« Hey!Say!JUMPがデビューから5作連続首位、KAT-TUN以来2年3か月ぶりの記録☆ | トップページ | 「目が回る~!」北川景子、クルクル踊って“チョコ&アイス”をペロリ »

“世代交代”に青ざめる浜崎あゆみと倖田來未

AKB48の新曲「桜の栞」が初動売り上げで31万8000枚を記録し、オリコンシングルチャート(3月1日付)で初登場1位をマーク――。女性歌手の新曲が初動で30万枚を突破するのは03年1月の宇多田ヒカル「COLORS」以来7年ぶりで話題になっている。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

 このほか、今回のチャートで特徴的だったのが「fripSide」「恵比寿マスカッツ」など、これまで聞いたことがない“新顔”が初登場してトップ10にランクインしたこと。歌手の世代交代が着々と進んでいるのだ。うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

これでレコード業界に衝撃が走っている。浜崎あゆみ、倖田來未ら音楽シーンをリードしてきた“歌姫”たちも青ざめているという。)゚0゚( ヒィィ

「『歌姫』といっても、浜崎あゆみの新曲は初動売り上げで10万枚、倖田來未は3万枚がやっとの状態。2人にとって“チャート初登場1位”は枕ことばみたいなものでしたが、今年1月に倖田來未が発売した新曲は首位を逃し、2位に甘んじました。だから、AKBの“初動30万枚”は脅威だと思います」(音楽ライター)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 浜崎あゆみが昨年暮れに発売した新曲は“初登場1位”を死守したが……。

「実はあれにはカラクリがあって、予定していた発売時期を急きょ、2週間先延ばしにしたのです。そのまま発売していたらチャート1位は福山雅治の新曲『はつ恋』で、浜崎は“初登場2位”になっていました。エイベックスが土壇場で情報をキャッチして回避したのでしょう」(レコード業界関係者)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

|

« Hey!Say!JUMPがデビューから5作連続首位、KAT-TUN以来2年3か月ぶりの記録☆ | トップページ | 「目が回る~!」北川景子、クルクル踊って“チョコ&アイス”をペロリ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “世代交代”に青ざめる浜崎あゆみと倖田來未:

« Hey!Say!JUMPがデビューから5作連続首位、KAT-TUN以来2年3か月ぶりの記録☆ | トップページ | 「目が回る~!」北川景子、クルクル踊って“チョコ&アイス”をペロリ »