« 2010年9月 3日 (金) | トップページ | 2010年9月13日 (月) »

浅野温子、フジ系連ドラ14年ぶり出演! うつ病患う母親役で嵐・二宮くんと“親子”共演

女優・浅野温子が、10月スタートの新ドラマ『フリーター、家を買う。』(フジテレビ系 火曜・後9時)で、同局の連続ドラマに1996年の『コーチ』以来14年ぶりに出演することが7日、わかった。(*'-'*)エヘヘ

浅野さんは、嵐の二宮和也演じる主人公の母親で、近所からのいじめ、無関心な家族の態度に耐えた結果、うつ病にかかってしまうという難役に挑む。浅野さんは「二宮さんとは初共演ですが、いつも笑顔で、まわりを受け入れる許容の深い方で、安心して演じることができています。温かくて悲しくて元気になるドラマ、ぜひご家族で見ていただけたらと思います」と意気込んでいる。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

1980年代に一世を風靡した“トレンディドラマ”に次々と出演し、常に話題を振りまいてきた浅野さん。88年の『抱きしめたい!』では、女優・浅野ゆう子と共に“ダブル浅野”としてブレイク・・・・91年の『101回目のプロポーズ』では、死んでしまった恋人を忘れられないチェロ奏者を熱演し数々の名シーンを生んだ。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

今回、浅野さんが演じるのは、夫や子どもたちのことを一番に思い、尽くしてきた専業主婦寿美子。だが、近所からの陰湿ないじめに遭い、息子の誠治(二宮和也)が、就職した会社を3ヵ月で辞めたことで、誠治と夫の誠一(竹中直人)との折り合いが悪くなり、さらに更年期障害などが重なり、うつ病を発症してしまう。医者から、寿美子が重度のうつ病だと診断され、病の原因が自分にもあることに気づいた誠治が奮起していくきっかけとなる。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 同作のプロデューサーは、浅野さんの役どころについて「数々の幅広い役柄がどれも印象深い浅野温子さんが、今回の新しいホームドラマの要である母・寿美子を演じることで、うつ病にかかり不安定な精神状態でありながらも家族を思う母の愛と、その繊細な描写を体現してくださると確信し、そんなお母さんと、お母さんのために必死にもがき頑張る主人公・誠治の姿が、見る者の心を打つと思いました」と期待を寄せている。

仕事を辞めたフリーターが、仕事への意欲や、家族再生の希望を見つけていく社会派ドラマとなる今作は、二宮くんがダメなフリーター役を演じることでも話題に。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

嵐としての活躍はもちろん、俳優としても確かな演技力に定評がある二宮くんと、これまた演技派女優である浅野さんが合間見えることで、どのような化学反応が生まれるのか?

同局は、今作で新たな“ホームドラマ”を形成していくと自信をのぞかせているだけに、2人の融合には注目だ。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

ドラマ すごく楽しみです!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東方神起も復活へ──!? "ゴリ押し"で音楽流通を支配してゆく韓国K-POPの脅威

ここ最近、日本の音楽シーンを賑わせているのが韓国発のポップス・通称K-POPアーティストたちである。

 韓国のみならず日本でも大ブレイクを果たした東方神起に続けとばかりに、昨年よりBIGBANG、超新星をはじめとする男性アイドルグループが続々と日本デビューを果たした他、少女時代、KARAなどの女性アイドルグループもこの夏に相次いで日本デビュー。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

特に少女時代に関しては、民主党代表選挙や円高などの重要な国内ニュースを差し置いてNHKニュースがその来日をトップで紹介。一部のネット上では、そのゴリ押しぶりに批判が多く寄せられたのも記憶に新しい。

 もはや、テレビをつければ彼らを見ない日はないといっても過言ではないK-POPアーティストたちだが、今後さらに彼らを見かける機会が増えそうだ。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

「実は某韓国系ネットワークゲーム企業がパイプ役となって、日本の音楽流通関係者にK-POPアーティストを売り出すように猛プッシュしているんです。現在、CMソング、ドラマ主題歌のみならずアニメソングにいたるまで、タイアップを水面下で続々獲得しているみたいです」

 と語るのは、国内の音楽流通に詳しい関係者だ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

「現在、日本国内における音楽流通の最大手の一つであるTSUTAYAなどは、すでに来年の流通戦略を固めており、年明けから店内で幅をきかせるのは演歌、アイドル、アニメソング、そしてK-POPになるそうです。もうJ-POPを扱う方が珍しいくらいになるかもしれません」(前述の音楽流通関係者)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 というから、笑っていられない。もはや斜陽産業の象徴となってしまったJ-POPは、市場からも切り捨てられてしまう運命なのか。

 また、別の音楽業界関係者は、「実は来年から東方神起が5人での活動を再開するみたいです。権利の関係で活動は当面韓国国内限定となりますが、それでもK-POP人気の後押しになることは確実です」と語る。

ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ

 もはや四面楚歌のJ-POP。気がつくと音楽番組はK-POPアーティスト紹介番組になっていた......。そんな日もそう遠くないのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『BECK』初登場1位!!2位が『ハナミズキ』で向井理の出演作が1位、2位と独占

旬の俳優の勢いというものは、その作品の魅力を何倍にも押し広げてしまうものだ。今ならさしずめ、向井理が旬の俳優の筆頭に挙げられるだろう。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

国内興行ランキングでは、先週までトップを獲得していた映画『ハナミズキ』に続き、今週は『BECK』が首位を獲得☆向井理出演の映画が次々とランクインしている。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」も9月25日の最終回にむけて高視聴率をキープしている中で、彼の人気もうなぎ上り。俳優としての向井くんの勢いはまだまだ続きそうだ。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

今週、初登場にして首位を獲得した全国316スクリーン公開の映画『BECK』は、初日2日間で動員23万151人、興収3億1,357万4,750円を記録。最終興収23億円を記録した映画『ゲゲゲの鬼太郎』との初日2日間の対比で99%とほぼ互角の数字を記録しており、さらなるヒットも期待できそうだ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

劇場には、キャストのファンと思われる20代、30代の女性が多く来場し、さらに原作ファンの男性も数多く見られるなど、オールターゲットを集客。配給元の松竹では「最終的には興収30億円を目指したい」と意気込んでいる。

続いて2位も向井理出演作品の『ハナミズキ』。5日までの累計動員は149万7,826人、興収が18億8,006万920円。早くも興収20億超えが間近となっている。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

3位はこの夏の興行第2位の成績を記録している映画『借りぐらしのアリエッティ』。公開8週目にして、累計動員が698万6,428人、興収84億3,177万2,770円という結果となっている。

そして4位は、映画『トイ・ストーリー3』がワンランクダウン。興収118億円を上げた『アリス・イン・ワンダーランド』に続き、ディズニー配給作品としては今年2本目となる100億円超え。オオーw(*゚o゚*)w

本作は、3D特別料金というアドバンテージもあり、この夏の興行第1位となったが、今後は3D作品『バイオハザード IV アフターライフ』の公開などもあって、9月9日、10日あたりを境に公開規模が縮小されるもよう。最終的な興収は約105億円となるのではないかといわれている。オオーw(*゚o゚*)w

 そして5位は映画『ベスト・キッド』、6位は『劇場版メタルファイト ベイブレードVS太陽 ~灼熱の侵略者ソルブレイズ~』、7位は『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』となり、それぞれ前週に比べてワンランクずつダウンという結果になっている。

 初登場作品以外は全体的に順位を下げている今週のベストテン作品だが、その中で唯一ワンランクアップを果たしているのが、8位の『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』だ。公開10週目を迎え、累計動員は547万1,451人、興収は70億1,437万8,500円を突破した。(ノ゚ー゚)ノ☆才≡⊃"├¬♪

 9位には宮崎あおいと大竹しのぶの初共演作『オカンの嫁入り』が初登場ランクイン☆全国89スクリーンと公開規模はそれほど大きくはないが、土日2日間の動員は3万2,575人、興収は3,865万7,200円で、見事ベストテン入りを果たした。客層は大河ドラマ「篤姫」で宮崎あおいを知ったであろう年配層が中心で、午前から午後にかけて順調な動員を果たしているとのこと。年配層向けの作品は口コミが大きく影響してくるため、今後この作品がどれだけ広がるか、という点にも注目しておきたい。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

そして10位には『仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』が2ランクダウン。11位が『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』で、4ランクダウン。公開9週目にして、『ポケモン』がベストテン圏外ということで、夏休みの終わりを実感させられる今週のランキングとなっている。

 今週末に公開される最注目作品はやはり『バイオハザード IV アフターライフ』であろう。4、5日の先行上映での興収が4億1,842万6,140円を記録しており、今年の先行上映の記録では最高値となっていることからも、期待値はかなり高くなっていることだろう。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・

さらにモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で深津絵里が主演女優賞を獲得したばかりの『悪人』もタイムリーな公開タイミング。この受賞が興行にどのように影響するかに注目しても面白いだろう。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

その他、高知のよさこい祭りをテーマとした溝端淳平主演の『君が踊る、夏』のランクインにも注目したい。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

今向井さんの人気はすごい!!演技もいまいし、カッコイイ、『ハナミズキ』『BECK』はかならず観に行きます!!

溝端淳平くんの『君が踊る、夏』も『悪人』も気になります!!

9月は観たい映画がいっぱいあります!!o(*^▽^*)oエヘヘ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大河美女5人あでやか時代絵巻

女優・上野樹里(24)が主演する次期NHK大河ドラマ「江(ごう)~姫たちの戦国~」(来年1月9日スタート)のロケが7日、京都市東山区の建仁寺で行われた。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

ドラマは徳川2代将軍秀忠の正室で、徳川3代将軍・家光を産んだ江の生涯を描く。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

江(上野)の2人の姉・茶々役の宮沢りえ(37)と初役の水川あさみ(27)、母の市役で11年ぶりに女優復帰した鈴木保奈美(44)、細川ガラシャ役のミムラ(26)ら主要キャストが勢ぞろいし、あでやかな姿を披露~!!(゚▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽T*)

上野樹里は「実際に衣装を着て物語にゆかりの深い京都に来ると、またこみ上げてくる思いがありますね」と感慨深げに話していた。

すごく楽しみにしています!!1年間頑張ってください!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

櫻井翔が堀北真希とお忍びデート!? あの大物俳優も同席で熱い一夜

今年1月から放送されていたドラマ『特上カバチ!!』(TBS系)に主演した、嵐・櫻井翔。( ̄∇+ ̄)vキラーン

日曜夜9時からの日曜劇場での放送とあり、家族団らんで楽しめる内容が好評だった。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

正義感と情熱あふれる行政書士志望の青年を櫻井くんが演じ、そのライバル役で犬猿の仲の行政書士を堀北真希が演じた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

中村雅俊、高橋克実、浅野ゆう子ら脇を固める俳優はベテラン揃いで、現場の雰囲気は若手の櫻井くん、堀北さんをかわいがる先輩陣といった様子だったとか。
この共演をきっかけに、櫻井くんは高橋さんと二人で飲みにいくようになるなど新たな交友も始まったが、櫻井くんにとってはそれ以上に有意義な関係も生まれたようで......。

「どういうわけか見当もつかないんですが、櫻井くんと真希ちゃんがゲイバーに出没したんです。しかも遠藤憲一も一緒だったんで珍しいですよね。あの組み合わせは、聞いたことがないので。ボディータッチしたり、恋人同士のような雰囲気でした。それをあのエンケンが横で目を細めながら見ていて、まるでふたりの保護者みたいでしたよ」(新宿2丁目の飲食店経営者)

 櫻井くんと堀北さんは歳が近く、また仕事熱心で生真面目なところが似ているだけに、共鳴しあうところがあったのかもしれない。「犬猿の仲でライバルという設定なので、普段から嫌われるように心がけてます」と舞台裏を堀北さんが明かせば、「全然そんな空気ないですよ、笑顔の絶えない現場です!」と櫻井くんが返すといった、連携のとれたフォローを撮影時からみせ、また、遠藤さんは同ドラマの主題歌だった嵐の「Troublemaker」を覚えたことをうれしそうに櫻井くんに伝えるなど、嵐がお気に入りの様子。芸能関係者がこう証言する。

「当然のこと、ジャニーズは異性関係にうるさいので、櫻井としても第三者をはさんで意中のコと会う手口を使ったのでしょう。これまで櫻井は、大きな女性スキャンダルが出たことがありませんし、そのあたりの慎重さは抜きん出ているのでは」( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 いまや人気はSMAPを超えたと言われる嵐、櫻井くんが異性関係に神経を使うのも当然だろう。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

仲のよい友人と飲むのにも、同席者をつけるとはさすがの危機管理だ。

この関係が恋愛に発展したら、心優しき遠藤さんがキューピッドということになるのかも?(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 3日 (金) | トップページ | 2010年9月13日 (月) »