« AKB48・前田敦子の天狗っぷりが止まらない!? 今度はメンバーを恫喝か | トップページ | 「2,000以上は読んでます」! 反応をもらえるウチワのコツをキムタクが明かす »

超異例!コブクロ主題歌から月9タイトルが「流れ星」に決定!

「コブクロ」が、10月スタートのフジテレビ系ドラマ「流れ星」(月曜・後9時)の主題歌「流星」(11月17日発売)を手掛けたことが分かった。

主演俳優・竹野内豊(39)とコブクロは、純愛ストーリーである同ドラマのイメージが「星」で合致・・・・ドラマのタイトルは、同曲の曲名を基に決定する異例の制作過程となった。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 主演の竹野内さんとコブクロのイメージが、ぴったり重なった。ドラマは、秘密を抱えた水族館飼育員(竹野内)と、上戸彩(24)演じる人生に絶望した風俗嬢の純愛を描き、愛のない契約結婚をした2人が真実の愛に変化していくラブストーリー。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 仮の台本を読んだコブクロの小渕健太郎(33)は、キーワードの「クラゲ」を手がかりに「水族館で水槽を漂うクラゲの映像を見ていたら、そこが宇宙のように見えてきました」と、宇宙に流れる“流星”をイメージした。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 また、竹野内さんは「クラゲは、子供のときは星に見えるから“星”を(ドラマの)タイトルに織り込んでみては」と同番組のプロデューサーに提案・・・・その翌日に主題歌の曲名が「流星」であることを知ったプロデューサーが「運命を感じて、タイトルを即決しました」。まさかの一致に、小渕さんも「それはすごい!」と驚いた。

 作詞・作曲した小渕さんは「流星には、少しもの悲しさも感じていました」とイメージ。「同じ星座を共有する星が待っていて、消えそうになりながらも一人、夜空を駆け抜けてゆく。そんな情景がラブソングに変わりました」とコメントした。プロデューサー

 コブクロと竹野内さんの連ドラでのタッグは、05年「瑠璃の島」(日テレ系)の「ここにしか咲かない花」以来。「月9」の主題歌は07年「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」で65万枚を売り上げた「蕾」以来2度目。プロデューサーは「『蕾』を超える名作を作ってほしい。初めて聴いたときは、感動して鳥肌が立ちました。ドラマの世界観と完全にシンクロしているので素晴らしい化学反応が起きると思います」と大ヒットを期待した。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

ドラマ竹野内豊さんがでるし、主題歌コブクロだから楽しみ!!

面白いドラマだといいなぁ~(*´∇`*)

|

« AKB48・前田敦子の天狗っぷりが止まらない!? 今度はメンバーを恫喝か | トップページ | 「2,000以上は読んでます」! 反応をもらえるウチワのコツをキムタクが明かす »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/219714/36722807

この記事へのトラックバック一覧です: 超異例!コブクロ主題歌から月9タイトルが「流れ星」に決定!:

« AKB48・前田敦子の天狗っぷりが止まらない!? 今度はメンバーを恫喝か | トップページ | 「2,000以上は読んでます」! 反応をもらえるウチワのコツをキムタクが明かす »