっちかというとコメディのような生活を送ってる。僕はまだまだじゃないかと思っています」と苦笑い。。。。さらに、少年隊のメンバー・東山紀之の近づく結婚について問われるもこれには特にコメントしなかった。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

 「天才ギャンブラーなので、観ている人が『凄いんだろうな』って思える雰囲気を出していけたら」と意気込む内くんは、「周りからかっこいい役をやれていいなって羨ましがられる。亀梨(和也)から、『内いいなぁ』って言われました」と満足げな様子。

すでに稽古はスタートしており、「女性の方とお芝居したり、歌を一緒に歌うってことがないので、毎日ドキドキしてます」とはにかんでいた。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

内くん凄く大人っぽくなったし、カッコイイ!!舞台\(*⌒0⌒)bがんばれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友近&なだぎ、破局報道後初のツーショットお披露目!円満破局をアピール!!

12日、NHK放送センターで海外テレビドラマ「新ビバリーヒルズ青春白書」完成試写会が行われ、先日破局報道があったばかりのなだぎ武と友近が登場した。(・_・)/\(・_・)

本作のオリジナルとなった海外テレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」といえば、1990年代に放送され、日本でも大ブームを巻き起こした海外ドラマの金字塔。そんな「ビバヒル」のパロディとして生まれたキャラクター、ディラン&キャサリンがこのたび新ドラマの応援ユニットとして就任することになった。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

しかし登場するなり、「この人はいつも自分のことばかり考えているの」とどこか私生活を垣間見えるようなコメントを発すると会場は笑いに包まれていたとか・・・

なだぎさんと友近といえば、お互いのすれ違いから、先日破局が発表されたことが話題となったばかり。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

プライベートでは破局した二人も、仕事ではコンビを続けることが発表されていた。そしてこの日が破局報道以来、初のツーショットとあって、会場には多くの報道陣が集まった。

キャサリンは「逃げも隠れもしないから大丈夫。わたしたちは円満破局という言葉を作りたいくらいの関係よ。どうかしら」と堂々としていた。そして、「オファーがあればディラン&キャサリンをすると思います」と今後の活動の継続を宣言した。ちなみに一部報道にあった友近の参議院選挙出馬のうわさについては、「あれは笑えたわ」と一蹴(いっしゅう)したとか・・・

本作は、海外ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」と同じ場所を舞台に、次世代を描き出す海外テレビドラマ。ロサンゼルスの高級住宅街に引っ越してきたウィルソン一家の長女アニーと長男ディクソンが、ウエスト・ビバリーヒルズ高校に華やかな高校生活に戸惑う姿を描く青春ドラマ。中心に、ドラッグや自殺、離婚など米国の社会問題をリアルに描く。(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン

海外テレビドラマ「新ビバリーヒルズ青春白書」は4月3日より、NHK教育テレビで毎週土曜日午後11時から放送予定(全24話)

別れてもいい関係だから素敵だと思います!!

これからも2人共頑張ってください!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MAKIDAIとTAKAHIROが思わず「快感!」 2人そろって衝撃の“初体験”

EXILEのMAKIDAIとTAKAHIROが、目薬『ロートジー(R)』(ロート製薬)シリーズの新CMに出演することがわかった。(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ

目が覚めるような清涼感が特徴の同商品を初めて試した2人は、「びっくりしましたね、こんな爽快な気分になるとは思いませんでした。なめちゃいけないですね」(MAKIDAI)、「いやぁ、衝撃でした。ホントに目がさめるような快感」(TAKAHIRO)と驚愕。CMではそんな“衝撃”を受ける姿を、ストレートに見せている。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

新CMでは、MAKIDAIとTAKAHIROが同商品をさした時の驚きと爽快感が描かれる。目薬を一滴落とすと一気に画面全体がブルーに染まり、クールなさし心地を表現。それぞれ「ク~ッ」と声を漏らしながら目をつむり、最後に「この気持ちよさ、初体験」と清々しい表情をのぞかせる。爽快感にもだえる様子など、普段あまり見せない2人の姿は見どころだ。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

撮影前のテストで同商品を試したTAKAHIROは、あまりの爽快感に言葉が出ず、対してMAKIDAIは「スゲー!」と驚きの声。そんな彼らの姿にスタッフから、思わず笑いが起こる場面もあったとか・・・・目薬をさした瞬間の“生”のリアクションを狙ったという撮影は、2人と監督、スタッフが積極的に意見を出し合うなど熱気に包まれる雰囲気で進行・・・終了後には「シンプルに洗練された空間ですごくリラックスして撮影できたかなと思います」(MAKIDAI)、「ほんと、楽しく撮影できたんじゃないかなと満足しています」(TAKAHIRO)と満足げで、素顔が垣間見られるCMが完成した。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

3月8日から全品リニューアル発売している『ロートジー(R)』シリーズの新CM『MAKIDAI初体験』篇、『TAKAHIRO初体験』篇は、15日より全国で放送開始。ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ

カッコイイ2人のCM!!スゴイ楽しみ~((o(*^^*)o))わくわく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イ・ビョンホンが3年ぶりに写真集発売!初公開のオフショットも掲載

6年ぶりに主演を務めた韓国ドラマ『アイリス』(TBS系 水曜・後9時)が4月21日より日本でも放送される俳優のイ・ビョンホンが、3年ぶりとなる写真集『イ・ビョンホン in アイリス』(ぴあ)を3月26日に発売することがわかった。ワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ

ドラマ撮影中のイ・ビョンホンに密着し、ワイヤーアクションなど男の魅力溢れる姿から撮影の合間に見せた初公開のオフショット、さらに写真集限定の貴重なメイキング写真が約200枚掲載されている豪華な一冊となるようだ。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

『アイリス』は、約15億円もの制作費を投入し、日本の秋田県、ハンガリー、韓国で長期ロケを敢行・・・・豪華キャストによる朝鮮半島の南北分断という重厚なテーマが話題を呼び、韓国では初回放送から視聴率25.4%をたたき出し、最終回では41.8%(いずれもTNSソウル首都圏視聴率)を記録した。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・


イ・ビョンホンの写真集は、2007年発行の『パリイ』以来、実に3年ぶり。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

2009年3月、同ドラマの影響でイ・ビョンホンのファンから早くも“聖地”とされ、ロケ地マップも作られている秋田県の秋田空港でファンに囲まれる姿や、12月に済州島で撮影されたラストシーンまで『アイリス』撮影中のイ・ビョンホンに肉薄・・・・光化門での大規模な戦闘シーン、休憩中にも台本を手放さないカリスマ性あふれる様子も収録。

ハンガリーで撮影されたB2サイズ綴じ込みポスターも付いており、ファン必携の一冊といえる。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

ファンにはスゴイ楽しみな写真集だね!!(o^-^o) ウフッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“怪物大野くん”フランケンはホンマン!!

韓国人格闘家のチェ・ホンマン(29)が、嵐・大野智(29)が主演する日本テレビ・読売系ドラマ「怪物くん」(4月17日スタート。土曜、後9・00)で、ドラマ初出演を果たすことが分かった。\(^▽^)/

大野くんふんする怪物くんの、お供3人組のひとりであるフランケン役。藤子不二雄A氏(76)の原作漫画の通り、話すセリフは「フンガー」のみだが、身長218センチの圧倒的な存在感で物語を盛り上げる。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
 

“怪物大野くん”のお供を、超強力な3人組が務めることになった。ドラキュラに八嶋智人(39)、オオカミ男にダチョウ倶楽部の上島竜兵(49)、そして、フランケンには身長218センチの規格外ファイター、チェ・ホンマン。ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!

原作漫画でのフランケンは大柄で力仕事が得意という設定でまさに理想のキャスティングだ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

チェは過去に映画「GOEMON」(08)などで演技経験はあるが、今回がドラマ初出演☆日本語は日常会話程度とセリフ覚えという垣根もあったが、今回は原作同様に「フンガー」の一言のみ・・・・独語で「空腹」を意味する単語で声を弾ませたり、怒気を込めたりで感情を表現する。

大野くんら出演陣は、ハリウッド映画で使用されるシリコン特殊メークで、それぞれのキャラに変身。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

中でも、大野くんが驚いたのがフランケンの完成度で「想像以上。その大きさに驚きました。実はチェ・ホンマンさんとは同じ年。握手したら、握力が強くてすごい痛かったです」と頼もしい“家来”に興奮を隠せない。

「ニノ(二宮和也)には『楽しみに初回を見るからほかの共演者を教えないで』って言われています」と話す大野くんだが、脇を固めるメンバーも魅力的な顔ぶれ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

怪物くんのライバルで悪魔族王子・デモキンをTOKIOの松岡昌宏(33)が、カワイコちゃんに弱い怪物くんが出会う美少女・ウタコには川島海荷(16)。個性豊かなキャラクターが力を合わせ、怪物ランドのプリンス、大野くんをバックアップする。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

TVでみたけど特殊メイクでみんないい感じだったので楽しみ~ワクワク ((o(⌒∇⌒ o)(o ⌒∇⌒)o))ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月10日 (水) | トップページ | 2010年3月16日 (火) »