« 『龍馬伝』高杉晋作のキャスト発表が遅れたのは広末涼子のせい!? | トップページ | 「失楽園」ヌードから…ギャラ高値安定、黒木瞳“戦略” »

マツコ・デラックスって!!

●キムタクと同級生!!(○ ̄ ~  ̄○;)・・・・
 もはやバラエティー系番組におネエキャラは欠かせぬ存在。ひところのKABA.ちゃん、IKKO、はるな愛といった名前がすぐ出てくるほど。そこへ新たに割り込んできたのがマツコ・デラックス(37)だ。(○ ̄ ~  ̄○;)

身長178センチ、スリーサイズはすべて150センチ、体重も150キロという「相撲取りに間違えられたこともある」ほどの巨漢。しかも「女装するのが好き」ということから女装ファッション。おまけに歯に衣着せぬ毒舌家ときている。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

今ではタレントの人気のバロメーターといわれる「潜在視聴率ランキング」でも、並み居る人気タレントを押しのけて上位にランキング入りするという売れっ子ぶりだ。

マツコは、もともと活字の世界で活動してきた「コラムニスト」。

自らは“女装コラムニスト”と言って笑いを誘っているが、マツコ自身、お茶の間でこれほどウケるとは思っていなかったのではないか。( ̄ω ̄)(ーωー)( ̄ω ̄)(ーω-)

マツコは千葉県千葉市の出身・・・・SMAPの木村拓哉同期だったという千葉県立犢橋(こてはし)高校卒業後、美容師の世界を経てゲイ雑誌の編集者となる。その編集者時代のマツコに目を留めたのが作家の中村うさぎさんだったとか・・・・
「以前からマツコがゲイ雑誌にちょこっと書いている文章が好きで、私から会いたいと希望したのですが、本人は呼ばれた理由がわからず、困惑しているようでした。しかし、少ししゃべっただけですぐに周囲を自分の磁場に引きずり込むオーラと話術のセンスはさすがでした。そして何より、その業の深い魂に強く共鳴した私は、彼女を自分の“魂の双子”と感じました」(中村さん)( ̄ω ̄)(ーωー)( ̄ω ̄)(ーω-)

●毒舌は「地」!?
 本職の作家との出会いは、マツコに大きな刺激を与えたらしい。それから間もなく週刊誌や月刊誌に書きまくる。テレビ出演は07年ごろからだ。とくにお昼の情報番組「ピンポン!」では“毒舌コメンテーター”として評判を呼んだ。それがきっかけでバラエティーやトーク番組に顔を出すようになり、今ではTOKYO MXの生番組「5時に夢中!」でレギュラーコメンテーター、また深夜枠ながら「マツコの部屋」(フジテレビ系)という冠番組を持つほどの活躍ぶりだ。|* ̄Д ̄*||*-д-*||* ̄Д ̄*||*-д-*|ウンウン

もちろん、毒舌も健在。とりわけ「5時に夢中!」では言いたい放題。同局を東京都の校内放送と言い放ったり、司会者が凍りつくような発言をしたり、ときに日刊ゲンダイ本紙もヤリ玉に挙げられている(笑い)。
「あの毒舌キャラはテレビ用でなく、プライベートでもあのままです。人の好き嫌いが激しい女ですが、ただ、好きな相手にはとことん誠実で、毒舌ながらも本物の愛と友情を注ぎます。しかもすごく義理堅い。だから友人としてものすごく信用できます。あの毒舌も、決して上っ面のお世辞を言わない人間であろうとする彼女の誠実さの表れだと思いますね」(中村さん))

当分はテレビ界で暴れまくりそうだ。( ̄o ̄)o オゥ!

|

« 『龍馬伝』高杉晋作のキャスト発表が遅れたのは広末涼子のせい!? | トップページ | 「失楽園」ヌードから…ギャラ高値安定、黒木瞳“戦略” »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツコ・デラックスって!!:

« 『龍馬伝』高杉晋作のキャスト発表が遅れたのは広末涼子のせい!? | トップページ | 「失楽園」ヌードから…ギャラ高値安定、黒木瞳“戦略” »