« 2010年11月25日 (木) | トップページ | 2010年12月 7日 (火) »

<新参者>最大の人気作「赤い指」が新春SPに 阿部寛の加賀恭一郎再び

人気作家・東野圭吾さんの原作で、4~6月にTBS系で連続ドラマが放送されヒットした「新参者」のエピソードゼロともいえる「赤い指」が11年1月3日に2時間半のスペシャルドラマ「赤い指~『新参者』加賀恭一郎再び!」として放送されることが1日、明らかになった。ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ

主人公・加賀恭一郎役の阿部寛さんをはじめ、黒木メイサさん、溝端淳平さんら主要キャストが「新参者」と同じ役を演じるほか、「新参者」には出てこない加賀の父親役を山崎努さんが演じる。(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)oニパッ ニパッニパッ

4~6月にTBS系毎週日曜午後9時の「日曜劇場」枠で放送された「新参者」は、初回視聴率21%、全10回の平均視聴率15.2%を記録。ドラマの舞台となった東京・日本橋の人形町は数々のメディアに取り上げられて話題を呼んだ。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

毎回、豪華ゲストが出演、また、全10話をかけて1人の犯人に迫っていき、事件にかかわる人々の心の闇をひもといていくという、これまでにないタイプの刑事ドラマが反響を呼び、放送終了後も続編を望む声がTBSに数多く寄せられていた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 その声に応える形で放送される「赤い指」は、一組の夫婦とその息子、夫の老母という平凡な家族構成の前原家に驚愕(きょうがく)の事件が起こるところから始まる。

平凡な会社員だが家族の悲劇を一身に背負い込み、加賀と心理戦を繰り広げる前原昭夫役は杉本哲太さん、夫と協力して加賀との心理戦に挑む前原八重子役には西田尚美さん、昭夫の妹で、母である前原政恵を献身的に介護し、今回の事件の重要な手がかりを持つ田島春美役に富田靖子さん。昭夫と春美の母で、今回前原家に起こった悲劇の最重要人物になる前原政恵役を佐々木すみ江さんが演じる。前原家が本当の家族を取り戻すために加賀が鋭い洞察力で複雑に絡み合う家族の糸をときほぐし、事件が解明されたときに判明する衝撃のラストとは……。

 山崎さんが演じる加賀の父は、引退した元刑事で「家族」をテーマにした今回のドラマの重要なキーマンとなる。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

また、黒木さんが演じる女性記者・青山亜美と加賀の出会いや、「新参者」で溝端さんが演じた加賀のいとこ・松宮脩平がなぜ刑事になったのか、加賀と松宮がなぜすれ違うのかなど、「新参者」で明かされることのなかったそれぞれの前日譚(ぜんじつたん)が今回のSPドラマにはちりばめられるという。(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうん

 
プロデューサーは、「この人しかいないという人にオファーできた」と山崎さんを加賀の父親役に起用できたことを喜び、ドラマ化について「『新参者』の(連続)ドラマ化が決定したときから、ぜひとも『赤い指』もドラマ化できればと考えていたので、大変うれしく思います。これも、『新参者』を応援してくださったみなさんのお陰だと思います」と喜び、「記念すべき11年のTBS初ドラマとして、みなさんへのお年玉になるようなドラマにしたい。骨太なキャラクターと人間の内面をえぐる内容で、ここにTBSありという作品になっていると思います」と自信をのぞかせている。

放送は、TBS系で11年1月3日午後9時から2時間半スペシャルの予定。

阿部寛さんは演技上手だし、「新参者」面白かったのでスペシャルドラマすごく楽しみです!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白のジャニーズ枠が少なかった理由・・・

大みそかの「第61回NHK紅白歌合戦」の出場者が24日、同局で発表され、初出場を含む44組が発表されたが、スポーツ紙などでの事前の予想をかなり裏切った人選だったという。(・x・ ).o0○

 「まず、BIGBANGとKARAの韓流歌手が選考されなかった。小林幸子との“豪華衣装対決”が毎年の風物詩となった美川憲一が落選。そして、今年は6組と言われていた“ジャニーズ枠”が4組しかなかったのは意外だった」(会見を取材した記者)

ジャニーズから選ばれたのは紅白史上初めてグループとして白組の司会をつとめる嵐、常連であるSMAPとTOKIO、昨年に続いての出場となるNYCだが、「その4組に加えて、今年デビュー30周年の近藤真彦、メンバーの井ノ原快彦が視聴率好調な朝の情報番組『あさイチ』の司会をつとめるV6も合わせた6組の出場が“当確”と言われた」(同)というが、フタを開けてみると近藤とV6の名前がなかったが、その理由とは?(?(。_。).。o0O??

 「毎年のことだが、NHKの紅白関係者はスポーツ紙や週刊誌の報道をマメにチェックしていて、『●●が当確』、『●●がサプライズ出場』などと書かれた場合にその歌手をあえて外すことがよくある。今回もジャニーズ6枠と報じられたため、わざと減らした可能性が高い」(レコード会社関係者)

今年の紅白は放送時間が昨年よりも15分短縮されることにともない、出場歌手が昨年比で6組減となったが、その枠をめぐって演歌勢からの激しい抵抗があったというだ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

「当初は演歌枠は紅白それぞれ4組の計8組という話だった。ところが、NHKに対する演歌歌手の貢献度がこれまで図り知れないため、演歌勢の所属レコード会社および事務所が『冗談じゃない』、『なんでジャニーズを優遇するんだ』などと猛抗議。・・・その結果、紅組は7組、白組は5組が出場することになった。ヒット曲がなく落選確実と言われていた伍代夏子と中村美律子もしっかり入っていた」(同)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 
とはいえ、予想よりも“ジャニーズ枠”が減った恩恵か、「大トリは嵐がつとめることになりそう」(同)というからベテラン歌手勢からしたらおもしろくないだろう。

今年の大トリは氷川きよしじゃないかしら。。。ウーン (Θ_Θ;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AKB48前田敦子に喫煙疑惑が浮上!? アイドル喫煙史

未成年の喫煙は、法に反する。少なくとも今の日本では、そう定められている。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

だが、未成年でも興味本位で喫煙してしまう者は少なくない。しかしそれが「アイドル」だった場合、事はより深刻になる。

最近では写真週刊誌にマークされていなくとも、ブログなどに掲載した写真から「喫煙疑惑」が持ち上がってしまうこともあるから、余計やっかいだ。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

たとえば、現在、日本のトップアイドルと言って過言でない地位までのぼりつめたAKB48。今年も紅白歌合戦出場はほぼ確定、そんな彼女たち、メンバーのほとんどが個人ブログを開設しており、多忙な合間を縫って日々の出来事を写真つきで報告しているのだが、そこに掲載された写真が問題となることも稀にある。

 つい先日、常にAKBのセンターポジションに陣取っているエース・前田敦子(19)の喫煙疑惑写真がネット上で話題となった。(⌒~⌒)ニンマリ

問題の写真は昨年夏頃からたびたび俎上に上がってきたもので、居酒屋風の店内で、前田敦子らAKBメンバー4名が食事をしているショット。

写っているのは全員現在も未成年のメンバーなのだが、テーブル奥に、吸いがらに見える細長く白い物体が入った透明な灰皿のようなものが写りこんでおり、また、前田の手元に使い捨てライターのように見える物体が置かれていることから、彼女に喫煙疑惑が降りかかってしまったのである。件の写真はメンバーのブログにUPされたことからネット上で問題視されるようになり、たびたび検証が行われてきた。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 前田敦子でないにしろ、もし未成年の国民的トップアイドルが喫煙者であれば、大問題となることは間違いない。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

過去に一世を風靡したモーニング娘。の加護亜依(22)が、喫煙によって芸能界を追われたことは今も記憶に新しい。加護は2006年2月「フライデー」(講談社)に、07年3月には「週刊現代」(同)に喫煙写真を掲載され、所属していたアップフロント・エージェンシーを解雇となっている。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

当時まだ17歳で、年齢よりさらに幼い風貌でもあった彼女が、あどけない顔でタバコをふかして「最近、CDが売れないんだよね~」などと話していたというのだから、世間は驚いた。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

 さらに遡って1983年6月、人気絶頂のアイドルだった高部知子(43)が、くわえタバコに裸でベッドに横たわる写真が、今はなき写真週刊誌「FOCUS」(新潮社)に掲載されるという事件が起こっている。俗に言う「ニャンニャン事件」である。未成年喫煙疑惑のみならず性行為を連想させるということで大きな衝撃が業界に走った。彼女は出演中のテレビ・ラジオ・CM・主演予定映画の全てを降板し、通っていた堀越高校も無期停学に。清純さをウリにしていただけに、ダメージは大きかった。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

 そのほか、"スライム乳"を持つ爆乳アイドルとして活躍していた小向美奈子(25)も、海辺で一服する15歳当時の喫煙写真が流出した過去があり、グラビアアイドルの山本梓(29)もカメラ目線でタバコをくわえるプライベート写真が流出。おバカアイドルとして人気のスザンヌ(24)も、女性タレント仲間と共にほろ酔いで喫煙する写真がネット上で出回っている。スザンヌにいたっては、喫煙が原因で通学していた地元高校で停学処分を受けていたというウワサまで......。( ̄△ ̄;)エッ・・・・

「片瀬那奈や安倍麻美、柴咲コウあたりは、タバコをくわえた状態で撮影したプリクラが流出したことがあります。いずれも未成年時のモノでしたが、どんなに当時親しい友人と撮影したとしても、いずれ疎遠になって(プリクラが)スキャンダルを扱う媒体に売られてしまうことは多い。イメージが大事な商売ですから、気をつけるべきですね。ウチでも十分注意するよう口を酸っぱくして言っています。北川景子のように、写真など決定的証拠を撮られていなくとも、証言だけで喫煙者であることが広まってしまう場合もありますし、また加護ちゃんのように親しい友人といる時だからといって油断して吸うと写真誌に撮られる。そもそも、未成年時の喫煙は許されることではありませんが」(芸能事務所スタッフ)

 ここ数年は、分煙が進んでいるとは言え年々喫煙者の肩身が狭くなっている日本。

元アイドルの小泉今日子(44)は堂々とテレビ番組でも喫煙者であることを明かし、楽屋で美味しそうに一服する姿なども写していたことがあるし、元おニャン子クラブの工藤静香(40)も喫煙者であったことは有名。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

だが、世の中の嫌煙ブームが高まる昨今では、成年と言えどもタレントが堂々と喫煙することはイメージ低下につながってしまうようだ。もちろん、前出の芸能事務所スタッフが言うように、未成年の喫煙は御法度。数多くのメディアに露出し、甚大な影響力を持つタレントだからこそ、肝に銘じてもらいたい。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あっちはどんな内容なのよ!」篠原涼子にライバル心剥き出しの米倉涼子

秋のドラマも出揃い視聴率に一喜一憂しているテレビ局や芸能事務所だが、とりわけ激しい火花を散らしているのが篠原涼子と米倉涼子のW涼子対決。『黄金の豚』(日本テレビ系)では篠原が会計検査庁の調査官、『ナサケの女』(テレビ朝日)では米倉が国税局の査察官を演じるなど、税金を扱うテーマがモロ被り。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

しかも『ナサケの女』の脚本を手がけるのは篠原の出世作『ハケンの品格』(日本テレビ系)の中園ミホということで、スタート前から注目が集まっていた。

「『黄金の豚』が15.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『ナサケの女』が17.6%と初回の視聴率では米倉に軍配が上がったが、記者発表の段階から篠原は米倉のドラマについて尋ねられても『知りません』と完全無視・・・・あからさまに『一緒にしないで』と言わんばかりの態度だっただけに、米倉はしてやったりで上機嫌でした。米倉の意識過剰ぶりも半端でなく、『あっちはどんなシナリオなの?』『なんとかして内容が分からないの?』と周囲のスタッフに当り散らしていました。"数字を稼げる女優"としてのランクは明らかに篠原のほうが上。同年代の女優として相当気にしているようです」(番組スタッフ)ムカムカ…((o(-゛-;)

 もっとも両ドラマともにコアな視聴者からの評価は散々のようだ。

「税金をテーマにしているがリアリティはゼロ。漫画レベルのありがちな展開は正直つらいものが......。

篠原、米倉の両女優ありきの企画というのがミエミエ。

関係者からは厳しい声も上がっている。

・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンーどちらのドラマも見てないのでわかりません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KAT-TUNの新曲がボカロ人気曲にそっくり? 作者「ショックすぎる」

「KAT-TUN」の11月発売の新曲が、2月に発表された人気VOCALOIDクリエイターの曲にそっくり──こんな感想がTwitterなどで広がっている。・_・;)_・;)・;);)) ナントッ

自作曲と聴き比べたボカロ曲の作者は「ショックすぎる」とブログにつづり、曲を聴き比べたユーザーからの応援コメントが多数投稿されている。

 似ていると話題になっているのは、11月に発売されたKAT-TUNのシングルCD「CHANGE UR WORLD」通常版に収録されているカップリング曲「NEVER x OVER ~「-」 IS YOUR PART~」と、AVTechNO!(アドバンステクノ)さんが2月にニコニコ動画に投稿した巡音ルカの楽曲「DYE」。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

DYEはAVTechNO!さんの代表曲として、CD化されてAmazonなどで販売されているほか、iTunes Storeでも配信されている。

 AVTechNO!さんは最近、自作曲をすべてニコニコ動画から削除していた。ブログによると、楽曲の削除後に「DYE」へのコメントをチェックしていたところ、KAT-TUNの曲と似ているという内容のコメントがあり、実際に聞いてみて「うわっ...そっくりだ」と驚いたという。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 「もちろん、ぼくは何の承諾もしてないし詳しい事もわからない。どういうことなんだろう....」「ショックで、ショックで ショックで ショックすぎる...」と困惑している様子だ。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

 ブログにはユーザーからのコメントが多数投稿されており、「聞き比べてみたら、似てるどころのレベルではないですよね…」「出だしからサビまでかなりかぶっていましたね」といったコメントが寄せられている。

 Togetterでも、聴き比べたボカロクリエイターの反応ツイートがまとめられている。

うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ ・・・悪いのはKAT-TUNではなく作曲者?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月25日 (木) | トップページ | 2010年12月 7日 (火) »