« 2011年7月27日 (水) | トップページ | 2011年11月21日 (月) »

「新CM女王」芦田愛菜のギャラが10倍アップ 「マツコと同類の2000万円まで急騰している!」

今年の芸能界で最もブレイクしたといえば、芦田愛菜(7)だろう。

 民放関係者によれば、

「愛菜ちゃんが出演するだけでバラエティ番組の視聴率が確実に3%は上がると言われているほど。今や視聴率戦争の切り札となっています。スケジュールは、年内はおろか、来年までぎっしり。ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ)が大ヒットして、それ以来スケジュールが分刻みだと聞いています。小さな体を壊さないか心配なくらいです」

 テレビ界の救世主となった愛菜ちゃんをCM業界も放っておくはずがない。すでに今年の上半期だけでも9本のCM契約を結び、「史上最年少のCM女王」との声がもっぱらなのだ。

 広告代理店関係者が解説する。

「今年に入って愛菜ちゃんのCMのギャラは一気に10倍にまで急騰していますよ。去年までは子役としては、ある程度の知名度はありましたが、CMのギャラは200万程度。それが今では1本2000 万円です。くしくも愛菜ちゃんと同じ契約料なのが、マツコ・デラックス(38)。2人とも昨年に一気にブレイクしましたが、マツコは早い段階で2000万に到達し、現状維持が続いている。一方の愛菜ちゃんは、今後はさらに3000万円ぐらいに高騰するかもしれません」

 しかも愛菜ちゃんの稼ぎっぷりたるやハンパではない。CMの契約料に加えて、テレビのギャラもレギュラーや特番で100万円以上と言われており、今年はすでに2億円以上稼いでいる計算だ。

 超売れっ子の子役とオカマが同じ相場というのもおもしろいが、今の人気を考えると、もう少しもらってもよさそうな気がするが‥‥。

「2人ともまだキワモノ的なイメージが強いからしかたない。ギャラのアップは今後の活躍しだいです」(広告関係者)

 ところで、今年ブレイクしたといえば、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(68)もその一人。

「尾木先生は法政大学キャリア・デザイン学部教授ですが、教授職の拘束を最小限にして、テレビ出演や講演を行っています。今年はバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』でブレイクして講演やテレビ出演が急増。さらにはCM出演も舞い込み、1億円突破も確実なようです」(民放関係者)

 海外のキワモノ映像や情報の紹介、すべり系おやじギャグで人気のデーブ・スペクターのギャラも相当なものらしい。

「デーブのテレビ出演料は他の外国人コメンテーターの数倍はします。彼はレギュラーが6.7本あるので、恐らく2億円以上は稼いでいると思います。デーブの場合は、海外のエージェントからレアな画像を買いつけているので、その画像使用料も含めての値段なんです」(民放関係者)

 今や芸能界は「子役とキワモノキャラ」が、もてはやされていると言えそうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほしのあき、妊娠3カ月!来年5月ママに

9月25日に中央競馬の三浦皇成騎手(21)と結婚したタレント、ほしのあき(34)が妊娠3カ月であることが21日、分かった。来年5月ごろ出産予定という。

 結婚から約1カ月での“Wおめでた”となった形。ほしのは体調を見ながら仕事を続ける予定で、時機を見て産休に入るとみられる。

 ほしの、三浦ともに妊娠についてブログなどでコメントはしていない。ほしのは結婚翌日の9月26日付ブログで「2人で協力し合い、明るい家庭を築いていきたい」とつづったが、来年5月には“明るい家庭”にベビーが加わることになる。

 ほしのは親交が深いタレント、神田うの(36)の20日付ブログに登場。挙式時に着用するウエディングドレスをうのがデザインしているため、その打ち合わせで同19日に会ったようだが、臨月で大きくなっているうののお腹をほしのがうれしそうに触っている写真が掲載されている。妊娠の喜びを分かち合いながら、“先輩ママ”からさまざまな指導を受けた可能性もありそうだ。

 タレントの小倉優子(27)が米ハワイで今月10日(日本時間11日)に挙式した際、仲が良いほしのや今年7月に結婚したギャル曽根(25)の名を挙げて「子供を同級生にしたい」と発言したが、ほしのが一足早くママになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の紅白歌合戦出場者を大胆予想 演歌歌手の数は8割減少

10月1日の暴力団排除条例の完全施行により、NHKは紅白歌合戦に出場する歌手の人選に慎重になっている。そこで、本誌は今年の紅白出場歌手リストを予想してみた(下記参照)。これまでの出場歴や今年のヒットチャートの動向、複数のNHK関係者の証言、過去の暴力団交際報道、そして本誌が1か月にわたって報じてきた「丸の内特捜班」の捜査情報から、人気と実力に加えて“安全・安心”と思われる歌手やグループを選んだ。

これまでの紅白の顔ぶれとはガラリと変わる、衝撃的な結果がでた。過去5年の紅白と比較すると、出場者に占める演歌歌手の割合は8割ダウン、平均年齢が15歳近くも若返るという異様な光景だ。

* * *
2011年NHK紅白歌合戦・本誌予想「出場歌手リスト」
※並び順は、本誌予想の登場順

【紅組】
芦田愛菜
ももいろクローバーZ
ハロー!プロジェクト(モーニング娘。・℃-ute)
さくらまや
AKB48
KARA
少女時代
加藤ミリヤ
YUI
クミコ
いきものがかり
中島美嘉
aiko
黒木メイサ
椎名林檎
夏川りみ
平原綾香
森山良子 
DREAMS COME TRUE
レディー・ガガ
松田聖子
川中美幸
松任谷由実

【白組】
加藤清史郎
Hey! Say! JUMP
東方神起
COMPLEX
ゆず
ポルノグラフィティ
及川光博
猪苗代湖ズ
槇原敬之

関ジャニ∞
TOKIO
Mr.Children
南こうせつ
ジェロ
徳永英明
福山雅治
吉田拓郎
SMAP
加山雄三
新沼謙治
美川憲一
桑田佳祐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジ連ドラ 高視聴率もネットでは批判の声も

秋の新ドラマが続々と放送される中、フジテレビ系、月・火9時の連続ドラマが好調なスタートを切った。

17日にスタートとした「私が恋愛できない理由」は7〜9月放送「全開ガール」初回の平均視聴率14.6%を上回る17%、そして18日にスタートした「嵐」の櫻井翔、北川景子ダブル主演「謎解きはディナーのあとで」も7〜9月放送の上戸彩主演「絶対零度」初回平均視聴率15.4%を大きく上回り、18.3% だった。

しかし、このスタートダッシュにもかかわらず、ネット上では、批判の声が多く聞かれた。

「私が恋愛できない理由」では

「ありきたりのパターンが多すぎてつまんなかった」
「ドラマと呼べるような内容じゃない」
といった、ドラマの質に対する批判の声が聞かれた。

「謎解きはディナーのあとで」の評判はさらにひどい。全国書店員が売りたい本を投票で選ぶ「本屋大賞」を受賞した人気小説(東川篤哉氏著)のドラマ化ということもあり、櫻井と北川の掛け合いに期待する声が多かったが、

「期待して見たのに非常に面白くなかった」
「あのつまらなさなら、次回からは見ない」
「ミスキャストすぎて辛い」
「数字いじってるとしか思えない」
など辛らつな意見が続き、好感触の意見はほとんどなかった。

よほど好感触のドラマでない限り、初回放送以降、視聴率は下がるのが一般的。第2回の視聴率に注目したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月27日 (水) | トップページ | 2011年11月21日 (月) »