« 2011年4月12日 (火) | トップページ | 2011年4月19日 (火) »

常盤貴子に妊娠説!? 「90%妊娠してる!」とまで言われている謎に迫る

2009年10月、長塚京三の息子で演出家の長塚圭史と6年半の交際を経て結婚した常盤貴子。(*'-'*)エヘヘ

結婚後めっきり露出が減っており、現在放送中の「花王 アタックNEO」のCMで久しぶりに姿を見たという人も多いはず。(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン
 
 ふんわりとした白のワンピース姿で、「いい奥様風」な清潔感のあるCMだが、内容よりもどうしても彼女のスタイルの変化に目がいってしまう。「あれ? これってただ太っちゃっただけ? それとも妊娠?」とネット上で騒動になってしまうほど、以前よりも明らかにふっくらしているからだ。(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン

 掲示板などでは、「これって常盤貴子? と目を疑った」「あのCM見たら絶対に妊娠してると思ってしまった」、さらには、白い服にボサボサの髪、大きく見開いた目が「鳥居みゆきに似ている」という不名誉な評価も。。。ファンならずとも「あのスッキリとした印象の常盤」が、どことなく普通のオバチャンになったような、あのシルエットにはショックを受けたかもしれない。

 結婚後の常盤さんの目立った活動は、昨年9月にテレビ朝日系で放送されたドラマスペシャル『お母さんの最後の一日』での結婚後初主演。大ヒット作『ビューティフルライフ』(TBS系)の脚本家・北川悦吏子と10年ぶりにタッグを組んだことでも話題となった。その後、今月2日まで放送されていた岡本太郎の生涯を描いたNHKドラマ『TAROの塔』にも出演していた。(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン

 今月30日で39歳を迎える常盤だが、08年、彼女が35歳の時に出演した映画『アフタースクール」』では、大泉洋演じる主人公の小学校時代のマドンナで妊婦役を好演。完成披露試写会に出席した際に常盤さんは、報道陣から「実体験は?」と聞かれると「夢はまだ捨ててません」と答えていた。

 こうなると、次々と常盤さんの妊娠説に拍車がかかるのもうなずけるというもの。しかし......。

「常盤が所属する『スターダストプロモーション』は、タレントのプライベートに関してはいつも口を閉ざします。常盤自身の結婚発表の際も、ホームページでサラッと報告しただけ。夫婦ともども同プロ所属の柳楽優弥と豊田エリーが入籍する時さえも、発表会見の前日に問い合わせをした媒体に対して、『まったくもってあり得ません。あまりしつこいと、おたくとは仕事ができなくなりますよ?』と言い切ったくらいですから」(スポーツ紙記者)

 話は少し変わるが、常盤さんと同時期に結婚し、現在40歳になる坂井真紀も先月23日、自身のオフィシャルサイトで妊娠5カ月であることを発表したばかり。「90%妊娠してる!」まで言われる常盤さんだが、ドラマの放送も落ち着いた今、坂井さんに続きオメデタ報告が聞ける日も近いのだろうか......。(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

<向井理>最新DVD写真集が日本人男性ソロ最高の総合12位!!

13日に発表されたオリコン週間DVDランキング(18日付)によると、俳優の向井理さんを人気写真家の蜷川実花さんが撮り下ろしたDVD写真集「月刊MEN 向井理」(6日発売、ポニーキャニオン)が1万枚を売り上げ、総合12位を獲得☆日本人男性ソロでのイメージDVDのランキング最高位を更新した。( ̄∇+ ̄)vキラーン

 これまでの最高位は佐藤健さんのイメージDVD「My color」(08年2月発売)の13位で、3年2カ月ぶりに更新。また、「向井理 FLAT」(09年12月発売)で記録した自己最高位73位を大幅に更新した。( ̄∇+ ̄)vキラーン

 「月刊MEN 向井理」は、俳優、タレント、アスリートなど旬な男性の今を“アート&セクシー”というコンセプトで強烈なビジュアルイメージを創造する写真集シリーズ「月刊MEN」の創刊第1弾として制作された。向井さんが蜷川さんとのひらめきで、「春の桜」「梅雨のアジサイ」「夏のカンボジア」「秋の紅葉」「冬の北海道」という1年の四季を表現し、向井さんは私服姿も披露している。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 向井さんは自身のブログで、「元々写真集にするつもりもなく撮り始めた写真でしたが、蜷川さんと一緒に大きな作品を作れたのは運命的なものを感じます。あんな写真やこんな写真がいっぱいな豪華な写真集になりました。たくさんの人に見ていただきたい作品です!」とコメントしている。

先日のウルルン滞在記に出演してた向井さんめちゃくちゃカッコよかった!!(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“モー娘。から女子アナへ”紺野あさ美アナがブログ開設……スーツ姿も披露

アナウンサーとしてテレビ東京に入社した元モーニング娘。のメンバー紺野あさ美アナが、4月13日に公式ブログを開設した。(*'-'*)エヘヘ

「紺野あさ美のコンな気持ち」と名付けられたブログは、テレビ東京の公式HP内に開設。「はじめまして!」との挨拶と、“新人女子アナ”らしいスーツ姿の写真を公開している。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

 ブログでは「先日、社員証も頂きまして、今週からついにアナウンス部に配属になりました」「テレビ東京の一社員として、責任と自覚を持ってがんばっていきたいと思います」とアナウンサーとして第一歩を踏み出したことを報告。今は研修期間のようで、「それでは、今日も研修がんばります!」との言葉で締めくくっている。

 アイドルから社員女子アナへ、異例の転進を遂げて注目される紺野アナ、これからも頻繁なブログ更新を期待したい。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

本当に女子アナになりましたね!!ブログ観たけど顔が変わった。。。?アレレレ!?(・_・;?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「不愉快です」赤西仁がツイッターでファンに警告!!

3月下旬のスタート以来、注目を集めている「~Jin Akanishi official twitter USA~」。「仁を身近に感じられてうれしい」と情報に飢えたファンを喜ばせ、フォロワー数を順調に伸ばすなか、赤西が突然一部のファンに向けて「不愉快です」と発言。。。。「ツイッターをやめさせていただきます」との言葉も飛び出し波紋を広げた。(゚∇゚ ;)エッ!?

この"問題のつぶやき"がなされたのは4月11日夕方(日本時間)のこと。

「followers no nakani bokuno tomodachino twitter ni totemo huyukaina naiyouwo kaiteruhitogaimasu.moushiwakearimasenga yameteitadekemasuka?」
(フォロワーの中にボクの友だちのツイッターにとても不愉快な内容を書いてる人がいます。申し訳ありませんがやめていただけますか?)

「moshi tsuzukuyounara twitter yamesaseteitadakimasu.huyukaidesu.」
(もし続くようならツイッターやめさせていただきます。不愉快です)

 日本のファンを意識したと思われる"ローマ字"で突如つづられた、これらの文章。言い回しは丁寧だが「不愉快」という単語が2回も出てくるところに赤西の怒りが感じ取れる。(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・

しかし、あまりにも反響が大きかったせいだろうか。この発言は2時間後に削除され、午後11時(日本時間)には

「dont worry ppl i wont quit. just ignore them:) 」
(やめないから、みんな心配しないで。無視すればいいんだから)

 と改めて宣言。だったら初めから書かなきゃ良かったのに......とも思ってしまうが、誰かに何か言われたのか、その数時間で赤西の心境に何らかの変化があったようだ。

「赤西がフォローする"友人"の中には、BENIやBoA、Crystal Kay、仁クルー(ツアーに同行したダンサー集団)のLizzyやAubreeなど、赤西との熱愛をウワサされてきた女性たちも含まれています。彼女たちとの仲の良いやりとりに嫉妬した一部のファンが彼女たちのツイッターに批判的なことを書き込んだのが、今回の騒動の原因だったようですね。特に先日赤西との"お泊まり愛"をスクープされ、現在も交際中とされているLizzyには風当たりが強いようで......彼女をかばっての発言だったのかもしれません」(ジャニーズに詳しい記者)( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

 ちなみに、前日である4月10日には酔っぱらっていたためかご機嫌で

「sex or kiss??」
(セックスとキス、どっちが好き?)

「yea both of them r Oowah for me~」
(オレはどっちもOowah※だよ~。)

(※赤西の曲のタイトルにもなっている単語。気持ちいい時に出てしまう声を表現したもの?)

とつぶやいたかと思えば、

「i miss yellow gold tour so bad!!!!」
(yellow gold tourがマジで恋しい!!!!)

「i love jin crew~」
(仁クルー愛してるよ~)

「i kinda miss u aubree~」
(なんか会いたいな。aubree~※女性ダンサーの名)

 と思わせぶりな発言を連発するなど、かなり自由に振る舞ってきた赤西。これらの奔放な言動がファンの嫉妬をあおる一因となったのだろうか。

「Jr.時代、自宅まで付きまとわれたり、交際していた女性がファンから攻撃されるなど、熱狂的ファンの怖さを知っている赤西ならば、当然ファンがどう動くかは想定できたはず......軽はずみとしか言いようがないですよね。それにオフィシャルと銘打つ限り、ファンの感情を無視して、プライベートなやりとりを垂れ流すのは考えものだという気もします」(同記者)(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

 ツイッターは「アメリカでのプロモーションの一環として始めた」と言いつつ、この状況をかんがみると余計な騒ぎの種をまいているだけのようにも見える。有効なプロモーションツールとして活用するには、ファンに余計な心配をさせないよう、まずはプライベートと仕事を線引きする心掛けが必要ではないだろうか。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

与えられた折角のチャンスをモノにできるよう、また、応援している日本のファンが悲しまないよう、赤西には頑張ってもらいたい。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月12日 (火) | トップページ | 2011年4月19日 (火) »