« 2010年6月22日 (火) | トップページ | 2010年6月26日 (土) »

「24時間テレビ」パーソナリティーに米倉涼子やAKB48ら 番組史上最大人数で盛り上げる!!

日本テレビ系『24時間テレビ33「愛は地球を救う」』の制作発表会見が23日、東京・汐留の同局で行われ、メインパーソナリティーのTOKIOらが出席。チャリティーパーソナリティーを米倉涼子、番組パーソナリティーをAKB48と森三中が務めることが発表された。ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ

今回は同番組史上最大人数のパーソナリティーとなるが、長瀬智也は「みんなで力を合わせて、(今年の)テーマのありがとうを伝えられるようにしたい」と意気込みを語った。また恒例の“チャリTシャツ”はスタジオジブリがデザインを担当している。(*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん

今年の同番組は、TOKIOを3回目のメインパーソナリティとして迎え「ありがとう~今、あの人に伝えたい~」をテーマに家族・仲間・自然への 感謝の気持ちを再確認する内容を展開する。松岡昌宏は「(TOKIO)全員30代で番組が33回目。そして僕らも3回目でして。3回目だからこそできることがあると思う」と士気を高め、山口達也も「経験者にしかできないことがある」と自信をのぞかせた。(*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん

 昨年、一昨年は後輩のNEWSや嵐がメインパーソナリティーを務めていたとあって、国分太一は「年齢では負けないぞと。いろいろな経験をしてきたメンバーなので、自分たちの言葉で伝えていきたい」。城島茂も「30代ならではのメッセージを!」と張り切った。(*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん

 テーマである“ありがとう”にちなみ、米倉さんは「メイン(で伝えたいの)は母親かな。なかなかお礼ができてないので」と感謝の言葉。森三中の大島美幸は「AKBの大島優子さんが(総選挙で)1位になって、優越感(を感じる)。“大島”が1位になることはないので」と大島優子に頭を下げて笑いを誘った。前田敦子は「AKB48なりのありがとうを伝えていきたいです」と笑顔で抱負を語っていた。

 また、総合司会を務める徳光和夫は、AKB48の第2回選抜総選挙の司会時に好評を博した俳句をこの日も発表。「ついに出た 時を(TOKIO)駆け抜けた ニューハーフ」と、TOKIOとチャリティーマラソンランナー・はるな愛を掛けた句を披露して会場を盛り上げた。・・・( ̄  ̄;) うーん

東京・日本武道館をメイン会場に、徳光と同局の西尾由佳理アナウンサーが総合司会を務める『24時間テレビ33「愛は地球を救う」』は、8月28日~29日に放送。

今年はすごい人数がでますね。。。いまだになぜマラソンするのかわかりません。。。。"o(-_-;*) ウゥム…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コケてしまった豪華キャストの注目映画・・・・

「あれだけの豪華女優陣が共演した映画はこれまでなかったのでは。ただ、全員が主役級で野球で言えば全員が4番状態。そうなるといろいろ問題が出てくるのは分かっていたはずだが…」(映画ライター)(。・・。)(。. .。)ウン

 蒼井優、鈴木京香、竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵、広末涼子といういずれもドラマ・映画で主役級の豪華女優陣が共演した映画が12日公開の「FLOWERS -フラワーズ-」。昭和初期から現代を4つに分け、それぞれの時代を生きた6人の女性の姿を描いた作品だが、よくよく見るとキャストの並びは五十音順で、ダブル、トリプルなら6人全員が主演扱いというなんとも不思議な映画だが、そうなった裏には“大人の事情”があったのだという。( ・◇・)?(・◇・ )

「この6人はいずれも資生堂のヘアケアブランド『TSUBAKI』のCMに出演していて、資生堂が製作を手がけたため共演が実現した。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

ところが、共演を決めたものの、誰を主演にするかでひと悶着。というのも、個人事務所所属の鈴木京香以外は名だたる大手プロに所属していて、各プロダクションが『うちのが主役だろ』と一歩も譲らず。。。しかも、鈴木京香は最年長で女優としての実績もトップだったので、悩みに悩んだ結果、五十音順に並べる“苦肉の策”をとったところ、『なんで蒼井の名前がトップなんだ』とほかの女優の事務所からクレームがあって水面下で大揉めだった」(映画会社関係者)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 多忙な6人のスケジュールを調整しなんとか撮影を終えたものの、プロモーションの段階でまた問題が発生したという。

「製作サイドは公開前のメディアでのパブリシティは6人でと考えていたようだが、各女優の事務所が『スケジュールが合わない』『あの女優と一緒はダメ』『うちの女優だけでやらせろ』など好き勝手なことを言い始め、仲間&鈴木、広末&竹内、田中のみなどの組み合わせになり、あまりPR活動に乗り気でない蒼井はほとんど稼働しなかった」(同)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
 

結局、12日の舞台あいさつに出席したのは鈴京香木と仲間由紀恵のみで、国内映画の週末興行成績ランキング(12日~13日)は8位(興業通信社調べ)と予想外のコケっぷりだった。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・

「2日間の興行収入は約5495万円。最近の作品は公開2日の数字である程度成績が読めるが、2日でこの数字だと邦画のヒット基準とされている10億円に届かないのでは」(先の映画ライター)

この映画、たとえれば、一時期、他球団の4番ばかり集めて勝てなかった巨人みたいなものだった。。。。=( ̄□ ̄;)⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<倉本聰さん>ビートたけし、小栗旬ほか豪華キャスト 長渕は11年ぶり SPドラマ「歸國」

TBS系で8月14日放送される倉本聰さんが脚本を担当するスペシャルドラマ「歸國」に、ビートたけし(63)や小栗旬(27)ら豪華キャストのほかに、歌手の長渕剛(53)が11年ぶりに俳優として出演することが21日、明らかになった。(´- `)フッ(´ー `)フフッ(´ー+`)キラッ

8月15日の終戦記念日の深夜、静まり返った東京駅のホームに1台の軍用列車が到着したところから始まる。乗っていたのは60年余前、戦争中に南の海で玉砕し、海に沈んだ英霊たち。彼らは平和になった故国を目撃すること、そして数多くの仲間たちの魂がまだ海で漂っていることを知らせるために魂となって帰国したのだった……という物語が展開する。倉本さんが09年6月に舞台化したものを今回のドラマ用に新たに脚本を書き直した。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 倉本さんは「終戦から60年余が過ぎ、戦争の記憶が風化しつつある。日本がアメリカと戦ったことすら知らない子どもがいるという。少年時代をあの戦争の中で過ごした僕ら世代にとって、ただ忘れたでは済まされない深く厳しい思いがある」と脚本を書いたきっかけを語った。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

倉本さんは戦後まもなく棟田博さんが書いた小説「サイパンから来た列車」(56年)から着想を得たといい、「あれよあれよという間に、経済と科学文明の中で狂奔している今の日本人、戦後60年余を生きてきて、そうした変化にずっと立ち会ってきた僕自身でさえ、この急激な変わりようの中であぜんと立ちすくんでいるのだから、60年余の空白を経て浦島太郎のようにこの国に戻り立った英霊たちの驚愕(きょうがく)は、想像するに余りある」と英霊たちを描いたいきさつを語り、「これは鎮魂のドラマであり、怒りと悲しみのドラマである。もう先のない僕らの世代が、一つの時代の小さな証人として遺(のこ)しておかねばと思い書き下ろしたものである」とメッセージを送っている。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

 ビートたけしは「今回は、(現・東京都台東区)浅草出身の落ちこぼれ上等兵の話。おととし同じチームでやった東条英機の役からは、だいぶ降格されちゃったけど、こっちの方がおいらにとっちゃ、すんなり来るかな。英霊が今の東京を、日本を見てどう暴れるか、ま、楽しみにして」とコメントし、小栗さんは「豪華キャストの中に、自分が入れて光栄です。倉本先生の書かれたこの『歸國』は、共感できるところが非常に多く、自分でも憂いているようなことが台本に書かれていて、作品を通して自分たちが伝えることができるのが楽しみです」と出演の喜びを語った。

 日本兵の部隊長を演じる長渕さんは、俳優としての活動は映画「英二」(99年)以来11年ぶり、ドラマはテレビ朝日系「ボディガード」(97年)以来13年ぶりの復活。今回のドラマの冒頭で東京駅に到着した英霊たちが整列する前で台本上2ページにもわたる長ぜりふもあるという。長渕さんは「ドラマの現場は久しぶりですが、昔一緒にやっていたスタッフも何人かいて、古巣に戻って来たようなうれしさ、気持ちよさを感じています。今回は僕の恩師であり、大好きな倉本先生にいただいた役。英霊という難しい役で責任重大ですが、先生の喜ぶ顔を見られるよう精いっぱいやります」と意気込みを語っている。( ̄Д ̄)ノ オウッ

 その他の出演は、向井理さん、堀北真希さん、塚本高史さん、遠藤雄弥さん、ARATAさん、温水洋一さん、八千草薫さん、石坂浩二さんら。

5月末にクランクインし、東京駅(東京都千代田区)や靖国神社(同)など各地でロケをする予定☆8月14日午後9時からTBS系で2時間半にわたって放送予定だって!!

豪華なキャストなので見てみたいと思います!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寺島進に第1子の女児誕生「仕事と育児、両方とも頑張る」

昨年11月30日に18歳年下の一般女性と結婚した俳優・寺島進(46)に第1子となる女児が今月7日に誕生していたことが22日、明らかになった。++才×〒"├♪++ ヾ( ̄(エ) ̄)

母子ともに健康で、寺島さんは所属事務所を通じて「新米ではありますが、父親として仕事と育児、両方とも頑張っていきたいと思います」と喜びのコメント。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

寺島さんは2007年に知り合った夫人との結婚を「突然の事ではありますが、ご縁がありまして結婚することになりました」と昨年12月11日に発表、「これからも役者として、人として、精進して参ります」とコメントしていた。

オメデトウございます!!46歳での第1子でしかも女の子ならめっちゃ可愛くてしかたない事でしょう!!お幸せに!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安室はどうする? ロンブー淳が「結婚しない」2つの理由。

これまで数々の女性と浮名を流してきたモテ男ロンブー淳だが、今年正月に安室奈美恵との熱愛が報道された際は、少し世間の見方も違っていた。今回は淳も結婚を視野に入れているのではと見られたのだ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

しかし、6月放送されたテレビ番組で彼は「結婚はしない」と断言したのだ。

ロンブー淳は昨年末に出演したテレビ『しゃべくり007SP』の中で“一夜限りの恋”の回数について「カップラーメン、4個ぐらいかな」と答えて周囲を驚かせた。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

これは「直接回数は答えにくいから値段に例えて」という流れだったので、カップ麺が定価120円~150円とすると想像を遥かに超える回数となる。

それから年が明けて発覚した淳の交際相手が安室奈美恵だったのである。彼女は国民的大物歌手だけに世間の目も今回は『一夜限りの恋』とはならないと見られ、事実その後も安室ちゃんの子供ともうまくいっているなどの報道も流れており交際は順調のようだ。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

二人の熱愛報道も春には落ち着き、その後は新しい情報も耳にしないが、6月12日に放送された『嵐にしやがれ』の中で淳が気になる発言をした。「一生結婚しない」というのである。これには理由があり「結婚したくないというよりも、ずっと恋愛していたい」という彼なりのこだわりなのだ。結婚というのは『婚姻届』という紙を出すことによって成立するのだが、それによりそれまで“恋人”であった両者に甘えが生じるというのだ。恋愛関係にあった時は相手のことを想いやり、なにかと気遣うものだ。「好き」と言ったりするのもそのひとつだろう。しかし、『紙(婚姻届)』による安心感で「まあいいか…」という甘えが出てくるのだ。「好き」というのも面倒になり、ほったらかしておいても『紙』があるから大丈夫となってしまう。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・

そんな淳だが、子どもは大好きでいつかは子供が欲しいという。

嵐の二宮和也から「子どもが欲しいなら結婚しなきゃいけないんじゃ?」と問いただされると「“ニノ”はずっと日本で生まれ育ってきたからそう思うんだね」とたしなめられた。
そういう淳も日本しか知らないのだが。淳によるとフランスでは今、婚姻届を出さずに夫婦として子どもをつくり育てて生涯添い遂げる暮らし方が増えているというのだ。そしてそれは特別なことではなく、助成金もでるというのである。淳はこのフランス流を日本で実践する第一人者となるつもりだとまで言い切った。そうなると、安室奈美恵とは結婚という手続きを踏まずにフランス流で行くということになるのか。(━_━)ゝウーム

実は、淳が結婚しない理由はもうひとつあるのだが、こちらの方がやっかいな問題なのかもしれない。

彼は「周りに結婚してて幸せそうな人がいない」と言うのである。相方の亮は結婚しており、二人の子どももいるのだが暗に彼のことを指しているとも取れる。例えば、楽屋で亮の携帯電話に『オブラディオブラダ♪』の着信音が鳴ると彼は、それを遠ざけて出ようとしないのである。その着信音は奥さんからの電話なのだ。

そんな状況でいつもうなだれている彼を見てきたので結婚が幸せとは思えないというのだ。淳のこの告白を聞いた亮は「仕事中にカミさんとの会話を聞かれるのがいやなだけ」と弁解したが、緊急な内容だったらどうするのかと問われて「内容はわかってる。○○買ってきてや!」と打ち明けていた。( * ^)oo(^ *) クスクス

亮が結婚の良さを何らかの形で証明すると、淳の結婚観も変わってくるのかもしれないがそれはなかなか難しいことのようだ。『婚姻届』にこだわらない主旨を安室に理解してもらい世間にもそれを公表するということの方がよほど現実的なようだ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「怪物くん」短編ドラマでTOKIO松岡が監督

嵐の大野智(29)主演の日本テレビ系ドラマ「怪物くん」の特別番組「もう帰ってきたよ!! 怪物くん全て新作スペシャル」が26日に放送(後9時)される。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

TOKIOの松岡昌宏(33)がうち1つの短編ドラマの監督に挑戦。また、ベッキー(26)が主人公・怪物くん(大野)の婚約者・怪子役で出演することになった。ヽ(*^^*)ノ

 レギュラー放送は今月12日に終了したが、好評で特番が決定。「怪子編」「探偵編」「オオカミ男の嘘編」の3話構成☆本編では怪物くんのライバル「デモキン」を演じた松岡が「オオカミ男―」で監督を務めた。

 TOKIOのプロモーションビデオ14曲や、深夜の短編ドラマの演出も手掛けている松岡くんは「俳優・大野智はどんなものを要求されても何色にもなれるすごさと、感性の鋭さを持っているすごいやつ、と思っているので、今回監督ができてよかった」。一方、大野くんは「松兄(松岡)は演ずる側の気持ちが分かるので、気を使ってもらっているというのがよく分かって、すごくやりやすかった」と振り返った。

 また「怪子編」で登場するベッキーは、大野くんのほおへのキスシーンにも挑戦。「チュってしちゃいました、すいません!台本にあったからで、決してアドリブではないのでファンの方、許してください」と恐縮していた。

 番組では出演者のトーク、クイズや挿入歌「ユカイツーカイ怪物くん」に合わせた「カーイカーイ体操」も初披露される。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

怪物くん面白かったのでスペシャル楽しみ~ワク((o(=´ー`=o)(o=´ー`=)o))ワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月22日 (火) | トップページ | 2010年6月26日 (土) »