« 2011年11月30日 (水) | トップページ | 2012年1月 6日 (金) »

AKB48・前田敦子、女優としての挑戦!芥川賞映画『苦役列車』オリジナルヒロイン

AKB48のメインメンバーであり、女優としても活躍する前田敦子が、芥川賞受賞作の映画化作品『苦役列車』(2012年公開予定)で原作にはない映画オリジナルのヒロイン・桜井康子役を演じることが16日、発表された。

今年、映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』や連続ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』(フジテレビ系)などで主演を務めてきた前田だが、大ファンという山下敦弘監督の作品への出演に「まさか(今年)最後にこんなにやりたいものが舞い込んでくるなんて…。本当に幸せなお仕事です!」と喜びをコメント。

主演の森山未來、高良健吾ら実力派俳優との共演に挑む。

前田が演じるのは、その日暮らしの生活を続ける主人公・北町貫多(19歳)が、密かに想いを寄せる古本屋店員の桜井役。恋愛(女)も友情(友人)もなく、上手く女性との距離をとれない北町を拒絶するという役どころで、映画オリジナルの役への挑戦になる。

 かねてより山下監督の大ファンと公言していた前田は、今回の出演について「いつも『好きな監督は誰?』って聞かれると、一番に『山下監督です!!』って答えていたぐらい大ファンだったんです。本当に念願のお仕事だったんです」。さらに、そんな山下監督作品への出演オファーを受けた時の気持ちを「今年はいろんな作品をやらせていただいたので、もう演技のお仕事はないと思っていたんです。まさか、(今年)最後にこんなにやりたいものが舞い込んでくるなんて…。すぐに、やらせて、やらせてってお願いしちゃいました」と喜びを隠せずにコメントする。

 一方、山下監督は前田のキャスティング理由を「AKBのなかでもナゾな部分がある子というところが、何か未知なるものが生まれるのではと興味がわいて、起用させていただきました。森山君ら共演者とも女優・前田敦子としての挑戦になるんじゃないかと思っています」と期待を込めて語る。

 『苦役列車』は、11月25日にクランクイン。年内のクランクアップを目指して順調に撮影が進んでいる。

 小説『苦役列車』は、第144回芥川賞受賞作。原作者の西村賢太氏は、今年2月の芥川賞授賞式で「(一報を受けたとき)そろそろ風俗に行こうかなと思っていた…」と発言し話題になっていた。同作の主人公・北町は、西村氏自身の分身とも言われている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SMAPが20周年を振り返り、感じた想いとは?

12/21に新曲『僕の半分』をリリースするSMAP。20周年の今年は、ファンミーティングや北京ライヴ、東京ドームでのファンパーティと、“はじめて”の試みが多かった彼ら。その活動を通して、SMAPがファンに伝えたかったメッセージとは?  5人にそれぞれ語ってもらった。

【中居正広】
――SMAPの20周年ということであらためて思うことはありました?
中居 SMAPというよりひとりの人間として、自分に何ができるか考えた1年だった気がします。それにはやっぱり、震災が大きく影響していて。自分にできることなんて限られてるじゃないですか? それでもできることを探しましたし、今でも実行し続けているんです。

――実行するだけじゃなく、続けることって、さらに簡単ではないですしね。そういった意識の持ち方をできる人だからこそ、SMAPも20年間続けてこれたんでしょうね。

中居 もちろん、やっぱりそこには“意識”が必要。だから、「20年もやってきたのかぁ」としみじみ思ったりはするんですけど、20周年だから張り切ってどうこうっていうのは正直、ないんですよね。これはね、僕に限らず男はみんなそうなんじゃないかな? 女のコってそういう記念日とか大事にするじゃないですか。どちらかというと、僕らはその気持ちに応えたいという意味合いのほうが大きかった気がするんですよね。

【木村拓哉】
――今年は、SMAPとファンの皆さんとの絆を感じる年だったのでは?
木村 とったことのないコミュニケーションのとり方をさせてもらったなっていう感覚はありますね。「パーティ」という言葉が“ようやく使われたか”ってこの間思ったんだけど、自分は前からその感覚だったので心地良かった。距離を近く感じられて。肩に力が入ったライヴより、お互いがリラックスした状態で。食事とかしてもいいんじゃないかなって思ったぐらい(笑)。自分らの楽曲だけじゃなく、好きな曲を歌い合ってもいいかなとか。

――生でキャラクターが出てくるのも久しぶりで楽しかったです。
木村 フフフッ(笑)。まああのキャラクター(Pちゃん)になれば、なんでもできちゃうだろと思って。

【稲垣吾郎】
――2011年ですが、改めて振り返ると、何が真っ先に思い浮かびますか?
稲垣 震災が起きたことで今までの価値観がまるっきり変わりました。命の大切さ、人と人との心の繋がり……いろんなことを考えさせられたし、改めて普通に生活することや仕事をすることをありがたく思いましたね。そこから、偶然20周年だったこともあって、より多くの人に会いたい思いでファンパーティをしたり、東北へも行かせてもらいました。みんなで20周年をお祝いすることで、心の繋がりを感じることができたのは嬉しかった。と同時に、今までやってきたことが間違いではなかったと思いました。北京公演で今まで会うことができなかった人とも触れ合うこともできたし。本当に濃密で、SMAP一色な1年でしたね。

【草なぎ 剛】
――デビュー20周年の今年は、地方や西武園でのファンミや北京ライヴ、東京ドームでのファンパーティなど、初挑戦づくしの年でもありましたが?
草なぎ ファンミーティングというのが、20年間で初めてだったので、とても新鮮に感じました。今回はすごく近い距離にお客さんが居て、嬉しかった。もちろん大きな所でやる楽しさや、良さもあるのですが。今回、小さいからこその熱気とか、気がつくこともたくさんあって。お客さんの盛り上げ方とか、コミュニケーションのとりかたとか。そういう小さな発見を、来年は大きく育てていきたいなと思ってます。

【香取慎吾】
――今年は20周年ということで、全国で数千人規模のファンミーティングをやったり、初の海外公演があったりと充実した1年でしたよね。
香取 ファンミーティングで全国を回ったときには、僕らのデビュー当時のコンサートに行ったよって言って、当時の写真を持ってきてくれたり、チケットを見せてくれたり、嬉しかった。実は、20周年も最初はここまでいろいろやる予定ってなかったんだ。でも、震災があってからメンバーでいろいろ考えて、結果、こんな活動ができた。いろいろな場所でこうやって応援してくれる方がいたって実感できたことで、21年目からのSMAPにも新しい方向性が生まれたような気がしてます。

SMAP大好き!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<倖田來未>「おなかに赤ちゃんができました!」とファンに結婚&妊娠を生報告

ロックバンド「BACK−ON」でボーカルとギターを担当するKENJI03(ケンジスリー)さん(27)と年内に結婚すると発表した歌手の倖田來未さん(29)が16日、東京都内で新曲「Love Me Back」購入者限定ミニライブを開催。自らの言葉で「29ちゃい倖田來未結婚しましたー!」とファンに結婚を報告。さらに「おなかに赤ちゃんができました!」と妊娠も報告した。ファンからの祝福に感激し涙を見せながら、「今は安定期ではなく、本当は安定期に入ったら報告させてもらいたかったんだけれど」と明かした。

2人は、倖田さんがBACK−ONに楽曲提供を依頼し、8月に発売した曲「Poppin’ love cocktail feat.TEEDA」でコラボレーションしたのがきっかけで出会い、その後交際に発展したという。同じエイベックスに所属しており、今年夏に行われた同社のライブイベント「a−nation」ではステージ上で共演も果たしている。

 倖田さんは「今までまわりから『結婚しいや』とかいわれてきたんだけれど、やっとみんなに報告できてうれしく思います。入籍はまだなので(仮)って感じなんですが。山口百恵さんのように(結婚を機に)引退という道もあって考えたんだけれど……」と心境を明かし「(引退といって)マイクを置いてもマイクが私の後をついてくる。普通の人生を送っていく想像がつかなくて、歌わせてもらえるなら(ステージに)立ち続けたいので、よろしくお願いします」と改めてファンにあいさつした。

 この日のライブは、新曲「Love Me Back」の購入者から抽選でのべ400人を招待するプレミアムイベント。倖田さんは新曲の「LOVE ME BACK」はじめ「愛を止めないで」「Poppin’ love cocktail」全3曲を披露した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

号泣!そして最終回へ…「家政婦のミタ」35分遅れも28・6%

松嶋菜々子(38)主演の日本テレビ系連続ドラマ「家政婦のミタ」(水曜後10・00)の第10話が14日に放送され、平均視聴率が28・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。第10話は15分拡大版で放送され、サッカーの「トヨタプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ準決勝」中継放送により、午後10時35分から放送された。

 前回の27・6%からは1・0ポイント上昇、今年放送のドラマで最高を記録した第8話の29・6%には届かなかったものの、今年のドラマでこれも2番目の数字となった。これで6週連続20%超えとなり、10話までの平均も23・4%となった。

 松嶋演じる“笑わない・媚びない・色気もない”、無口で無表情な冷血漢だが、完ぺきなスーパー家政婦・三田灯が家事を通じてさまざまな家庭の問題を解決していくホームドラマ。三田の世話になる一家の主人役で長谷川博己(34)、その義妹役で相武紗季(26)、長女役で忽那汐里(18)が出演している。

 第10話では、阿須田家に戻った三田(松嶋)は亡くなった夫と息子の幻覚をたびたび見るようになり、三田は激しく動揺する。一方、海斗(綾部守人・13)が授業参観に母親の感謝状を読むことになる。父親宛てでもいいというので、納得できないながらも父親への感謝状を書き始めていると、三田が書きかけの作文を取り上げて破り捨ててしまう。三田の中で阿須田家の人々への愛情が日々深まっていく。そんな矢先、三田を手伝っていた希衣(本田望結・7)が火傷を負ってしまい、やはり自分が周りの人を不幸にするという呪縛から逃れられない三田は息子と夫との思い出の遊園地へ。駆け付けた阿須田家の子供たちの前で号泣しながら思いをぶつける…という展開だった。

 いよいよ次週は最終回。“私たちのお母さんになって”という阿須田家の子供たちからの業務命令を「承知」したミタの真意とは?そして、ミタは笑顔を取り戻せるのか?最後まで見逃せない展開が続く。最終回の直前にはスペシャル番組「さよなら『家政婦のミタ』特別版」(21日後9・00)の放送も予定されており、本編も15分拡大で放送される。

 今や社会現象となっている「家政婦のミタ」。最終回では、07年放送のTBS系連続ドラマ「華麗なる一族」(木村拓哉主演)が最終回で記録した30・4%以来となる、4年半ぶりの30%超えはあるのか。どこまで数字が伸びるか、最後まで目が離せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月30日 (水) | トップページ | 2012年1月 6日 (金) »