« 2010年5月23日 (日) | トップページ | 2010年5月26日 (水) »

<生田斗真>麻生久美子ら豪華キャストに「面白いわけがない」? 

俳優の生田斗真(25)主演の映画「シーサイドモーテル」(守屋健太郎監督)の舞台あいさつが24日あり、生田さんと麻生久美子(31)、山田孝之(26)、玉山鉄二(30)、成海璃子(17)、温水洋一(45)らキャストが登場。(゚▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽T*)ニパッ♪

生田くんは「腕のある面白い俳優さんが集まって面白いわけがない」と“きっぱり”、共演者らから「面白くないわけがないでしょ?」と突っ込まれ、「もう何を言ってもダメですよね」とがっくりと肩を落としていた。o(〃^▽^〃)oあははっ

映画は、岡田ユキオさんのマンガ「MOTEL」が原作。

山奥にありながら「シーサイド」と名付けられた場末のモーテルに偶然集まった男女11人に起こる一晩の物語。103号室に泊まるインチキ美容クリームのセールスマン・亀田(生田さん)の元に、部屋を間違えたコールガールのキャンディ(麻生さん)がやってくる。そのまま商売をしようとたくらむキャンディに対し、亀田は美容クリームを売りつけようとする。202号室には借金3000万円を踏み倒そうと逃げている男・朝倉(山田さん)がおり、ニコニコ金融の相田(玉山さん)、舎弟のチー坊が追ってくる。203号室には、妻に金髪のかつらを着けられ、どぎつい化粧をされた太田(古田新太さん)、102号室にはキャバクラ嬢を旅行に誘い出すことに成功した石塚……四つの部屋での出来事が絡み合い、物語がハイテンションで進んでいくというコメディー。成海さんは朝倉が連れている女・留衣を演じ、温水さんは相田が呼んだ“伝説の拷問職人”のぺぺを演じる。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 生田くんは撮影で「“一人ベッドシーン”があって、絡むより恥ずかしい思いをしました。(仕上がりは)一人でやったと言わなきゃ分かんない。1分間ぐらいもだえつづけました」と明かした。

麻生さんは、生田くんを「ネコみたい。いい意味で敬語を使わないし、ぐっと距離を縮めてくれたので助かりました」と評していた。(⌒~⌒)ニンマリ

 映画は6月5日から、全国公開される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アリス・イン・ワンダーランド』100億円突破!

4月17日に公開されて以来、日本での興行収入ランキングを6週連続でナンバーワンの座をキープしている映画『アリス・イン・ワンダーランド』が、ついに100億円を突破した。パチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチパ

これまでのウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン(旧ブエナ・ビスタ)配給映画のうち、映画『アルマゲドン』が65日間、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』『ファインディング・ニモ』が53日間で興収100億円を達成していた。パチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチパ

『アリス・イン・ワンダーランド』はこの記録を上回る37日間で興収100億円を達成☆23日までに動員653万9,954人、興行収入101億458万3,400円を記録し、ディズニー作品最速のスピードでの快挙達成となった。(配給調べ)

 『アリス・イン・ワンダーランド』は、ルイス・キャロルの小説「不思議の国のアリス」の13年後を描いた物語。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

ティム・バートン監督、ジョニー・デップという最強タッグに、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイという超豪華キャストが個性的なキャラクターを演じ、イマジネーションあふれる世界を表現している。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

 歴代興行成績ランキング1位の映画『千と千尋の神隠し』は304億円、2位の映画『タイタニック』は262億円という興行収入記録を残しているが、ついに興収100億円突破となった『アリス・イン・ワンダーランド』は、どこまでその記録に迫れるのか、注目される。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

映画『アリス・イン・ワンダーランド』は丸の内ルーブルほか全国公開中

ジョニー・デップはどんな役をしてもかっこいいけど3Dは余り好きではないのでなんでも映画を3Dにするのは辞めてほしい。。。(━_━)ゝウーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢尻エリカに離婚を決意させた“ライバル”の存在

高城剛氏(45)との離婚を宣言した沢尻エリカ24)。沢尻エリカがスピード離婚を決断した理由として、金銭問題、夫への嫌悪感が取りざたされているが、もうひとつ見逃せないのが“ライバル”の存在。竹内結子(30)の“大活躍”が最終的に沢尻エリカの背中を押したとの見方が浮上している。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

「竹内と沢尻は前所属事務所の先輩、後輩の関係です。しかし、2人はブレークした時期が近いため、沢尻は竹内を先輩ではなく、“ライバル”として意識しているというのです。今やその竹内は国内外で引っ張りダコ。沢尻は居ても立ってもいられなくなったのでしょう」(芸能関係者)

沢尻エリカが前所属プロに契約解除を通告されたのは半年前。ちょうどその頃、竹内の海外ドラマ「フラッシュフォワード」出演が決まった。「フラッシュ――」は「24」や「LOST」などと並ぶ米国の話題作。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

しかも、竹内の出番は当初1話だけの予定だったのに、演技力が評価され、結局ラストまで出演することになった。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

竹内は今後、ハリウッド進出の可能性もあるという。

気の強いエリカ様がこれにプッツンしたのは想像に難くない。
「沢尻は昨年1月からハリウッドのオーディションをコツコツ受け、最近になってようやくあと一歩の状態でした。一方、竹内は沢尻を飛び越えて話題作に出演し、高評価も得ました。しかも、竹内は所属プロのプッシュで現地オーディションが“顔パス”だったそうです。沢尻は闘争心がわいたはずだし、“マネジャー”として自分をハリウッドにブッキングできなかった高城氏に失望したのではないか」(事情通)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

ようやく離婚の真相が見えてきた。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中丸雄一、"おばあちゃんのうちの匂い"疑惑に答える!

以前もお伝えしたことのある、ラジオ『R-One KAT-TUN』(文化放送)内のコーナー「KAT-TUNのビミョーな噂」。KAT-TUNにまつわる噂の真偽を、出演者である上田竜也、中丸雄一が答えてくれる人気コーナーなのだが、27日の放送でリスナーから寄せられたのが、「中丸さんは、おばあちゃんのうちの匂いがする」

 という、ある意味アイドルとしてはショッキングな噂。ウーン (Θ_Θ;)

しかも同じKAT-TUNメンバーの田口淳之介、田中聖がラジオ『KAT-TUN スタイル』(ニッポン放送)で発言したということで、微妙に信憑性がありそうな......。その噂を受け、出演者ふたりの間で交わされたのがこんな会話。

上田「ああ、お線香の匂いね」
中丸「しねえよ!(笑) 撤回しろ!!」
上田「まあ、するかしないかの事実はいいとして......」
中丸「いや、しないじゃん! しねえよ! まあ、俺は線香の匂いは嫌いじゃないけどさ」
上田「いい匂いだよね。そういうイメージなら良くない? 安心する匂いってことで」
中丸「イヤだ! あえて言う。ヤダよ!!」

 おばあちゃんのうちの匂い=お線香の匂いに持っていきたい上田くんと、それを否定したい中丸くんの攻防戦。はたから聞いているとバカバカしいような、ほほえましいような会話。結局のところ、この噂は「なし!」の判定になったのだが、その後「匂い」についての主張は続き......

中丸「でもさー。俺、匂いってあんまり好きじゃないんだよ。悪いのは当然だけど、例えば香水とか? いい匂いもあんまり好きじゃない。『無』がいいの!」
上田「ああ『無』ね。確かにいいかも。あとねー、俺、犬の肉球のにおいが好きだ!!!」
中丸「は!? 分かんねーよ! 変態かよ!」

 上田くんイチオシでもある「犬の肉球のにおい」。曰く「焦げたような香ばしいにおい」「獣のにおい」で、1回かいだらクセになる中毒性も持っているのだそう。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

ちなみに、ネットで検索してみるとこの肉球のにおいフェチは意外と多く、「クッキーの匂い」「フォアグラみたい」「焼きトウモロコシっぽい」などと感想はさまざま。

 そういえば、ジャニーズでもKinKi Kids・堂本光一が、愛犬・パンちゃんの名前の由来として「肉球が食パンのにおいがするから」と話していたような......。

いずれにせよ、飼い主にとっては癒やされる匂いであることは間違いないようだ。犬好きのジャニーズアイドルも多いけれど、みんな同じような感想を抱いているのだろうか。犬を飼っている方は、この機会に一度試してみては。ハーイ(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田優、連ドラ初主演!ビンボウ漫画家役!!

モデルで女優の山田優(25)が、7月スタートのテレビ朝日系「崖っぷちのエリー~この世でいちばん大事な『カネ』の話」(金曜後9・0)で連続ドラマに初主演することが23日、分かった。(*'-'*)エヘヘ

「ぼくんち」などで知られる漫画家、西原理恵子さん(45)の波瀾万丈の半生を描く作品で、貧乏で不幸な“がけっぷち女”役。クールなセレブ系イメージを覆す役どころに「自分でもアイデアを出して、楽しんでいます」と気合十分だ。

 1メートル69、B84W58H84の抜群のプロポーションを武器に、モデルや女優、さらには歌手と大活躍の山田優が“貧乏女”役で新境地を開拓する。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 ドラマは、「毎日かあさん」「ぼくんち」などベストセラーを連発する西原さんの、破天荒な半生を綴った自伝的エッセー「この世でいちばん大事な『カネ』の話」(理論社)が原作。

 貧乏な家に生まれた女性・絵里子(山田)が、親の借金など襲いかかる様々な不幸を、持ち前のガッツと知恵で乗り越え、漫画家として成功していく姿を描く。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 絵里子は美大入学後の画材代を稼ぐためホステスのバイトをしたり、絵の具が欲しくてゴミ置き場をあさったりする。ファッション誌の表紙を飾り、女性の憧れの的として同世代から絶大な支持を集める山田優とは、かけ離れた役柄だ。

 だが、プロデューサーは「彼女は内面に秘めた揺るぎない強さを表現するオーラ、パワー、そして強い“眼ヂカラ”を持っている。この役は彼女以外にない!!と確信しています」と大きな期待を寄せる。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・

 初挑戦する役柄に山田優も「私らしく頑張っていきたい。どうやったら“がけっぷち”な女を表現できるか考え、ペンを頭に挿したり、Tシャツの襟首をひっぱってダランとさせてみたり…自分でも、アイデアを出しながら楽しく撮影しています」とノリノリ。

主演の山田優を支えるのは塚地武雅、小泉孝太郎、田中要次、大杉漣、陣内孝則、渡辺えりら豪華な演技派キャストたち。

 私生活では、トップ俳優の小栗旬(27)と交際中で、公私ともに絶好調。実は、小栗旬も2年前に連ドラ初主演作「貧乏男子 ボンビーメン」(08年1月期、日本テレビ系)で貧乏を演じていた。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

今回の山田優の役作りの陰には、小栗のアドバイスがあるのかも!?

 持ち前のバイタリティーと根性で不幸と戦う主人公と同様、山田優がどんな女優としてのド根性を見せるか。

なんか山田優が主役のドラマって余り観たいと思わない。。。演技もイマイチだし、この人綺麗だと思わない。。。(-ω-;)ウーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛び出す“3D西野カナ”本人も大はしゃぎ!

歌手の西野カナ(21)が23日、都内で行われたソニー主催イベント「dot park(ドット・パーク)」でミニライブを行った。(*'-'*)エヘヘ

 特殊な3Dスクリーンに映し出された西野カナの歌う姿が本人の背後から迫力たっぷりに飛び出し、3D専用メガネをかけた観衆350人は大興奮。~~~ヾ(〃^∇^)o キャー!~~~ヾ(〃^∇^)o キャー!~~~ヾ(〃^∇^)o キャー!

19日発売の新曲「会いたくて 会いたくて」など3曲を披露し、「これ今、3D映像?みんなメガネかけて!」と大はしゃぎだったとか・・・

最近の若い子はみんな西野カナに見える。。。(・_・?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「月の恋人」では小悪魔。北川景子はヤマトナデシコか、男まさりか

満を持して始まったSMAP木村拓哉主演の月9ドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」(フジテレビ系)。第1話から視聴率もまあまあ、映画並みの豪華なキャスティング、中国ロケのスケールに応えて出来は上々、見ごたえのあるドラマとなっている。(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン

このドラマを華々しく飾る日中3女優の共演が話題だが、事前に彼女たちの不仲説や、またある女優の豪快な日常までもが暴露された。(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン

ヤマトナデシコのイメージが強い彼女、このドラマでイメージチェンジか。

今回「月の恋人」で北川景子が演じる柚月という役は、インテリア業界トップである「マストポール」の社長大貫照源(長塚京三)の娘でワガママな人気モデル。柚月はかつて父の元にいた葉月蓮介(木村拓哉)に惹かれるも、双方の商売上の「かけひき」に利用されていく。金持ちゆえのその境遇を受け入れ、やや冷めた態度をとるはねっかえりではあるが、葉月を思う気持ちはピュア。対し、熱く純粋でハングリーな中国人女性リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)、知的でオトナの包容力があるデザイナー・二宮真絵美(篠原涼子)のそれぞれとは違う、対照的なキャラクターだ。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

小悪魔的で気が強いタイプの柚月役は、昨年北川景子が主演した同枠「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」のヒロイン莉子には無かったキュートで新しい魅力がある。爽やかな山下智久(NEWS)の相手役とは違い、今回はオトナの木村拓哉に加え、蓮介の部下で、切れ者妖しい中国人・蔡風見(松田翔太)との絡みも重要。いままでどおりのネンネな北川景子」ではこなせない役なのだ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

 映画「花のあと」の出演で、やまとなでしこの印象が強い北川景子は、実はデヴィッド・ボウイやロッド・スチュワートなどの洋楽ロックが大好き。巨人ファン、水泳も得意で、多くの女優がそうであるように待ち時間や移動時間にタバコが離せず、お酒も強い。言うなればとてもパワフルな女子なのである。「花のあと」では市川亀治郎を相手に鮮やかな立ち回りを披露し、やると言ったら弱音は吐かない強さがある。(シネマ×ファッション誌「real FACES」記事参照)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

 そんな北川景子だから、普段は女性どうしのクチャクチャしたお付き合いがキライ。

篠原涼子もリン・チーリンも女優としてのプライドは高いので現場ではぶつかり合って見えるらしい。でも、お互いすごく認めあっている模様。。。

ドラマ放送の第一回のあと、スマスマの生放送の登場した3人の息はぴったりで、英語が話せる北川景子が、司会の中居くんの早口や、篠原さんと木村拓哉の会話をうまいタイミングでリン・チーリンに通訳。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

オトコ勝りと言われる北川景子だが、ちゃんと気も使えるのだ。うふ♪(* ̄ー ̄)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月23日 (日) | トップページ | 2010年5月26日 (水) »