« 2010年12月16日 (木) | トップページ | 2011年1月 6日 (木) »

引退勧告も? ボロボロの浜崎あゆみに「活動休止」を勧める声・・・

いつの世も、時代の流れというのは残酷だ。ほんの数年前に一世を風靡した歌手やタレントも、新しい世代のスターに押されて姿を消す。頂点に君臨し続けるのは容易なことではないのだ。そんな芸能界において、10年以上もトップをひた走ってきたのが、歌姫・浜崎あゆみ(32)である。うふ♪(* ̄ー ̄)v

 アイドル女優として活動していた10代の頃はまったく芽が出なかったが、所属するレコード会社・エイベックスの社長である松浦勝人氏と出会ってから、彼女の人生は大きく変わった。1998年に歌手デビューを果たしてから、瞬く間にオリコンチャート1位の常連となり、現在まで若い世代を中心に熱狂的な支持を集め続けている。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

 そう、現在でも彼女に根強いファンがいることは変わらぬ事実だ。だが、大ブームを巻き起こした頃よりも、支持率が低下していることは否めない。ここ数年、CD売上は少しずつ減少しており、2010年に発売された3作品は、10万枚に届いていない。。。。そのうえ、加齢と共に彼女の気力・体力、何より歌唱力の衰えが心配されるようになってきている。一部関係者からは、「彼女はこれまで頑張りすぎた。しばらく活動を休止して、体調を整えてもらいたい」という声も漏れ聞こえている。(´ヘ`;) う~ん・・・

 12月15日に生放送されたスペシャル番組『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2010』(日本テレビ系)でも、特にそれは顕著だったようだ。浜崎はテレビ初披露となる新曲「LOVE SONGS」を熱唱したが、高音はつらそうで声量もない。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

もともと歌唱力に定評があったわけではなく、「浜崎あゆみ」というブランドは、愛らしいビジュアルや気さくで親しみやすい人柄、オシャレなプライベートなども含めて成り立っていたと言えるが、枯れた喉から絞り出すように声を出す姿は、見る者に痛々しい印象さえ与えかねない。前出の関係者は、次のように明かす。

「今年も大規模な全国ツアーを行い、シングルも4枚リリース。一年に5枚も6枚もCDリリースしていた99~00年頃に比べれば、緩やかなペースではありますが、そろそろ休ませてあげたほうがいいのではないかと思います。まだ32歳と若いのに、働きすぎてきたツケなのか、見た目にも老け込んでしまったようで......。ゆっくり休養を取らせてあげたほうがいいのではないでしょうか」(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

 実はエイベックスでは、浜崎あゆみの後進となる歌姫が育っていない。倖田來未は失速、EveryLittleThingもリリース頻度が落ちており、大塚愛は産休中だ。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

期待の大型新人として売り出したGIRL NEXT DOORやICONIQはサッパリ売れない。だが、エイベックスの看板と言えば、全盛期の輝きを取り戻した安室奈美恵や、ますます勢いに乗るEXILEがいる。浜崎がいつまでも同社のトップで居続けることにこだわる理由はないはずだ。

 一方で、先日女性週刊誌にも報じられたが、「浜崎あゆみ」をパチンコ台商品化したいという話が持ち上がっているという。同じくエイベックスに所属する倖田來未のパチンコ台は大ヒットしているし、浜崎の台もヒットは間違いないとして10億円もの契約金が提示されているとも言われている。活動休止したとしても、金銭的に困ることはないはずだ。

「これまで無茶苦茶に喉を酷使してきたため、もう、歌手としては限界という声もある。引退のススメ、というわけではありませんが......見た目的にも、無理をして若づくりをしている様子が見てとれますし、いつまでも20代、全盛期の自分を維持することにこだわりすぎているのでは。ビジュアル面のプロデュース能力やファッションセンス、作詞作曲の才能にも長けているので、今後は裏方に転向しても第一線で活躍できるのではないか」(芸能記者)(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

 浜崎あゆみのキャリアは一流、今や「大御所」と言っても過言ではないクラスにのぼりつめた。一時リリースを停止しても、おそらくファンが離れることはないだろう。それほど熱狂的な固定ファンが彼女にはついている。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

 昨年末に出演した某歌番組でも、彼女はあまりに歌声がヒドイと批判を浴び、「歌い手として、自分的に最低でした。。。。」と、不本意な歌声を披露してしまったことをブログで謝罪した。

その際は「まだまだ勉強が足りないようです。ホント、私、しっかりしなきゃ!!!!!!」と発奮していたが、がむしゃらに頑張れば結果がついてくるというわけではないだろう。これまでファンに多くの勇気や感動を与えてきた浜崎あゆみ。

そろそろ自らの心と体をいたわってあげることも必要ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉瀬美智子結婚!年商20億円45歳実業家と!!

女優の吉瀬美智子(35)が10歳年上の実業家と結婚したことが27日、分かった。オメデト♪(*⌒ー⌒)o∠★:゚*PAN!

複数の関係者によると、お相手は年商20億円を超える超エリート男性で、交際期間は約5年。すでに関係者には結婚を報告済みという。

今年はテレビ朝日系「ハガネの女」で連続ドラマ単独初主演を果たすなど飛躍の年に。私生活も充実させ、さらなる活躍が期待できそうだ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

ドラマに映画に、女優として今年大活躍した吉瀬さんが、飛躍の年の締めくくりとして、独身生活にピリオドを打った。

 複数の関係者の話を総合すると、すでに婚姻届は提出しており、“クリスマス入籍”とみられる。CMのクライアントなど関係者には報告済みだ。

 お相手は昨年3月に女性誌で熱愛を報じられた一般男性で飲食店から建設会社まで複数の会社を経営し、年商20億円といわれる実業家で、2人は5年前に知人の紹介で出会った。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

ほどなくして交際に発展し、1年ほど前から同居生活もうわさされ、結婚秒読みと言われていたが、一生女優として生きていける自信がつくまで結婚は封印していたようだ。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 吉瀬さんは1999年から9年間、モデルとして活躍後、32歳の時、フジテレビ系「ライアーゲーム」で本格女優デビュー。“遅咲き”ゆえに苦労もあったが、地道に努力を重ねてきた。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン


結婚の決め手については「いつしかこの人と人生を最後まで共に過ごしたいとの思いが強くなりました」と交際の中で自然と気持ちが固まってきた様子を明かした。「優しく温かく思いやりのあるとても尊敬出来る方です」とのろけてみせた吉瀬だが、「これからの長い人生も平坦ではないと思いますが、二人で力を合わせ、明るく温かい幸せな家庭を築いていきたいと思います」と決意を新たにしている。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 来年も、草なぎ剛や竹内結子と共演する映画『僕と妻の1778の物語』や『ランウェイ☆ビート』『神様のカルテ』と出演作の公開が相次ぐ吉瀬さん。大人の魅力と美しさで多くのファンを魅了してきたが、人生の節目を迎えますます輝きを増す吉瀬さんの今後の活躍にも注目が集まりそうだ。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

結婚(o^ー゚)/'`*:;,。・★オメデトー☆・:.,;*

綺麗で素敵な女優さんで私は大好きです!!これからも応援してます!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年間ドラマ視聴率TOP10、1位「龍馬伝」 ~ゲゲゲは初回最低から見事TOP3へ

今年1年、時代劇から刑事もの、恋愛、学園ものなど様々なドラマが放送され、秋ドラマもほぼ最終回を迎えた今週、単発ドラマを含む年間のドラマ視聴率が出揃った。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

1位は歌手で俳優の福山雅治が主演を務めた大河ドラマ【龍馬伝】(NHK総合)が24.4%で堂々のトップ。維新の立役者・龍馬の新たな魅力を引き出し、今年の日本を席巻した。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

そして2位は女優・松下奈緒と向井理主演の【ゲゲゲの女房】(NHK総合)。初回視聴率は朝ドラ史上ワーストを記録したが、回を重ねるごとに右肩上がり。最終話で最高視聴率23.6%をたたき出し、有終の美を飾った。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

昨年12月から放送がスタートし、初回から20%超えを記録した『龍馬伝』。幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点から描いた同作は、過去に度々映画、ドラマ化されてきた龍馬像を打ち破り、新たな“福山龍馬”として大ブレイク。俳優・福山の魅力を存分に見せつける結果となった。また、若手俳優さながらの体当たりを見せた福山の演技ももちろんだが、共演者である岩崎弥太郎役の香川照之、武市半平太役の大森南朋といった脇を固める俳優陣も大きくクローズアップされた。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン
 
 そして2位には、松下奈緒と向井理の名を一躍全国に広めた朝の連続テレビ小説【ゲゲゲの女房】。妖怪漫画で知られる水木しげるとの日々を妻・布美枝の視点から描いた同作は、初回は鈍い出足となったものの、2回目以降は一度もワースト記録を下回ることなく上昇ペースを維持。戦争の爪痕が深く残る経済復興期において、漫画家を生業とする厳しい現実や、明るく気丈に支える妻の姿は徐々に話題に。最終話での最高視聴率を持って幕を下ろした。また主題歌に起用されたいきものがかりが歌う「ありがとう」も大ヒットし、今年の流行語大賞に“ゲゲゲ~”が選ばれるなど、社会現象を巻き起こしたといえる。( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン
 
 3位には木村拓哉主演の月9ドラマ【月の恋人~Moon Lovers~】(フジテレビ系)の初回・22.4%がつけた。名作『Beautiful Life ~ふたりでいた日々~』(TBS系)以来10年ぶりとなる、木村の本格ラブストーリーは放送前から高い期待が寄せられ、4月スタートの民放春ドラマの中では最高視聴率をマーク。( ̄∇+ ̄)vキラーン

続く4位にはフジテレビ開局50周年記念として放送された脚本家・三谷幸喜が手掛けたSPドラマ【わが家の歴史】(フジテレビ系)と、放送開始から10年を迎える水谷豊主演の長寿ドラマ【相棒 season9】(テレビ朝日系)が21.2%で同率タイとなった。(* ̄▽ ̄*)ノ"
 
 ここ数年のドラマは、“初回視聴率が最高視聴率”という傾向が強いなか、やはり『ゲゲゲ~』は破竹の進撃といえる。

首位の『龍馬伝』と共に“大河ドラマ”、“連続テレビ小説”というNHKの2大看板が盤石の強さを見せつける結果となった。

また最終回を迎えた嵐・二宮和也主演の社会派ホームドラマ【フリーター、家を買う。】(フジテレビ系)も、初回から安定した視聴率をキープし、最終話19.2%で10位に滑り込んでいる。( ̄ー ̄)ニヤリッ

いずれも、出演者の話題性や演出の過激さだけに頼らず、良質なストーリーの構築がヒットのカギとなったことは明白といえそうだ。来年はどのようなドラマが誕生し、視聴者の感性をゆさぶるのか? 大いに期待したい。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

※同ランキングは、ビデオリサーチ社(関東地区)による2010年1月1日~(12月23日)現在のデータで、連続ドラマは最高視聴率をもとにランキング化。なお、4位の『相棒』は、前シーズンの視聴率と合算しランキングしている。

【龍馬伝】【ゲゲゲの女房】すごく面白かった!!今年はNHKをよく見た1年だった。(*´∇`*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

嵐効果で軒並み高値! 紅白歌合戦の観覧券がオークションで30万円!?

当選1,313組に対し、観覧希望のハガキが75万9,480通寄せられ、約578倍(NHK発表による)という倍率を記録した、大みそか『第61回紅白歌合戦』(NHK)。(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン

応募締切りは、嵐が白組司会を務めることが発表される前だったが、関係者によると「昨年から嵐をはじめとするジャニーズ枠が増えたため、今年も出場するだろうと見越して申し込んだファンが多かったのでは」とのこと。そんな中、この観覧入場整理券がインターネットオークションでも例年以上の高値で取引されていることが分かった。(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン

「ヤフーオークションでは、開始時の価格が20万円~25万円というものがほとんど。そこから値が上がり、軒並み約30万円前後で落札されているようです。これまでも同様に入場整理券の取引は行われていましたが、一昨年までは10万円前後、また、昨年でも平均約15~18万円程度で売買されていて、今回はほぼ倍の値がついていることになる。当然ながら嵐が白組司会に抜擢されたことが大いに関係しているでしょうね」(ジャニーズウォッチャー)(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

 こうした売買について、NHK側としては入場整理券等に「売買禁止」「インターネットオークション等での転売禁止」と明記するとともに、「サイト主催者などに申し入れを行なうなどの対応をしている」というが、「売買については個人取引にあたるため、残念ながら法的に取り締れないのが現状」とNHKの公式サイトには書かれている。無料で当選したハガキに(厳密に言えば応募時のハガキ代のみで)ここまでの値がつくとなれば、当選者にとってはまさに"嵐
様々"といったところだろう。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

「ジャニーズファンにとって年末年始の恒例行事といえば"カウントダウンコンサート"。嵐もこれまでは例年このコンサートに参加してきましたが、さすがに紅白司会を務める今回は、時間的にも距離的にも会場に駆けつけることができない可能性が濃厚と見られています。さらに、単なる出演者ではなく司会者ともなれば、衣装チェンジもあったり出番も多い。カウントダウンコンサートの会場である東京ドームより狭いし、長時間彼らと一緒に過ごせるうえ、最初で最後になるかもしれない紅白歌合戦司会の方にファンが魅力を感じるのも当然でしょうね」(同)( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

 昨年、第60回という節目を迎え、矢沢永吉やスーザン・ボイルの登場などビッグな"サプライズ"を連発したものの、平均視聴率は関東地区で前半37.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、後半40.8%とギリギリ40%台を保った程度で終わってしまった。しかしwebサイト「モッピーラボ」の調べによると、「今年のNHK紅白歌合戦を見るか」との質問に10代の60%以上が「必ず見る」「たぶん見る」と回答するなど、例年以上に若い層から注目が集まっていることが分かる。

2010年、日本中を吹き荒れた"嵐"がここにも吹き荒れるのかーー?( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッとにかく嵐の人気は凄いね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイナイ・岡村、志村&鶴瓶の恒例新春特番「なんとか間に合った!」

お笑いコンビのナインティナイン・岡村隆史が、タレント・志村けんと笑福亭鶴瓶が出演する新春バラエティ特番『志村・鶴瓶のあぶない交友録14』(1月2日・後11:40~ テレビ朝日系 )の人気コーナー『英語禁止ボウリング』の収録に無事“間に合った”ことが27日、わかった。\(^▽^)/

ナインティナイン対メインキャストの4人で“英語禁止”のボウリング対決を展開する同コーナーは、今回で11回目となる番組内の目玉企画。コーナー休止の可能性も十分あり、「ディレクターからも“(この収録に)間に合うの?”と何度もメールが来たけど、自分でもわからなかったから、ぜんぶ無視していたんです(笑)」と、岡村自ら暴露。「でも、なんとか間に合った!」と2人との再会を喜んだ。ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ

収録当日、埼玉県内のボウリング場に勢ぞろいした4人。11年にわたって毎年、爆笑対決を繰り広げてきた大御所2人と対面した岡村の第一声は「やったゼー! 間に合いましたー!!」。これを受け、まずは志村さんが「お帰り~!」と歩み寄り強く抱き締め、続いて鶴瓶さんも「ものすごい元気すぎや! 治りすぎや!!」と、満面の笑みでガッチリと握手岡村さんの復帰を大御所2人も心から待ち詫びていたようだ。\(^▽^)Λ(^▽^)Λ(^▽^)/ 

岡村さんは「なんとか間に合った! やっぱり、これをやらないと、お正月が来た感じがしないですからね!」とハツラツとした笑顔を見せた。

 同番組は、お笑い界の2大巨頭である志村けんと笑福亭鶴瓶が、美人女優を招いたトークあり2人での自由奔放なロケあり、また志村の実母も登場するサプライズありと、さまざまな角度からの素顔がのぞける恒例となっている新春特番。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

ナインティナインと、志村、鶴瓶がプレー中“一切英語禁止”で挑むボウリング対決は、2001年にスタート以来続けてきた人気コーナー。違反すると1回ごとに罰金1,000円を支払い、集まった罰金は、美女たちとの“合コン資金” として勝利チームにプレゼントされる。すでに10回の対決を終え、通算成績は5勝5敗の両者互角だ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

 岡村さんがずっとお預け状態にされてきた、スペア時などのご褒美として贈られる“美女からのキス”に話が及ぶと「ほんまにキスさせてよ! ずっと病院やったんやから!」や「“心の複雑骨折”を起こしたのやから、今回は楽しく(キス)させて!」と自身の闘病をいじる余裕もみせつつ、スタッフに懇願。プレー中は力強い投球でスペアを獲得すると「完全復活やな!」と鶴瓶をうならせた。さらに、矢部の熱愛をネタにし実名まで連呼するなど無法状態となり「もう仕事が楽しくて、しょうがないわ!」と、大先輩と相方に身を任せ、思いきり“現場”をかきまわしたようだ。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

岡村さんの復帰は本当に良かったです!!この番組も毎回面白いので楽しみです!(*´∇`*)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月16日 (木) | トップページ | 2011年1月 6日 (木) »